FC2ブログ

長崎暮らし 「長崎は今日も晴れだった」 

さすらいの木彫り屋kohadaの備忘録

Entries

リスと木の実の鍋敷き



最近ネットで見つけた ロシアの「ベレスタ」

白樺の皮で作られる工芸品で 木彫に通じるものがあります。

アイデアがほしくてさまざま見た中にリスさんがでてきて彫りたくなり 

自分の好みの葉っぱや木の実を入れて 木彫にしやすい絵を書きました。

この時点では まわりの帯部分の柄はノーアイデア

中心部分を彫り上げてから考えます。 



2016070910291083e.jpg



20160707184104b17.jpg 

20160707184106a4c.jpg



木彫オイルを含ませてできあがり
表です   まわりの帯部分はあっさりと でも動きのある柄にしました

20160709101727654.jpg



裏です   森のなかのリスとなればきのこしかない(笑)  「沈め彫り」です

20160709101729264.jpg



20160709101913cc0.jpg


これはリスですが 大丈夫ですか? 他の動物に見えてませんか。

目や指を落としてしまいそうで 細心の注意を払いました。

毛並みも 三角刀の1.5ミリでたくさん入れました。

写真ではわかりにくいですが、右の葉のまわり 全部彫り下げずに

高いままで残してあるのですが、ここに濃いめのいい色が出たからなんです。

木彫はなんでもその木との相談。 「あ、いい木目出してくれたね、じゃあ残すね」とか

「あ、ここ逆目(さかめ)ね、じゃあ方向変えるね」とか。 


ダーラナホースが「静」なら この森のリスは「動」  どうでしょうか?(・・・・・)


20160706215841af1.jpg 

20160709111135f5d.jpg




用意した鍋敷き2枚 5日でできたので ごほうびに

五頭山麓 gland(グラン)さんの 桃のケーキ


201607091017302aa.jpg
 
 こんなにあっさりいただけるケーキはないです
        (生クリーム苦手なのに)




スポンサーサイト



Comment

きた~っ!キノコ! 

鍋敷きとしては、絶対に使えません。(笑)

木目によって、彫り具合を変えてるんですね...ほんと奥が深い...

ほっぺの膨らんだリス、かわいいゎ~。
まわりもリスと調和が取れててすごくいい!
この時点では、どちらを選ぶか、かなり迷うところでしたが、裏を見て、私の目は釘付け。(笑)

欲を言えば、私には『キノコを眺めるカピバラ』で、よろしくお願いします。←どんな構図やねん。(笑)

こはださんも、生クリーム苦手なんですね。一緒だ^^
  • posted by pil 
  • URL 
  • 2016.07/10 04:41分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

ホント!鍋敷きとしてはもったいない!(^-^)
柄は元々最初から付いていたのでしょうか?
慣れた掘りですね~!すごく良いですネ。

生クリーム苦手ですか~!
最近、甘いものは何でも好きになりましたよ。
子供と老人は甘いものが好き?(^_^;)

pilさま 

裏のきのこは確実にpilさんへのウケ狙いでした^^;

リスなんて初めて彫りましたが
この図柄を もっと面長にして 目を丸くして 尻尾取ってしまえば
カピバラですよね! できるな~(^^)
きのことカピバラですか? その構図はちょっと 自分が許さないな(笑)

生クリームは苦手なのですが甘いモノは特に生地が好きで
福砂屋のカステラとかバームクーヘンにはめがないです(^o^)
  • posted by こはだ 
  • URL 
  • 2016.07/10 21:35分 
  • [Edit]
  • [Res]

プリティ・カフェ・チューリップさま 

今回 木工の工房に材料を持ち込んで鍋敷きの形に切ってもらったので元から図柄はなくて、ネットでリスの画像を検索しながら書いた絵を彫りました。

生クリームは昔はもっとダメで、最近はずいぶん食べられるようになりました。 あ、年とったから?(笑)
シフォンケーキやホットケーキ、ワッフルなんかに付いてくる分にはいただきますが、デコレーションケーキの生クリームは取り除いたりします^^;
  • posted by こはだ 
  • URL 
  • 2016.07/10 21:47分 
  • [Edit]
  • [Res]

はじめまして♪ 

突然のコメント失礼いたします。
手作りの作品への愛情が感じられるブログですっごく素敵だなぁ♡と
いつも楽しみに拝見しています♪

ダーラナホースと森のリスさんの鍋敷き。すっごく素敵です!!!
裏にもデザインがあるのがまた素敵です♡
どっちか選ばれへーん(>_<)と1人で妄想膨らましてました(笑)
ホント鍋の下に敷いちゃうなんてもったいないって思ってしまいます。
木彫の工程も革のカービングと少し似たところがあってすごく興味深いです。
これからもブログ楽しみにしています♪
どうぞよろしくお願いいたします(*´∀`*)
  • posted by atsu 
  • URL 
  • 2016.07/11 09:39分 
  • [Edit]
  • [Res]

atsuさま 

嬉しいコメントいただいて ありがとうございます(^^)
私なんかはいいかげんなものですが、atsuさんはじめ作家さんの手作り品が大好きです。
革があんなに表情豊かなかわいいものになっていくatsuさんのブログ 楽しみに見させていただいてますよ。 あのネコさんも 子ネコいるし肉球あるしで ネコ好きにはたまりませんなぁ(^^)
あんなアイデアが浮かぶなんて うらやましい~

