FC2ブログ

長崎暮らし 「長崎は今日も晴れだった」 

さすらいの木彫り屋kohadaの備忘録

Entries

木彫(もくちょう)やで 2


今朝は風が強く、ゴミを出しに行った時には肌寒く感じました。

    台風でお家やお庭、畑に田んぼなど被害にあわれた皆様に
    お見舞い申し上げます。


さて、前回その1でご紹介した木彫とは少し趣の違う残り2点の作品をご覧ください。

こちらは化粧をするときに使うスツールですが、中は収納になっていて

女性特有の日用品、化粧品のストックやら、量的にも結構入って重宝しています。

28センチ角 スツール     材 = 桂
バリ2

バリ3
*写真がヘタで泣いてしまう*

4面絵柄違いです。 クッションは合うものを自分で作るしかなく、

ウレタンを切って市販のクッションカバーをそのサイズに縫い直した簡単お手製です。

寝室に入ると正面にあるので、その時の気分で見える面を変えています。



このような柄を彫りだしたのは、バリ島の影響です。 30代に4度訪れました。

高温多湿の苦手な人には向いていない島ですが

私にとってはあの空気感と、どこへ行ってもきれいな熱帯植物がとても魅力的でした。

泊まっていたホテルの写真が今でもデスクトップの背景です。
バリ3

バリ2




そんなバリをいつでも思い出せるように彫ったレリーフです。

バリ1
85センチ × 30センチ レリーフ     材 = 桂

当時先生からは 「この幅で仕入れられた最後の1枚」 と言われていました。



実家に置いてある他の作品も 写真はあります。

そちらの方が先生のデザインでもっと重厚感があるしこれぞ「木彫」というものです。

ただ、先生にとってデザイン画は命、教室の作品展でも写真撮影は禁止でした。

そんなわけで、自分で書いたデザインのものだけ ご覧頂きました。

お付き合いくださりありがとうございます。

私の木彫(もくちょう)もこれで 日の目を見ました・・・



スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

こはだ

Author:こはだ
2014年10月
関西から主人の赴任先新潟へ
2018年4月
転勤に伴い今度は長崎へ
主人と二人暮し
本当はネコと暮らしたい

2017年より木彫作家として活動
他に自己流のタイルクラフトも
屋号 kohada worksで
インスタもやってます
@kohada.ogj
#kohadaworks

最新記事