新潟暮らし 手作り時々雑貨あつめ

タイルクラフトと木彫り ハンドメイド雑貨あつめの備忘録

Entries

甘豚からチキンカレーまで




せっかく晴れたのに 主人が「冬眠する」と言って昼まで寝ていたので

いつものごとく出遅れました。 豪雪のため昨日はお休みされたものの

facebookの「今日は営業します」の投稿を見てすっかりお口の中が

甘豚になってしまい、新潟市北区の ガーデンカフェ・かものはしさんへ

遅めのランチに行きました。 3度めの訪問です。


   

20170115204212725.jpg


甘豚ステーキランチ  カウンターに座るとアヒルさんが相手してくれます

   20170115204208baf.jpg


   201701152042094d6.jpg


          食後はフレッシュなハーブティー

        20170115204211063.jpg  なごみます



食後 福島潟へ行ってみました。 

管理人さんが早朝かんじきで歩かれた跡を 写真目当てに訪れた人々が

踏みしめ、長靴に履き替えた私たちもその1本道を辿りいざ潟へ。

しかしながら残念 曇ってしまい 写真はほぼボツ・・・(どうせスマホですけどね)



201701152047515ea.jpg



冷えきってしまったので こちらの休憩所に上がらせていただきました
2017011520475369c.jpg


   
     20170115204754492.jpg


囲炉裏だけじゃなく 石油ファンヒーター3つ フル稼働
201701152047566a1.jpg


201701152048415ae.jpg



管理者さんたちと話がはずんで しばし景色を眺めながら過ごしました。

「3月の終わりから5月まで菜の花が咲くから見においで」

1番きれいな時期に来ていないのね私たち。 はいはい、必ず。



     20170115230630dfe.jpg





数ヶ月に1度台所に立つ主人が 今夜 チキンカレーを作ってくれました。


2017011520484404e.jpg




        甘豚で始まり チキンカレーで終わる

            そんな冬の1日でした。




スポンサーサイト

Comment

まっしろけ 

旦那様、ついに冬眠ですか!(笑)
うちも仕事以外では、外に出ようとしませんよ。

雪景色、きれいですね~。
この休憩所が、また素敵♡
こういう『寒い日の楽しみ方』、こっちにもあればいいのになぁ~。

カレー、おいしそうです!
冬眠と言っておきながら、夕食を作ってくれるなんて。
やりますね~^^
  • posted by pil 
  • URL 
  • 2017.01/17 05:20分 
  • [Edit]
  • [Res]

pilさま 

うちから100メートルで鳥屋野潟というのがあるのですが、
風情があるのは車で30分のこの福島潟の方で 何度か来ています。
休憩所いいでしょ(^^)私も大好き。古民家を移築されたんでしょうね。
管理人さんが 訪れる人のために真冬でも早朝から火をおこしているとう話がまた素敵でね(^^)

家からの散歩コースなら断然そちらのほうがいい!
しろちゃん・ごまちゃんみたいなお馬さんなんて絶対いないし(笑)

うちの主人 やるとなれば私より凝るタイプ・・・
レパートリーはパスタとカレーと・・・だけですけどね(^^ゞ
  • posted by こはだ 
  • URL 
  • 2017.01/17 20:54分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

この記事を読んで感じる様々な賛辞を横に置いて、一言だけコメントさせて下さい。

カウンターのアヒルさん、我が家の玄関横の棚にいる水色の服を着たトリさん(先日アップした、夫がバリで買ってきたトリさん)と同じ・・では??
お店のアヒルさんは服を着てないけど、まーるいつぶらな瞳と反り返ったくちばし・・そっくり!と何度も見ちゃいました。

あ、くだらないコメントですみません(^^;)
  • posted by めうまろん 
  • URL 
  • 2017.01/17 21:53分 
  • [Edit]
  • [Res]

めうまろんさま 

わたくしとしたことが そんな大事なことに
気が付かなかったとは!(^^ゞ
ホントですね~絶対同じものです!
私たちが「ここがかわいいね~ ここもかわいいね~」と触りまくった
くちばしもポッコリお腹も まるっきり同じ!
そして決定的な証拠は ペイントの部分。
私たちが見たものは首と 胴体とで 木の素材が違ったのです。
めうまろんさんちの子は 胴体部分の木にペイントしてある、ということでしょう。
だから造りも全く同じ。

めうまろんさんちの子と同じ子を触ったと思ったらよりいっそう嬉しくなりました(^o^)
主人も触りまくって写真も撮っていました。
めうまろんさんちのご主人と同じくつぶらな瞳にやられたのね(笑)

「この記事を読んで感じる様々な賛辞を横に置いて」の書き出しに 類まれな文才を感じるわたしでした(^^)
  • posted by こはだ 
  • URL 
  • 2017.01/18 11:31分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

こはだ

Author:こはだ
2014年10月
関西から新潟に移り住んだ
40代専業主婦
主人と二人暮し

趣味 : タイルクラフト 木彫
     春から秋は山へ
     冬には温泉へ

新潟の好きな場所
   五頭山麓  三条下田
   古町界隈

カウンター

最新記事