鍋敷きは 動物だと使いづらいですよね^^; 私も抵抗あるわ(笑)
他には鳥くらいしか浮かばないので これからはもう少しお気軽な模様だけのものも彫りたいと思っています。

革のカービングと似ていますか、やったことはないのですが 私もなんか前々から革には興味があって 革の手作りブログをいくつか拝見しています。

なので、これからもatsuさんところにちょいちょいおじゃまいたしますが どうぞよろしくお願いいたします(*^^*)
  • posted by こはだ 
  • URL 
  • 2016.07/11 14:57分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

こはださん、こんにちは!
ダーラナちゃんもリスさんも、素敵すぎて悶絶です。
そして、実は一番好きなのはダーラナちゃんの裏の模様・・・。なんじゃそりゃ!・・・っていうツッコミはなしでお願いします。(^^;) 
沈め彫りっていうんですか。こはださんのおっしゃる通り、そっと静かに主張してくれますね。見栄えがしないなんてこと絶対ないです!
私はとても好きです。ツボだーー!笑

ベレスタも早速ググってしまいましたよ。
うわーーーっ、こんなの知らなかったーーー!と思いました。教えてくださって有難うございます。ロシア雑貨ってマトリョーシカくらいしか思い浮かばない。。。あんなに可愛いのがあるんですね。検索した中にドツボのトリさん柄のがあったのですが、残念ながら売り切れでした。ベレスタを知ることができてうれしい反面、またひとつ煩悩が増えた・・・。(汗)



  • posted by めうまろん 
  • URL 
  • 2016.07/12 17:44分 
  • [Edit]
  • [Res]

めうまろんさま 

ダーラナの裏の柄をめうまろんさんが気に入ってくださるのはごく自然なこと。 だって、あとでよく見たらなんと! 「ten to sen の模様作り」の本の 表紙の柄にそっくりだったのぉぉぉ!

知らず知らずのうちに 好きなものって頭のなかにインプットされて そして パクってしまうんだなーと思って(笑)

ベレスタなんですが、何か参考にならないかと図柄を検索していたら偶然見つけて、模様がいいし 白樺だし とても素敵だなぁーって。
もう買おうとしたんですね(笑) 今まで実物を見たことないけど、そうか ネットでなら買えるんだなー。
私も気をつけないと ハマるかもー^^;
めうまろんさん買ったら見せてね(^^)
 
  • posted by こはだ 
  • URL 
  • 2016.07/12 22:04分 
  • [Edit]
  • [Res]

気づいてなかった 

え?あ?
そう言われて見返してみたら、確かに表紙の模様に似てますね。
でも、ああいう感じって北欧柄にも多いので、私はそういうのに弱いんだなきっと。

実もの柄に弱い。柄のみならず本物の実ものにも弱い。実もの(例えばヒペリカム)が入っているブーケとか、植物も南天とか紫式部のような実ものの枝が大好き。

ベレスタ、買ったらこっそりお知らせします 笑
ちなみに、買おうとしてググったわけじゃなく、ベレスタとは何ぞや?と思ってググったら、商品ページがいっぱい出てきたのよぉ~ ←言い訳(^^;) 

  • posted by めうまろん 
  • URL 
  • 2016.07/13 11:24分 
  • [Edit]
  • [Res]

めうまろんさま 

ね、北欧雑貨ではよくある柄ですもんね、勘弁していただきましょう。

「ヒペリカム」 どんなのかな?と思って画像見たら、あぁこれかこれか、と。
名前知らなかったですが、時々お花屋さんにあるのを見たことあります。
実ものはかわいいですよね。 私もフェイクのベリーピックを飾っています。

次の記事(12日投稿)のことでなんですが、点と線模様製作所のもみの木のブックカバーを広げて額装(というほどでもない)してみました。
溝のある細い木枠は前から持っていて(他の用途で)、糸ノコでカリカリ切ってはめました。

枠があるといいですね~ いいこと教えてもらった(^^)
  • posted by こはだ 
  • URL 
  • 2016.07/13 13:21分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

こはだ

Author:こはだ
2014年10月
関西から主人の赴任先新潟へ
2018年4月
転勤に伴い今度は長崎へ
主人と二人暮し
本当はネコと暮らしたい

2017年より木彫作家として活動
他に自己流のタイルクラフトも
屋号 kohada worksで
インスタもやってます
@kohada.ogj
#kohadaworks

最新記事