FC2ブログ

長崎暮らし 「長崎は今日も晴れだった」 

さすらいの木彫り屋kohadaの備忘録

Entries

娘2人から電話がかかる



6月に書いた記事に登場する 21歳のお嬢さんたち

     2人の話 その1
     2人の話 その2

ブルーナはブラジルに帰り 英語教室の先生の職を得て

早々にできた彼氏と なんと本日めでたく婚約発表。 驚!!

レイちゃんは地元熊本でとても充実した夏休みを過ごし

あと1週間ほどで大学のあるハワイに戻る。

facebookを見ているので 近況はほぼほぼわかってはいる。


数日前のこと

レイちゃんからレターパックが届いた。

沖縄へ旅行に行ったのは知っていたが 私たちにお土産を買ったという。

手紙の最初の言葉に驚いた。

   「結婚記念日おめでとう」


   20161022143532009.jpg


「沖縄の伝統的な陶器らしい。 これにスプーンとフォークをのせて

よりおいしく味わって・・・」と書いてあった。

手紙の最後には「2人を心からあいしています」とも・・・

先週の旅行で散財した我々ではあったが、レイちゃんにそう言われたからには

ちゃんとお肉やらワインやら買って 結婚記念日の晩餐をするしかない。


   20161022143530e85.jpg


この写真を送ったら レイちゃんから電話がかかってきた。

スマホを通してではあるが 久しぶりに顔を見ながら話をした。

前髪を切ってさらに可愛らしくもなっていたが、少し大人にもなっていた。



私たちはこの先も あの子の思いを忘れることはないと思う。

毎年必ずこのナイフレストと共にこうして結婚記念日を祝うことになる。

あの子の存在というのは 私たちにとってこういうことだ。



レイちゃんの電話を切って30分もしないうちに今度は

ブラジルのブルーナから電話がかかってきた。

「きょう けっこんきねんびね」と。

4ヶ月ぶりだろうか、向こうは午前中で トレーニングジムからかけてきていた。

日本では「雪見だいふく」にハマり いつも「もちアイスたべたい」とばかり。

太って帰ったせいで 婚約者ができた今体を絞ろうとしているのか

なぜかそういうところがおもしろい。

「わたしたちのけっこんしきにはきてくれますか?」と聞かれても

ブラジルは遠すぎる 笑ってごまかすしかない。

そして彼女のお決まりの「あいしてまーす!」に お恥ずかしながら

「あいしてるよー」と応えて 電話を切った。


そんな2人からの電話に主人も

「こんな良い結婚記念日はない」と言ってごきげんだった。


鎹(かすがい)=材木と材木をつなぎとめるために打ち込む

両端の曲がった大きなクギのこと


「子はかすがい」というが 私たちに子どもはいない。


夫婦の間にはいろいろなことがある。 うちにも いろいろある。

これからもいろいろあるだろうけれど そんな時に

あの子たちが私たちの「かすがい」に なりはしないだろうか。
 



スポンサーサイト



Comment

NoTitle 

何回も拍手ボタンを押したい・・・!
  • posted by めうまろん 
  • URL 
  • 2016.10/25 10:12分 
  • [Edit]
  • [Res]

めうまろんさま 

もったいないお言葉・・・うちわの話ですが 忘れないようにブログに書きました。最近書かないと全部忘れてしまう(^^ゞ

箸置きは毎晩使うので、お魚箸置きの時はめうまろんさんを思い、昨日みたいにシチューをするとこのナイフレストにお箸と木のスプーン置いてあの子たちを思う、と。いただきものって目にするとポッと心が温まっていいものです(^^)
  • posted by こはだ 
  • URL 
  • 2016.10/25 11:08分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

こはだ

Author:こはだ
2014年10月
関西から主人の赴任先新潟へ
2018年4月
転勤に伴い今度は長崎へ
主人と二人暮し
本当はネコと暮らしたい

2017年より木彫作家として活動
屋号 kohada worksで
インスタもやってます
@kohada.ogj
#kohadaworks

最新記事