新潟暮らし 手作り時々雑貨あつめ

タイルクラフトと木彫り ハンドメイド雑貨あつめの備忘録

Entries

木彫 仕上げ前のものいろいろ



木彫ですが 何もしていないわけではないのですよ。

仕上げが終わっていないだけで。

仕上げのオイル塗りや ニス塗りに使う筆 これ1度使ってしまうとあとは

捨てるしかないのでね、ある程度作品をためてからまとめてやらないと

100均とはいえ筆がもったいないのです。

というわけで ↓こんな風に完成していないものはあります。



気に入ってずっと飾っている「森」の置物です  これ以上は彫りません

これにオイルを塗ると 彫りあとや色や杢目がはっきり出るでしょう

20センチ ✕ 18センチ
14946489880.jpeg

絵を描いて 師匠の工房へ持って行き 他のものと一緒に

電動糸ノコで切るはずが、複雑すぎてとても自分たちでは切れず

結局師匠におまかせしました。 バンドソーも糸ノコも 想像していたより

実は難しかったし 予想以上に時間もかかります。




カフェトレー   初めての試み 茶色を塗ってから彫ってみました

ニスを塗る前はとてもマットな状態です  

20170513114415eac.jpg


彫りたかったこぎん刺しの柄を取り入れてみました

20170513114417f04.jpg

材料の木地が良いものではないので色ムラはしょうがないとしても

ニスを塗ると激変するので どうなるかわかりません・・・ 




こちらも小さなトレー  こちらはニスだけの仕上げにします

20170513114413552.jpg

柄違いで何枚も彫りたい感じです が、なかなかその柄がおりてこず・・・

20170513114415584.jpg

ニス1回目は終わっています  2度めを塗り 乾いたらサンドペーパーをかけ

さらにもう1度ニスを重ねると 表面が滑らかにツヤもでます。




こちらは 額の端材としてでた朴の薄い板で ブローチを試作

2017051311450643a.jpg

オイル仕上げにするつもりです。  できたらいくつかは友達にあげて

実際にお洋服やバッグにつけてもらって 宣伝モニターしてもらいます。

ブローチやボタンは 今後まだまだたくさん作っていくつもりです。

おもしろいですよ~ すぐに彫り終わるので。




まだ途中ですが 依頼品の「寅」 依頼主様の希望はこうでした

「伊勢丹の地下にあるとらやさんの寅みたいな かっこかわいいのがいいのよ」

201705131145392c6.jpg

  20170513114509e3d.jpg

新潟伊勢丹に見に行きましたが 店員さんと目が合うばかりで

写真など撮れるはずもなく あきらめて「こんなだったかな~」という絵を描き

1枚めを彫り始めたのですが ここへきてまさかの出会いにびっくりぽん!

鹿児島に帰るため羽田に行ったら なんとお土産屋さんにこの寅の置物が!

写真はその時のものです。 というわけで 1枚めをボツにし彫り直しました。

でも・・・いいものになる気がしません・・・ お見せするのもこれが

最後になるでしょう。 

材料の下の余白部分は切り離すつもりだったのですが

せっかくなので「とらや」って入れときましょか?


             さすがに怒られますわ

             とらやさんからも 依頼主様からも。




スポンサーサイト

Comment

とらや 

いつの間にこんなに沢山!
この「森」の置物、いいわぁ~。
これに杢目がはっきりしたら、またいい味が出るんでしょうね。
仕上がりが楽しみです^^

茶色を塗ってから彫ったというカフェトレー。
手が滑ったりしたら、どうなっちゃうの?一発勝負?考えただけで、手が震えます~。

とらやさんの寅がご希望だったのですか!
色んなご依頼があるものですね。びっくりぽん!(笑)
かっこかわいい寅...なるほど...
とにかくそっくりに出来上がって良かった!^^

  • posted by pil 
  • URL 
  • 2017.05/14 03:23分 
  • [Edit]
  • [Res]

こんにちは。 

わあ~・・・溜息ものです。
すごい!!のほか、言葉がでてきません。
トレーの側面は彫りにくいんでしょうね…。

茶色を先に塗ってほるとこんなにラインがうかびでるんですね。ほんとに、ニスを塗ったらどんなかんじになるんでしょうか・・?
  • posted by てのりぱんだ 
  • URL 
  • 2017.05/14 08:05分 
  • [Edit]
  • [Res]

とらやの虎やっ!(笑) 

カフェトレー可愛い~💛
ニスを塗ったらどんな感じになるんやろう( *´艸`)
めっちゃドキドキします(笑)

