FC2ブログ

長崎暮らし 「長崎は今日も晴れだった」 

さすらいの木彫り屋kohadaの備忘録

Entries

2つの実家から野菜が届く



うちは野菜をよく食べる方です。

ここのところは春キャベツ、新玉ねぎをバリバリ食べています。

スーパーには熊本県産のトマトや新潟県産のアスパラガスが出まわり

そして 主人の鹿児島の実家と 私の滋賀の実家の畑からも

産直野菜が届きました。 誠にありがたいことです。



鹿児島からは今月2便目です。 前回は お米 にんじん エンドウ豆

たけのこ水煮 お醤油3本 などなどいただきました。

2016052912570721b.jpg


にんにくが入っていたのですが 義母いわく「今年は大きく育たなかったの」

根っこ近くに包丁入れて さっと湯がいて2人で懸命に皮を取りました。 

20160529125709ea0.jpg 20160529125710abe.jpg
大きさを比べるため 真ん中にアーモンド

煮沸消毒したキャニスターで醤油漬けにします。 にんにくはもちろんのこと

このお醤油がさぞかしおいしくなるでしょう。 楽しみです。



鹿児島からの荷物が届いて3日たった今日 今度は滋賀から荷物が届きました。

ゴールデンウィークの帰省の際に 「しっかり育てといてや」とたのんでおいた

エンドウ豆も大量に入っています。  聞くと父も さやからお豆を取り出す作業に

かりだされたそうです。 鹿児島1便目で送ってもらったエンドウ豆は3日で使いきり

うちはこれのポタージュスープが大好きなので 大量に欲しいのです。

201605291257120c6.jpg


母が数日前に電話をしてきて 「小鮎を炊いて野菜と一緒に入れるわ」と言うので

「わかってると思うけど実山椒で炊いてや」と。 もう 実の母には遠慮も容赦も

なにもありません。 ちゃんと希望通り 実山椒入の小鮎が届きました。

201605291257139a3.jpg

届いてすぐ「味見」と言った主人、食べだすと止まりません。



鹿児島の義父は去年足首を骨折して それを機に借りていた田んぼや畑を

返しましたが、自宅の敷地内にそこそこ畑があって 「無理をせずに」という

家族の言葉も受け流し せっせと野菜を作ってくれます。

滋賀の実家は歩いて3分ほどのところに畑があって ほとんど

母ひとりで野菜を作っています。 土を返す?時だけ父はかりだされます。

うまい具合に 鹿児島と滋賀とでは同じ野菜でも収穫時期が2週間からひと月ほどは

ずれているようで、届くものがかぶらなのもこちらとしては都合がいいのです。



どうなのでしょう、私は義父母にも実の親にも「野菜ちょうだい」と言いますが

4人とも75才を過ぎてきて体のことを思うと「もうええから畑なんかやめとき」と

言う方が思いやりなのかどうなのか・・・


3年ほど前のお盆、その日大阪に戻る弟に持って帰らせるために

母はわざわざ七輪を出して 外でアジだったかなんだったか魚を焼いてましたわ。

当然のことながら 暑かったんでしょうね、

お昼ごはんを食べに行ったお蕎麦屋さんでかけつけ1杯生ビール飲んで(母がね)
  
その後 自宅に帰って座椅子で昼寝をしていたのですが 急にふらっと立ち上がり

手で壁をつかむようなしぐさをしたかと思った瞬間 後ろにバタッと倒れましてね。

兄弟と私みんないたので 兄が「お母さん、お母さん、わかるか、自分の名前は

名前言えるか?」と意識を確認している間に 私は冷凍庫から大量に保冷剤を

出してきて(熱中症だと思ったものですから)母の首やら体を冷やしました。

すぐに義姉が経口補水液を自宅から(兄夫婦の家は隣)持ってきてくれたので

それを飲ませました。 意識がはっきりして 「ごめん もうどうもない(大丈夫)」と

本人が言ったので救急車などは呼ばずにおきましたが

怖かったですね・・・今でもあの時のことは鮮明に覚えています。

母が倒れた瞬間から私はワァーワァー泣いて騒いでいましたね。

全く病気の気配のない、本当に健康保険料取られっぱなしの人でしたけど

やはり 「誰しもいつ何時どうなるかわからない」という意識は芽生えましたね。


あれ以来 今くらいの季節からは「畑でひとり倒れてたらどうしよう」とか思うわけです。

鹿児島の義父母にも同じことを思います。

「子どもに野菜を送らねば」という気持ちが元気の素になるのか

それが仇になるのか ・・・悩ましいことです。





スポンサーサイト



Comment

NoTitle 

ウチは夫の実家が庭で野菜作ってる。こちらからは催促しないようにして、欲しい?って聞かれたら「嬉しい♪」って持って帰ってる。
野菜作るの楽しいみたいやから。

でも両方の実家で家族が集まる時は、私ら夫婦や義兄が料理したり、外食したりして、親にはあまり頑張ってもらわない。
普段の生活と同じ労力で済むことはお願いするけど、それ以上のことはやってもらわないようにしてる。
幸い(?)親達もわがままになってきて、やりたくないことは頑としてやらない!ってなってきてるので
ウチの場合は丁度よいねん。

身体に負担がかからへん程度に、甘えてみるのが
丁度よいのと違うかな?
程度が良く分からんから、難しいけど。
  • posted by たけのこの里のかずこ 
  • URL 
  • 2016.05/29 15:42分 
  • [Edit]
  • [Res]

かずこはん 

畑があると作らずにはおられへんし
自分とこで食べきれへん量がいっぺんに取れるし
「もうすぐ○○ができるけど」と電話があれば
そりゃもう「ちょうだいちょうだい」ってなるわけで。

今まではそれについて考えたこともなかったけど
これからは電話で「日中は畑に出ないで」って
お願いするわ。
母は今日きいたらすでに朝夕だけにしてるみたいやし
義父も嫁から言われることは聞き入れてくれるでしょう(^^)
  • posted by こはだ 
  • URL 
  • 2016.05/29 23:11分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

こはだ

Author:こはだ
2014年10月
関西から主人の赴任先新潟へ
2018年4月
転勤に伴い今度は長崎へ
主人と二人暮し
本当はネコと暮らしたい

2017年より木彫作家として活動
屋号 kohada worksで
インスタもやってます
@kohada.ogj
#kohadaworks

最新記事