FC2ブログ

長崎暮らし 「長崎は今日も晴れだった」 

さすらいの木彫り屋kohadaの備忘録

Entries

両親と新潟・福島の旅 その3




旅も3日め  最終日の朝  ホテルのエントランスからです。


IMG_20161015_081843_20161016115911.jpg



前日の夕方、テレビで福島県のニュースを見ていたら

「磐梯吾妻スカイラインの紅葉が見頃を迎え・・・」と言っていたので

急遽予定を変更 朝一番 磐梯吾妻スカイラインの浄土平へ向かいました。


小さいですが ところどころパーキングエリアがあります
PA153497.jpg


途中 磐梯山の左に猪苗代湖が見える場面も
PA153496.jpg


登って・・・
PA153498.jpg


登って・・・
PA153500.jpg


また登って・・・
PA153503.jpg


標高が上がるに連れて紅葉も鮮やかになってはきましたが

浄土平に着くと真上には雲・・・ ここからの写真は少々暗いです。



吾妻山の浄土平ビジターセンターに到着  裏磐梯から一時間ほど
PA153531.jpg


こちら現在も火山活動中  ビジターセンターの後ろが一切経山
PA153508.jpg


ビジターセンターの前に吾妻小富士  人の姿が見えます 
PA153516.jpg



親を残して われわれは登りましたよ
PA153519.jpg


火口 1周できます  水があるのかと思いきや空っぽ
PA153520.jpg


せっかくなので太陽の光がほしかったところです 
PA153537.jpg


湿原も広がっているし沼もあるしで ぜひまたゆっくり散策に来たいです。



吾妻山を下り 来た道の途中から 秋元湖、小野川湖が見られる

レイクラインを通って 再び裏磐梯へ戻ってきました。

ここは外せない 五色沼散策   われわれも両親も2度めですが

1番手前の毘沙門沼以外を見るのは初めてでした。


IMG_20161015_150554_20161016120115.jpg



毘沙門沼
PA153561.jpg

この色
PA153583.jpg

複雑に広がっています
PA153581.jpg


赤沼   沼のまわりが茶褐色
PA153588.jpg


みどろ沼
PA153589.jpg


青沼  どうしてこんなブルーに・・・
PA153594.jpg


るり沼
IMG_20161015_134808_20161016120023.jpg



帰る時間を計算して 1時間弱歩いて引き返してきました。

午後3時前の毘沙門沼 まだまだたくさんのボートが出ていましたね。


PA153603.jpg


IMG_20161015_143700_20161016120055.jpg


歩いたあとの甘いもの  ソフトクリームのマロンを食べました
201610180124554d4.jpg


両親ともに脚には不安があったのですが それにしてもよく歩きました。

裏磐梯をあとにし 東北新幹線 郡山駅まで2人を送り届けました。 



「母です」 そんなわけない  この度母にあげた さをり織りマフラー
   2016101812413031a.jpg
  本人にも巻いてみましたが ほどよく似合っていました



30代後半から 両親と私は3人で 何度か旅行をしてきました。

オーストラリアのケアンズ  九州縦断  沖縄・八重山諸島

    北海道道央  東北は青森から仙台まで

ただし今まで私は 連れて行ってもらっている立場でしてね。

なので、この度の新潟・福島4人旅が 初めての旅のプレゼントとなりました。

「またあの子達と旅行に行きたいから元気でいよう」という気持ちが

両親にとってこの先の励みになれば それこそ幸いです。

2人揃って新潟までやって来てくれたこと、3日間で のべ900キロを

ひとりで運転してくれた主人に 心から感謝です。




     2016101801245729e.jpg




スポンサーサイト

Comment

NoTitle 

自然いっぱいの素敵な旅でしたねぇ・・。とても良い親孝行ができましたね!ご両親、とても喜ばれたことと思います。旦那様も運転お疲れ様でした。いつもこはださんを支えてくれる、本当に良い旦那様ですね(^^)

そしてそして、お母さまへのさをり織り!
素敵じゃないですかぁぁぁーーー!
こはださんが自分用に織られたものとはまた全く違う雰囲気で、でも、とても素敵v-344
織り手が同じでも、その時その時でこんなに雰囲気の違うものができるんですね。奥が深いな。さをり織り☆
  • posted by めうまろん 
  • URL 
  • 2016.10/18 22:03分 
  • [Edit]
  • [Res]

めうまろんさま 

どーもどーも(^^) 母のさをり織りはまっすぐに広げるとほんとに「あれっ?マフラーにして大丈夫?」てな感じ。でも巻いてしまえばなんとかなるもので、そこもさをり織りのいいところでしょうね^_^
しいて言えば、母の好きなブルー系、ピンク系 どちらかにすればよかったのに、両方の色をぶち込んでしまったところが乱暴でした(^^ゞ