トラ。
どんなデザインになるか楽しみにしていました~♪
まさか、とらやさんの寅とはっ∑(゚ロ゚〃)オォ~ソックリ!!
作りなおしされるとは、こはださんも
やはり同じ(?)職人さんですっ( *´艸`)
こはださん、素敵です!!(笑)
  • posted by atsu 
  • URL 
  • 2017.05/15 09:50分 
  • [Edit]
  • [Res]

pilさま 

どうもどうもいつもありがとうございます(^^)
この「森」はきっとpilさんも気に入ってくれるのでは~と思いながら絵を描きました。
ところが・・・彫っている途中 1番右のもみの木の最上段の枝の先っちょを「ポキッ」と割ってしまって 販売用にするのはあきらめ自分ち用とあいなりました(*^^*) これお気に入りです。
教訓としては、木彫にする絵はよく考えて描かないと あまりにデリケートな柄や細かい(または細い)部分を作ると 危険ということですね~^^;

トレーの線彫り まさに一発勝負なんです。
線彫の途中に息をしてはダメ!
「あーっ!やってもうた!」で 1枚おじゃんですからね^^;

寅・・・びっくりぽんでしょ。
「とにかくそっくりに出来上がって良かった!^^」
の言葉に救われる思いですm(_ _)m  1度仕上げ前に依頼主様に見てもらいますね。
もうしばらく この手のオーダーは受けません(笑)
  • posted by こはだ 
  • URL 
  • 2017.05/15 13:41分 
  • [Edit]
  • [Res]

てのりぱんださま 

こんにちは~ いつもありがとうございます(^^)
トレーなんですが、2種類とも本来はトールペイントの材料で 柔らかいのですがとにかく木地が荒くて セールでまとめ買いしたものの、扱いに困っています。

トレーにカップや菓子をのせると 柄がまともに見えるのは端の方や持ち手(側面)の部分ってことになるので そのへん考えて柄を描いてみました。 さほど彫りにくくもなかったです(^^)

茶色のトレー この土日にニス塗りしてみました。
なんというか・・・ちょっと使い古されたというか ダメージ加工なんてしていないのに ダメージングしたみたいなできになってしまって^^;
ま、これはこれで 1度人に見てもらいましょう。

暑くなる前に ベランダでの作業が多い木彫を作りためて、ガンガンクーラーかける頃にタイルをやろうと思っています(^^)
  • posted by こはだ 
  • URL 
  • 2017.05/15 13:55分 
  • [Edit]
  • [Res]

atsuさま 

素敵atsuさんに 「素敵」って言うてもろたーヾ(*´∀`*)ノキャッキャ
伊勢丹の地下を3周してとらやさんの前を3度通り 通る度に店員さんと会釈し合い どうしても「写真撮らせて欲しい」と言えないまま なんとか記憶だけで描いた私の寅の絵
実物の写真と照らし合わせて まーびっくりぽん! なんと似てないこと!!((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

atsuさんのように「なんかイメージとちがう」のとはレベルがちがう。私のは全然違ったんですからね~

茶色のカフェトレー ニス塗ったらダメージ加工してあるかのようなでき上がりになりこちらもまた びっくりぽん!
家の中で一人で唸る 気持ち悪い自分がいます┐(´д`)┌ヤレヤレ
 
  • posted by こはだ 
  • URL 
  • 2017.05/15 14:09分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

コメント出遅れたー。
言いたいこと、すでに皆さんが全て仰ってるー!笑

・・とは言え、言いますよ。重複してても言いますよ(^^)

すでにお察しかと思いますが、森の置物、大好きです!超好み。家に置きたいです。以前アップされていた「枝に鳥」とセットで置いたら悶絶ものです。

トレーも全部可愛いですね。
しかも、初の試みという色を塗ってからの彫り。
息を詰めて作業するこはださんが目に浮かぶー(><)職人だっ!

そしてブローチ。心、鷲掴みでしょう。
ブローチ好きの私には目の毒です・・・。
オイル仕上げ。木のぬくもりが伝わる素敵ブローチですね。

最後に虎っ!
前に虎オーダーのお話を伺ってから、どんな虎さんになるのか興味津々でしたよ。とらやの虎だったんですねー。いやぁー・・。色々なオーダーがあるもんですねー。大変そう。。。お疲れ様です。
でも、オーダー主様大喜びでしょう!
そっくりですもん!

それにしても、こんなにたくさんの作品、いつの間に彫ってたんですかー!スゴイ!


