FC2ブログ

長崎暮らし 「長崎は今日も晴れだった」 

さすらいの木彫り屋kohadaの備忘録

Entries

2015忘年会 山形県肘折温泉



「100%源泉掛け流し」 「雪景色」 「車で行ける」 など考慮して

山形県最上郡大蔵村の肘折温泉にて 我が家(若干2名)の忘年会

とき : 12月28日 1泊

山形県の鶴岡市に入ってから本格的な雪になりました
新潟市中央区から休憩しつつ雪道をゆっくり5時間半の道のりです



大蔵村に入ると巨大なこけしが出迎えてくれる
  肘折温泉1 吹雪いてます



14時半 肘折温泉着  温泉街を車でひと回り
肘折温泉2 肘折温泉3



肘折温泉 元河原湯

日本秘湯を守る会会員の湯宿
肘折温泉4 肘折温泉5

肘折温泉6 肘折温泉7 
2階の部屋からの眺め 部屋にはこたつがあって暖まる
豪雪地帯も 雪は3日前から降り始めたそう


早々に4階の展望風呂へ入る
※ お風呂の写真は上記お宿名をクリックしてHPからどうぞ

  泉質 : ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩温泉
        (旧泉質名 : 含重曹-食塩泉)
        元河原湯(30℃台)と肘折温泉3号井・4号井(60℃台)とを混合
        黄色いお湯 無臭  
     

事前予約できた貸切風呂に入る(16時半より30分)
貸切風呂 かわら湯
  
  泉質 : ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物泉
        (旧泉質名 : 含食塩-重曹泉)
        元河原湯源泉のみ  茶褐色 無臭

肘折温泉9 肘折温泉10
鉄分を含んだこの茶褐色のお湯がいいよね・・・

肘折温泉12 肘折温泉11
雪があって情緒ある・・・湯船の中でとっぷりと日が暮れていきました・・・ 


行きしなの道の駅で買ってもらった手作りの巾着
お宿のゆかたが山形らしい柄なのも嬉しい
   肘折温泉15



囲炉裏端で夕食です お昼も軽めにして備えてきました が・・・

肘折温泉16 肘折温泉18
イワナが焼けています  お刺身は馬刺しと白子とタイに生湯葉

肘折温泉17 肘折温泉19
でた!お箸で切れるほど柔らかかった山形牛と庄内豚  蕎麦饅頭揚げ出し

肘折温泉21 肘折温泉23
館主さんの手打ち蕎麦は極細  お腹いっぱい でも焼きおにぎりだけは・・・  

肘折温泉22 肘折温泉24

お宿の方  「炊きたての御飯いかがですか?」
わたしたち 「いやいや とても無理です」
お宿の方  「ではデザートお持ちしますね」
わたしたち 「・・・」
うちの主人 「若かったらな・・・」

悶絶・・・お腹が重くて寝る前のお風呂までに2時間以上を要しました
客層の半分が30代までのご家族やカップルだったのにも納得できます



朝ご飯 ゆうべと同じく食事処で

肘折温泉28 肘折温泉29 
朝のお米は山形の「つや姫」  お宿の名物つきたてのおもち
納豆とあずきときなこから選べます  コーヒーまで出てきました

肘折温泉27 肘折温泉26



朝ごはんのあと 1階の囲炉裏でほっこり

肘折温泉32 肘折温泉34

こじんまりしていて落ち着くロビー
肘折温泉13 

肘折温泉31 肘折温泉14 


元河原湯さん お世話になりました  ぜひまた来たいです   


10時半のチェックアウト少し前にお宿を出るも車を預け
肘折温泉街にある「上の湯」に入りに行く
元河原湯さんで無料のチケットをいただいた(通常250円)
地元の方や湯治客に親しまれているお湯らしい

  泉質 : ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩温
        無色にちかい薄い黄色 無臭

お地蔵様の横手からお湯が注がれている 湯気でお風呂の中真っ白
6畳分の湯船をひとり貸切状態 オーバーフローするお湯がもったいない

肘折温泉37 肘折温泉44

温泉街を歩き 自分たちにそれぞれお正月用のお酒を調達
主人  小屋酒造の 純米吟醸酒 「肘折温泉」
わたし 高畠ワインの 「嘉(Yoshi)スパークリングワイン シャルドネ」



肘折温泉を流れる銅山川         小松渕
肘折温泉38 肘折温泉40


なごり惜しいけれど 雪景色の肘折温泉をあとにします


肘折温泉39
温泉のある谷と国道をつなぐスロープ
この上から晴れの日には月山(がっさん)が見えるらしい



帰り道に見かけた看板には 「日本一美しい村 大蔵村」と 
肘折温泉41 肘折温泉42



最上川に添って下ります

肘折温泉43



やっぱり冬は温泉にかぎる
次の車は四駆にしよな




スポンサーサイト

Comment

あけましておめでとうございます。 

こはださん、新年あけましておめでとうございます。
夏にこはださんのブログに出会い、そこからタイルクラフトというものを知り、ひきこまれました。タイルクラフト教室を探し、今習いに行っています。いままで、絵てがみや、トールペイントやチョークアートなどなど体験してきましたが、タイルが一番楽しく、夢中になれます。
いいものにであいました。こはださんに感謝です。
こはださんの作品をみて癒されています。
スマホで写して、外出先でもこはださんの作品をみてたのしんでいます。色合いやデザインが素敵です。
2015年はいろんな出会いがあった年なんですが、
そのなかでも、自分にとって大切なものに出会った気がします。
ご縁がありました。もともと関西にいらっしゃったことが、目にとまりました。
楽しい記事をありがとうございました。
また2016年もあそびにこさせてくださいね。
よろしくおねがいいたします。
  • posted by チャコ 
  • URL 
  • 2016.01/01 00:12分 
  • [Edit]
  • [Res]

あけましておめでとうございますm(_ _)m 

チャコさん、新年早々身に余るコメントをいただき
こんなに善い年明けはありません。

私の方こそ、チャコさんから最初に「関西からです」と
メッセーをいただいてどんなに嬉しかったことか。
それ以降もブログを通して奈良の素敵なお店を教えていただいて、
このような方とご縁があってよかったな~と思っているところです。

タイル習われているのですね(^^)いいないいな~
私も正直、一人でやるよりはサークルでもなんでもいいので
好きなもの同士一緒にやりたい方なのですよ。

私の作るものなどたかがしれていてすでにネタも尽き、
今年は少し木彫に戻ろうかと思っているくらいで(笑)
たまたま木彫をやっていた者がタイルも始めたということで
2つを融合させた作品を今後は作ろうかと考えています。
(どうなることやら)

お会いできたこと、本当に嬉しく思います。
こちらこそ、これからもよろしくお願いいたしますね。
そして、タイルの作品、どうかブログにアップしてください(^^)
  • posted by こはだ 
  • URL 
  • 2016.01/01 15:23分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

こはだ

Author:こはだ
2014年10月
関西から主人の赴任先新潟へ
2018年4月
転勤に伴い今度は長崎へ
主人と二人暮し
本当はネコと暮らしたい

2017年より木彫作家として活動
他に自己流のタイルクラフトも
屋号 kohada worksで
インスタもやってます
@kohada.ogj
#kohadaworks

最新記事