主人の株は上がってますねー(笑)
あの世にはお金も家財道具も持っていけませんから、両親への冥土の土産としてはもう「思い出」しかないですもん。 娘として孫も産んであげられなかった親不孝ものなのでね、いくらやっても足りないくらいです(^^ゞ
  • posted by こはだ 
  • URL 
  • 2016.10/19 10:39分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

福島というか東北は行った事がないのですが本当に素敵な自然豊かなところなのですね
私もいつか行きたいなあと思いました
特に前記事の旧宿場・大内宿の雪の風景は見てみたいです
ご両親に親孝行ができて良かったですね
そして優しい旦那様で幸せですね^^

しかしお母様がカピパラさんだったとは・・・
いやあ素敵なマフラーです
お母様も嬉しかったでしょうね^^
  • posted by まりりん 
  • URL 
  • 2016.10/19 16:03分 
  • [Edit]
  • [Res]

まりりんさま 

母には内緒ですが、カピバラに主人のメガネをかけたら 母にめっちゃ似てたんですよね(笑) それでカピバラをモデルにしました。怒られるわ(^^ゞ

東北もですが、九州もいいところいっぱいありますよね~ 高千穂峡や黒川温泉は忘れられません。 宝くじが当たったら、1番は上高地帝国ホテルでしょ(笑)、その次はJR九州のななつ星に乗る!!どうでしょうか(^^)

私もまさか福島がこんなに身近になるとは思ってもいませんでした。大内宿も十分日帰りできるんですよね。雪の大内宿は特におすすめです。

東北を見てきた中では、青森県の十和田湖と奥入瀬渓流、岩手県の八幡平(はちまんたい)の紅葉、同じく岩手県の宮古は浄土ヶ浜の夕暮れは よかったです。渋いですが、芭蕉の「閑さや岩にしみ入る蝉の声」の山形県の立石寺(山寺)も私好みでした。
新潟に拠点がある今のうちに東北へは再々行きたいのですが、みちのくはここからでも相当遠いです(^^ゞ 

いつも「私幸せやわ~」と言うことが実は1番の親孝行なのかなーとも思っているので、今回のように主人が同行してくれるような夫婦関係でいられるよう、はい、もうちょっと優しい妻に、はい、がんばります(^^ゞ

  • posted by こはだ 
  • URL 
  • 2016.10/19 16:53分 
  • [Edit]
  • [Res]

やっと見れた^^ 

出先から何度試しても見ることのできなかった写真の数々、やっと見ることができて気分すっきりです。

なんて素敵なプレゼント!ご両親も大喜びされたことでしょう。
五色沼、大内宿、行ってみたいゎ~。
食べ物もおいしそうなものばかりだし。
ねぎ、あれには驚きましたけど。(笑)

さをり織りのマフラーも、いい色合いじゃないですか~。私は好きですよ^^

いい思い出が沢山できましたね。

最後に、結婚記念日おめでとうございます!
結婚記念日をちゃんと覚えていてくれるなんて、彼女達にとっても、こはださんご夫婦は特別な存在なんですね。


  • posted by pil 
  • URL 
  • 2016.10/24 05:34分 
  • [Edit]
  • [Res]

pilさま 

おかえりなさ~い(^^) 車での長旅お疲れ様でした。 帰ってそうそうブログ見てもらって申し訳ないわ(^^ゞ

五色沼ではお見かけしたのですが、大内宿では海外からのお客様はほとんどおられなくてね。あの「ねぎそば」なんてご主人やお嬢さんにはウケると思うな~(^^)

pilさんも夏の帰省の時にお父様の脚のこと書いておられましたけど、ほんと歩けるうちに連れ回しておかないと 行けなくなる時が必ずきますもんね。
私たちも裏磐梯には泊まりたかったし お互いいい思い出ができました。ありがとうございます(^^)

マフラー 大丈夫だったかな(^^ゞ よかったよかった。

結婚記念日を2人に言ったことさえこっちは覚えていないのでびっくりしました。 「老いては子に従え」というし、何かあったらあの子たちに相談しようと思います 頼りにできるのはやっぱり娘ですよね~(^^)

  • posted by こはだ 
  • URL 
  • 2016.10/24 13:49分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

こはだ

Author:こはだ
2014年10月
関西から主人の赴任先新潟へ
2018年4月
転勤に伴い今度は長崎へ
主人と二人暮し
本当はネコと暮らしたい

2017年より木彫作家として活動
他に自己流のタイルクラフトも
屋号 kohada worksで
インスタもやってます
@kohada.ogj
#kohadaworks

最新記事