新潟暮らし 手作り時々雑貨あつめ

タイルクラフトと木彫り ハンドメイド雑貨あつめの備忘録

Entries

バラのレリーフ 完成




縁の飾り彫りが終わり いよいよ色塗り・ニス塗りです。

万が一にも作品に雪や雨を落とさないように この時期

ベランダでの作業は 雨雲レーダーとのにらめっこです。


201702101539440ec.jpg



塗料は アンバー粉の黒と赤を混ぜて 好みの茶色にします。

目止め材として少しとの粉を加えて水でときます。


201702101539458d7.jpg



色つけ作業を動画で見せてあげたいくらいです。

これ以上速く動かせない!というほどに 塗ってはブラシでこすって

半乾きのうちに 濡らした布で高い部分の塗料を拭き取るのです。

それで多少濃淡がつきます。

そう、当時の先生の「すぐ乾くから色塗りは手際よく!もっと速く!」

そんな声が聞こえてきて 懐かしくなりました・・・




201702101539471d5.jpg



濃い茶色がご希望だったのですが こんなもんでいかがでしょうね。

ニスの1回めは染み込んでしまうだけなので 2度塗りしています。

テカテカになることを依頼主さまは懸念されていたので

そんなに濃いニスは塗っておりません。これもうすめ液で調整できます。





20170210154246d83.jpg


20170210154248004.jpg



写真 しつこいですけど よそのおうちにいってしまうので 記録はしっかりと。 



20170210154051efd.jpg



見本として渡されたものは樹脂ですが その型になったものは

やはり彫られたものだと思うんですよね。

見本を見ながらなぞるように彫ってわかりましたが 男性的で迷いがなく

とても上手い。 とうとう私には真似できませんでしたが いい勉強になりました。




20170210164613d21.jpg




          せめて 1週間くらいは手元に置いて

          それからの納品にさせていただきたいです。



          20170210154249e20.jpg



スポンサーサイト

Comment

色塗り・ニス塗り 

この作業も大変だろうとは思っていましたが、想像以上にこぜわしい作業のようですね。「すぐ乾くから色塗りは手際よく!もっと速く!」って、ヒエ~!(怖いよ~。)

この『との粉』という物を塗るのは色塗りの前なんですよね。塗るのと塗らないのでは仕上がりが随分違うのものなんですか?

色塗り・ニス塗りの後は、もっとテカッと光った物になると私も思っていましたが、そんなこともなく、作品に重みが出たというか高級感が増しましたね。
これも技ですね。さすがこはださん!
ホントに素敵な作品を見せていただきました。
完成おめでとうございます!ゆっくり休んでくださいね^^
  • posted by pil 
  • URL 
  • 2017.02/11 04:46分 
  • [Edit]
  • [Res]

ワァー(*゚Д゚*)💛 

完成おめでとうございます♪
すんごいイイ!!めっちゃ素敵ー!!
まさに芸術作品ですねっ!!
ずっと眺めていられます。
色付けとニスで模様がぐっと浮き上がってさらに素敵に!!
ほんと高級感があります!

色付け作業見てみたい(〃艸〃)
みんなその時はε=ε=(((#゚Д゚)ノノヌォォォ!!
っていう感じなんでしょうか?(笑)

手間ひまかけて生まれた愛情のこもった作品。
しばらく手元に置いておきたい気持ちわかります( *´艸`)
  • posted by atsu 
  • URL 
  • 2017.02/11 10:23分 
  • [Edit]
  • [Res]

pilさま 

ありがとうございま~す(^o^)
温かい励ましのおかげで なんとか完成しました。
仕上げはまさに こぜわしいんですよ(笑)
先生からもあおられまくって色塗りしていました。

との粉はアンバー粉と一緒に水に混ぜるんです。
木って 見えないけど水の通る管(導管)が縦に通っていて
それを塞いで表面に色やニスがのりやすいようにするのが
との粉の役割のようです。だから目止め材って言うのね~
多く入れれば入れるほどマットな仕上がりになるのもとの粉の特徴かな(^^)

ニスもドロドロのものを 専用のうすめ液ってやつで好みのゆるさにします。
過去テカテカにしたのもあるのですが、使ったり拭いたりすると年月とともに光を失い それをよしとしてもいいし、再度ニスを塗り直すこともしますよ。

実はもう次のオーダーがあってね、これはブログにあげないかも・・・
なんせ(小さいけど)ツタンカーメンのマスクなんですもん(-_-)
全くジャンルちがうのになんで受けてしもたんやろ(TOT)
北欧風 どこいったん!?
  • posted by こはだ 
  • URL 
  • 2017.02/11 12:00分 
  • [Edit]
  • [Res]

atsuさま 

よくあることですが 私より先に コメントを見たうちの主人が
「pilさんとatsuさんからコメントきてるよ!
atsuさんの これ何? なんか顔(顔文字のことね)が
何言ってるのかわからないよ」 と・・・
あんたはわからんでええねん(-_-)(笑)