  • posted by めうまろん 
  • URL 
  • 2017.05/15 15:36分 
  • [Edit]
  • [Res]

めうまろんさま 

いらっしゃ~い(^o^)

先月 作業計画を立てたんですよ紙に書いて。「これ以上できないくらい自分を追い込んでやる」と意気込んじゃってね。
案の定、予定の半分もできていません(笑) 作業計画は 破り捨てました(笑)

この「森」 予想通り(笑)気に入ってもらえて嬉しい(^^)
今回のデザインは華奢すぎてすぐに割れる危険性があるので 次作品はもう少し大雑把?な癒し系の丸い木の森にしますよ~

トレーは 自分の中で彫りたいな~と温めてきた柄でやってみました(^^)
彫刻刀を進めている時は息もせず肩もガチガチ
茶色のトレーは ニスを塗ったらちょっとイメージはちがうものになったけど、一度世に出してみますね。

ブローチは 作っていてもむふふふ、むふふふふって感じです(笑)
めうまろんさんが近所に住んでいたら「どんな形がいいかな?」って相談できるのにな~
今回は朴の木ですが 次はカツラでオイル仕上げ、白色に塗ってから彫る、などめうまろんさんに「これでどうだ~!」ってのをまだまだ作っていきますから(笑)見ていてくださいね~(^^)

最後に寅  形だけであれば超簡単なんですが 難しかったのは顔!何時間かかったことか^^;
ほんと似てます? ならよかった~(^^) あとはもう少しシマシマだけ工夫して 1度依頼主さんに見てもらいますね。

いつもありがとうございます(^^)ますますやる気になりましたよ~!
  • posted by こはだ 
  • URL 
  • 2017.05/15 18:07分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

ニス塗りって何度も塗ったりサンドペーパーをかけたり思った以上に大変なんですね!^^;
ニスは油性を使われているのでしょうか?筆をその都度捨てるのですか?子供の頃、ラッカーうすめ液で洗うと聞いた事がありますが、それでもダメなのでしょうね。お金も掛かりそうですね。(^^ゞ
表面が滑らかにツヤが出るようになるのですね。やってみたい気もしますが、時間が足りないです。(T_T)
塗った後どうなるか、楽しみに見たいです。(^o^)/

素敵なトレイ☆ 

こぎん刺しの模様を『彫る』なんて すごいわ!こはださん。
素晴らしいわ こはださん!!

こぎん刺しのトレイ とっても素敵ですね。
我が家にお迎えしたいくらいです。
トリさんのブローチもいいなぁ いいなぁ♪

今、着物の模様をクロスステッチ用にデザインされた図案をステッチしているのですが、これをこはださんに彫ってほしいですー!!

寅ちゃん 口元かわいい^^
  • posted by きこ 
  • URL 
  • 2017.05/18 15:16分 
  • [Edit]
  • [Res]

プリティ・カフェ・チューリップさま 

子供の時のことをよく覚えていらっしゃいますね(^^)
そうなんです、ニスを扱うので必ずうすめ液も持っています。
昔 大きな作品を彫っていた時は ハケも大きかったし2、3百円していたので うすめ液で洗っていました。
が、次に使おうと思っても どうしてもごわつきがあって ニスにスジがついたりしたので 今は安い筆を買って毎度捨てるようになりました^^;

仕上げがまた結構手間がかかるんです。
1日では終わらないので 彫り上がってから完成まで 間があきます(_ _;)
  • posted by こはだ 
  • URL 
  • 2017.05/19 17:08分 
  • [Edit]
  • [Res]

きこさま 

いつも励みになるお言葉 ありがとうございます(^o^)
こぎん刺し 最初に見た時からとても気に入って いつか木彫にしたいと思っていました。

ただ、今回のトレーは 材料があまりよろしくないですね。
やはり 木彫に適した木材にかぎります、高くつきますが(_ _;)

以前本屋さんで刺繍の本を見たことがあって 木彫に活かせそうな柄がありましたが、腕がありません^^;
クロスステッチで着物の柄ですか! えーどんなんだろう・・・楽しみです(^^)

寅 あの口おかしいでしょ(笑) 歯がまばらで あっちむいたりこっちむいたり。
小さな歯を刀でおとさないように 正直苦労しました(^^;
  • posted by こはだ 
  • URL 
  • 2017.05/19 17:19分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

こはだ

Author:こはだ
2014年10月
関西から新潟に移り住んだ
40代専業主婦
主人と二人暮し

趣味 : タイルクラフト 木彫
     春から秋は山へ
     冬には温泉へ

新潟の好きな場所
   五頭山麓  三条下田
   古町界隈

カウンター

最新記事