新潟暮らし 手作り時々雑貨あつめ

タイルクラフトと木彫り ハンドメイド雑貨あつめの備忘録

Entries

五頭山麓から月岡温泉へ




実は前日にも友達と訪れていた阿賀野市の五頭山麓

土曜日のこの日は主人と

うららの森でお米を買い 五頭の山茂登(やまもと)で釜飯を食べ

出湯(でゆ)温泉パン工房でパンを買い 雑貨屋さんseats(シーツ)でお買い物

最後に新発田市の月岡温泉で日帰り入浴 そんな1日をすごしました。




2度行って2度とも満席だった経験から今回は予約しました。

新潟県産のコシヒカリ 三大名産地は北から岩船、佐渡、魚沼 ですが

こちらのお店は 最近私も「おいしいよ~」とよく耳にする 岩船産です。


201702051111394b8.jpg


2017020511131749b.jpg 20170205111141282.jpg

こういうところにはもれなく惹き寄せられるわたしですねぇ~



 2017020511114284f.jpg

                    201702051111436d4.jpg



奥の席はお座敷 窓越しに雪をかぶった森が見えます
20170205111145805.jpg


もうお雛様が・・・
2017020511131416e.jpg


五目釜飯は1180円です 小鉢・お味噌汁・お漬物付
20170205111315ffb.jpg


炊き上がるまで20分の釜飯は

お米の美味しさを損なわない薄味でございます。






五頭温泉郷 ラジウム泉の湧く珍しい温泉で 村杉温泉、今板温泉(一軒宿)

そして出湯温泉が狭いエリアに並んでいます。

今日こそはと 買ったことがなかった出湯温泉パン工房さんに伺いました。


20170205111318fbd.jpg


丁寧に育てた天然酵母と温泉水が使われているパン 焼きたてをモグモグ・・・
20170205111321e82.jpg


パン屋さんのすぐ横に足湯もありますよ
20170205111513b93.jpg


出湯温泉街の一番奥にあるお宿 清廣館(せいこうかん)は一見の価値あり
20170205111514680.jpg


私は出湯温泉の夜が好きです。 緑色の街灯がボーっと灯り 静かで

タイムスリップしたような不思議な感じがたまりません。






seatsさんでのお買い物はまたのちほどUPするとして

15時の予約に間に合うよう 五頭温泉郷から車で15分ほどの

新発田市は月岡温泉へ。

今回は去年から日帰り入浴を始められた摩周さん

ぜひとも入りたかったお風呂 日帰りでもこちらは予約が必要です。

入浴料はなんと一人 1500円!


20170205111516a72.jpg 20170205111517d8f.jpg


大浴場もお掃除が行き届いていて とても気持ちよかったです。

泉質は 含硫黄-ナトリウム-塩化物-硫酸塩泉

月岡5号井 6号井  溶存物質それぞれ 3494mg、3418mgは濃いですね。

2つの露天風呂はどちらもきれいなエメラルドグリーンのお湯で

片方は月岡温泉の特徴である油浮きが見られます。

「マニアックなお湯」と書かれているのを見たことがありますが

機会がございましたらぜひとも入っていただきたいお湯の1つです。

(クセのあるお湯が苦手な方には 五泉市の咲花温泉をおすすめします)




帰り道 振り返って五頭山を・・・


2017020511151894c.jpg



五頭山から視線を右へ 真ん中から菅名岳 白山 奥に粟ヶ岳

201702051116038d4.jpg


積もると生活するには本当に大変な雪ですが 美しいです・・・

20170205111605c52.jpg




          20170205111608937.jpg




 
スポンサーサイト

Comment

NoTitle 

五頭方面によく行かれますね。(^^)
こはださんはもう下手な新潟県人よりあちこち知っているのではないでしょうか?
冬の時期に足取り軽く行動出来るのは羨ましい限りです。私はほとんど冬は冬眠中!(´∀`;)

新発田の月岡温泉は会議でちょくちょく使わせて頂いているのでだいぶ知っていますが、出湯温泉街の一番奥にある「清廣館」はもう秘湯ですよね~!
木造3階建てと言うのもですが、見るといつも「千と千尋の神隠し」の湯屋「油屋」を思い出してしまいます。(^^ゞ
開業300余年で、一昨年国登録有形文化財に指定されましたよね。こういう場所をみんなに知ってもらえるのは嬉しい限りです。(^o^)

プリティ・カフェ・チューリップさま 

五頭が好きすぎて、家建ててしまいそうです(笑)

正直 これだけ晴れず風の強い冬は 私でも精神的にまいります。
でも、近くに素晴らしい温泉があるお陰で 私たちは雪が降ると温泉巡りを始め、それが冬を元気に越すための「楽しみ」になりました。

清廣館 初めて見た時は日が暮れていて、私も真っ先に「油屋」が浮かびました(^^)
そうそう、開業300年 有形文化財の 趣きのあるいいお宿ですよね~
日帰り入浴も受け入れはされているのですが、土日に電話しても断られ、未だ中には入れずです(^^ゞ

月岡温泉で会議ですか!なんとも羨ましい~
清風苑は昼食付きで1度、ホテルニュー曙とひさご荘は2度ずつくらい、華鳳にはおととし泊まりました。
月岡も五頭も咲花もそれぞれ特徴のあるいいお湯なので
私が言うのもなんですが、もっと県外からたくさんの方に来てほしいです(^o^)
  • posted by こはだ 
  • URL 
  • 2017.02/07 13:09分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

こはだ

Author:こはだ
2014年10月
関西から新潟に移り住んだ
40代専業主婦
主人と二人暮し

趣味 : タイルクラフト 木彫
     春から秋は山へ
     冬には温泉へ

新潟の好きな場所
   五頭山麓  三条下田
   古町界隈

カウンター

最新記事