ありがとうございま~す(^o^)「芸術」!?本気にしていいんですか!?
色つけはほんとみんなが
(。>﹏<。)ぎゃぁあああぁああぁ~ってして(*´Д`)ハァハァ みたいな(笑)

私はこういうクラシカルなバラとか好みではないし 自分のためには絶対彫らないのに、できあがってみたら なんかやっぱり すぐに渡すのはオシイ・・・

だからatsuさんの動物柄なんて余計にかわいいんだろうな~ 愛着あるだろうな~ 自分の子どもみたいなんだろうな~って思いました(*^^*)
 
  • posted by こはだ 
  • URL 
  • 2017.02/11 12:18分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

お疲れさまでした
すごい素敵ですね
色も良い感じ~とっても私好みです(笑)

これだけ手をかけて作られたものを送り出すときは寂しいでしょう?
渡したくない!となりそうな気がしてしまいます

しかし良い色だわ~欲しい~(笑)
  • posted by まりりん 
  • URL 
  • 2017.02/11 15:02分 
  • [Edit]
  • [Res]

まりりんさま 

ありがとうございま~す(^o^)
よかった~!一番心配だったのが色みなんです。

茶色と言っても 見本と同じように赤みの強い色から黒みが強い色
それに 濃いめ薄いめ なんとでもなるのです。
先生についていたときからすべて目分量だったので
記憶に残っている昔の映像を思い出しながら
「こんなもんかな・・・このくらい入れてたよな・・・」と
結局は適当なんですが 染料を混ぜました(^^ゞ
作品の裏側が試し塗りに使えるので 塗ってみてからまた
調整したりはできます。

このバラは絶対黒っぽいほうがいいと決めてこの色を塗りました。
なので、色を褒めていただけて とても嬉しいです(*^^*)

渾身の作なので 手放すのは寂しいですね~
facebookに投稿したら何人か「実物が見たい!」と言ってくれたので
そういう友達にも見てもらうつもりです(^^)
まりりさんも お近くだったらなぁ~~


  • posted by こはだ 
  • URL 
  • 2017.02/11 17:49分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

ついに完成ですね。
なんてみごとな出来栄えなのでしょう!!
しばらく手元へおいて眺めていたい気持ちが伝わってきます。

角度を変えながらの写真で、こちらも作品をより楽しく見ることができましたよ。
明るい茶色の色みが薔薇を引き立てているようで本当に素晴らしいです。
こはださん 再度拍手を贈ります!!!
  • posted by きこ 
  • URL 
  • 2017.02/12 14:31分 
  • [Edit]
  • [Res]

きこさま 

ありがとうございま~す(^o^)
見ていただけて嬉しいです!

これでなんとか依頼主様にお渡しできますでしょうか(^^)
木彫は光を受け影ができてはじめて味わいがあると思うので
横から自然光をあてて写真を撮ってみました。
依頼主様にもその旨お伝えして お部屋のどこに置くのが1番いいか 場所を考えていただこうと思います。

「明るい茶色の色みが薔薇を引き立てているようで」とのお言葉
嬉しかったです(;_;)
濡れた布で思い切り拭いたつもりでしたが 予想していたよりも少し拭きが甘くて もっと明るい部分ができてもよかったですよね。
今後に活かしたいと思います。

温かい拍手をいつもありがとうございます。
本当に励みになります(^^)
  • posted by こはだ 
  • URL 
  • 2017.02/13 11:14分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

素晴らしい出来栄えですね~!(゚∀゚)
バラは難しいのでは?と思いましたが、増やした部分を含めお見事です。
色塗りも濃淡も悪く無いですよ。素敵です。
もっと作品を見たくなりました。
次回作も楽しみですね。頑張ってください。(^^)/

プリティ・カフェ・チューリップさま 

ありがとうございま~す(^^)
バラもいろいろで 私が彫ったことがあるバラも
全くタイプのちがうもので2種類あります。
今回のバラもまた彫ったことのないタイプで
ただの勘ですが 男性が彫られたものだと思われます。
確かに難しくて 時々手が止まり (-_-)←こんな顔になってました。

色 大丈夫ですか~ よかったです(^^)
今もオーダーもので なんと ツタンカーメンのマスクを彫っています。
またこれも彫ったことのない種のものでしょ、すでに
(-_-)←こんななってます(笑)
  • posted by こはだ 
  • URL 
  • 2017.02/16 08:50分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

こはだ

Author:こはだ
2014年10月
関西から新潟に移り住んだ
40代専業主婦
主人と二人暮し

趣味 : タイルクラフト 木彫
     春から秋は山へ
     冬には温泉へ

新潟の好きな場所
   五頭山麓  三条下田
   古町界隈

カウンター

最新記事