FC2ブログ

長崎暮らし 「長崎は今日も晴れだった」 

さすらいの木彫り屋kohadaの備忘録

Entries

跨線橋を架ける



新名神高速道路を有馬川と国道176号線の上に渡す工事で

死傷者が出る痛ましい事故がありました。  本当に胸が痛みます。

どうしてあのような事故が起きたのか・・・ 原因を知りたいです。



2012年 私はとあるひとつの工事現場を間近で見てきました。

片側2車線の高速道路を線路の上に架ける いわゆる跨線橋工事です。



跨線橋になる部分(本桁・合成床版)を組み立てています
白く見えるのがそれです  67mくらい およそ630 t だったと思います
白い物体に続いて左 緑色に見える部分が手延といわれるものです

7 7/18



主桁を支えている自走式台車を左方向に動かし跨線橋を渡します
このような工法を「送り出し」と言います
     
これが送り出し前
10 8/22送り出し前

初日の送り出し後  手延が線路をまたいで左側に到達しています
18 8/23



ここから送り出しは3晩続きました 線路上ゆえもちろん夜間作業

32 8/25 4日目



跨線橋部分がぴったり線路上にきました

29 8/25 - コピー (2)

37 8/26



跨線橋を道路の高さに下ろすためのジャッキを取り付けています

44 9/12



降下作業で10メートルほど下ろします これも夜間作業で3日にわけて

     降下前
47 9/12

     降下完了
48 9/22
   本来の高速道路の高さに設置できました


ここから ジャッキの解体、鬼のように生コンを打ち、仮設物を撤去するなど
まだまだ工事は続きます



竣工前の写真撮影に呼んでもらえました 借り物の作業服を着た私はどれ?
P2140015.jpg
                                    A  右から2番目



それまで勤めていた金融機関の 全く生産性のない仕事と比べて

後世に構造物を残す土木工事の現場の仕事に私は惹き込まれ 

自分たちの現場を愛し 誰よりも現場の写真を撮ってきました。

私は元請会社のただの事務員だったので 施工管理にも日々の作業にも

関わってはいませんが、工事に携わる人達の大変さは重々知っています。

毎日毎日どんなに工事の無事を祈ってきたことか・・・

そんなわけで、今回のような事故が起こると たまらないのです。 悲しいのです。


もう2度とあのような事故が起こらないように

どちらの工事現場さまも どうぞご安全に・・・



スポンサーサイト

Comment

NoTitle 

こはださんこんにちは!!今回の送り出し工法興味深く拝見しました。こはださんは右から2人目だと 推測しました。私も銀行で働いていました。生産性がない 確かですね 今は4大卒を採用ですが そんな必要はないと思っています。誰にでもできる仕事です(責任感さえあれば)。
  • posted by tugumi365 
  • URL 
  • 2016.04/25 17:14分 
  • [Edit]
  • [Res]

tugumi365さま 

右から2番めの小っさいくせに偉そうなのが私です(笑)
元請け会社にしか撮れない写真があるので貴重なのですが
「見てくれる人いないかも」と思っていましたので
こうしてコメントいただけて嬉しいです。

ほんとおっしゃるとおりで、銀行は責任感と辛抱でしょう。
入社してくるのは4大卒の相当優秀な人ばかりでしたが
1年以内に支店に配属された新入社員の半分が辞めていった年もありました。

仕事で得たものは少なかったですが、女性の多い職場だけに
一生の友だちができたことを今では感謝しています(^^)

  • posted by こはだ 
  • URL 
  • 2016.04/25 18:02分 
  • [Edit]
  • [Res]

こんにちは 

こんな風に工事が進められているんですね。
工事中の1コマを目にすることはあっても、私のようなド素人には、何をやっているのか理解できないのですが、こうして見せてもらうと、不思議と興味がわいてきます。

去年の今頃、近所の橋の架け替え工事があり、散歩途中にぼんやり眺めたことがあります。
「このブログを見た後だったら、もうちょっと興味深く観察できたかも」と、ちょっと惜しい気がしてきました。

  • posted by pil 
  • URL 
  • 2016.04/25 19:12分 
  • [Edit]
  • [Res]

pilさま 

興味もっていただけて、写真を載せた甲斐がありました。
高速道路なんか知らぬ間にできあがりますが
実は各所ですごいことやってるんですよね。

私こそ何も知らずに転職したのですが、工事オタクのように
現場やクレーンの写真ばかり撮るようになってしまいました。
今でも工事現場に遭遇すると 萌えます(^^)

  • posted by こはだ 
  • URL 
  • 2016.04/25 19:44分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

これはまた貴重な写真ですね~!(^-^)
こはださんの説明もわかりやすく、興味をもって拝見致しました。
今回の事故現場の工法も「送り出し架設工法」と書いてありましたから、同じなのでしょうネ。
何とも痛ましい事故で、地震報道が無ければもっと大きく取り上げられていた事でしょう。巻き込まれる車がよく無かったものだと映像を見て思ったものです。
事故の無いよう祈るばかりですね。

プリティ・カフェ・チューリップさま 

コメントありがとうございます。
「いつか出せたら」と思っていた写真でしたが
このような事故がきっかけとなったことは残念です。

送り出しは同じなのですが、
降下させるための設備や工程が今回の事故現場とは違うので
あまりご参考にはならなかったですね(--;)

おっしゃるとおりで、車が巻き込まれなかったことは
奇跡のようなもので、大変大きな事故だと思います。

私がいたゼネコンの同時の上司(主任)がこの前
今取り組んでいる現場の写真を送ってくれましてね、
この6月末、また送り出しで線路の上に跨線橋を架けるので
無事故を祈らずにはいられません。



  • posted by こはだ 
  • URL 
  • 2016.04/26 11:24分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

ここの工事中は週に何回もチャリでこの下通ってたし、開通後もしょっちゅう利用してるけど、こんなドラマがあったとは!ものづくりニッポンばんざい!
ところであの事故のニュースはショックやった。高い技術を誇るニッポンでも、こんな事故が起こるんやな・・・。
  • posted by たけのこの里のかずこ 
  • URL 
  • 2016.04/27 15:07分 
  • [Edit]
  • [Res]

かずこはん 

コメントありがとう(^^)

工事はJR下のアンダーパスから始まって 高速の跨線橋まで
延べ4年やってたからね
あの場所に対する愛着は人一倍やわ。
かずこはんとこもせいぜいご利用くださいませ。

ほんまに、事故の一報をテレビで見た時は
日本とはちがう国のことかと思たよ。

どうやら地盤沈下で土台がずれたらしいけど
工事関係者がそれを認識してたくせに作業を続けたというからあかんよね。

日本の土木技術ってすごいと思うけど
結局最後は 人 やなぁ。
 
  • posted by こはだ 
  • URL 
  • 2016.04/27 16:20分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

こはだ

Author:こはだ
2014年10月
関西から主人の赴任先新潟へ
2018年4月
転勤に伴い今度は長崎へ
主人と二人暮し
本当はネコと暮らしたい

2017年より木彫作家として活動
他に自己流のタイルクラフトも
屋号 kohada worksで
インスタもやってます
@kohada.ogj
#kohadaworks

最新記事