新潟暮らし 手作り時々雑貨あつめ

タイルクラフトと木彫り ハンドメイド雑貨あつめの備忘録

Entries

ふるさと会津工人まつりへ



昨日の日曜日 相方Mちゃんと 西会津は三島町で開催の

「第31回ふるさと会津工人まつり」へ行ってきました。

今年は10日・11日の2日間  去年から行きたいと思っていたイベントです。

販売は9時開始なのですが、土曜日に行った友だちによると

「朝は8時過ぎに現地到着したけれど もう第2駐車場まで一杯で

第3駐車場まで行って シャトルバス待ちも大変だったわ。

初日はとっても人が多くて 飛ぶように売れてました。」とのこと。

工人まつりといえば お目当にされるのは山葡萄のかごバッグですよ。

ざっとですが、お客さんも10人に2人くらいは手に下げて来られています。

1つ持ったらまた他の編み方のバッグが欲しくなるのかなー。

探せば5万円台のものもあって お店で買うよりそこそこ安いと思います。

え?私たちも? まさか、10年早いです。 似合いもしませんよ。


「工人まつり」ですが 同じ日三島町内では 生活工芸館周辺で「工人まつり」を、

そこから無料のシャトルバスが7~8分の距離を行き来してつなぐ

会津宮下駅周辺の「てわっさの里まつり」と 会場は2箇所あります。

友達から「てわっさの方がおもしろかったよ」との情報を受けて

朝一 「てわっさの里まつり」から見ることにしました。

駐車場? わたくしたち 主人の送り迎え付きで参りましたの。

メインストリートの入り口でおろしてもらいましたわ。 (そのあと主人は温泉へ・・・)

てわっさの方は 朝のうち人通りは少なかったですよ。


20170612175522abe.jpg

  20170612175524184.jpg

  2017061217552651d.jpg
]
  20170612175527eb2.jpg

  20170612175528a31.jpg


こちらには町内から21店と 町外(県内外)から45店の工房が出ておられました。

山葡萄をはじめとする かごのたぐいが1番多いですが

木工、陶芸、彫金、ガラス、織物、染め物、布小物、古布の洋服に古道具などなど・・・

見ているだけでもおもしろいです。



てわっさで買ってきたもの


木工 タモでできた建物5つセット  1000円 1000円!?2度見
  20170612175712927.jpg


私の彫った「森」と一緒にずらずらっとキッチンカウンターに並べて
20170612175714e23.jpg



削り出しのスプーン 真ん中の2本  他は今まで集めてきたもの
20170612175715704.jpg



 手前 オイルランプだったガラス  他の瓶は今までに買ったもの  
   2017061217571736b.jpg
   「持っていっていいよ」と言われたが 300円置いて帰る

 気泡が入っていたり 形がいびつだったりする昔のガラスは好きです



お次はこれ  ここにおさめてはみましたがね 何でしょうか
20170612175719628.jpg


   「これ 何するものなんですか?」と骨董屋のご主人に質問
   2017061217574094c.jpg


     「一分銀を数えるためのものですよ」


    なんとね~  そしてこれ 菊七さんのものだったのかしら(笑)
   201706121757427a6.jpg


   どなたか 全部お読みになれる方がいらっしゃいましたら

   何と書いてあるのか お教えください。

   それにしても 変なもの買ったものだな・・・




お昼前に駅前からシャトルバスに乗って「工人まつり」会場へ移動

お昼ごはんも並ぶことなく食べられて いよいよ200店以上ある会場へGO


201706121758412d3.jpg


2017061217584240e.jpg


こちらも県内外の作家さんの店舗が並んでいます。

昨日に比べたら 人出はたぶんかなり少なかったのでしょうね。

私たちはゆっくり2周しました。 

かごは減ってましたね~ お店によっては2つ、3つしか残っていませんでしたから。

初日に来て 飛ぶように売れていく様子を見てみたい気もするけど

だめ、やっぱりのんびりムードの日曜日が 私には合ってる。




来年も行こうかな~  誰かさん 送り迎えしてくれるかな~



           それは 私の今後の行いに

                かかっているにちがいない・・・




スポンサーサイト

Comment

素敵なお祭りですね♪ 

こはださん、こんにちは。
骨董品や手作り市はお店、一店一店の違いがあって面白いですよね。
購入してきたものと、こはださんの作ったものがキッチンカウンターに並べられていましたが、雰囲気が合っていてとても素敵です!
お気に入りがまた仲間に加わってうれしいですね♪
  • posted by mee 
  • URL 
  • 2017.06/13 10:11分 
  • [Edit]
  • [Res]

meeさま 

とても楽しいイベントでしたよ~(^o^)🎶
地元の方が作っておられる籠の種類も豊富で、
その凝った編み方に 籠に縁のない私たちも足を止めました。

今回のお買い物はすべて地元の方からでした。
木のものは逃しません(^.^)また買ってしまいました。
どこに飾ろうかと思いましたが うまくはまりました(笑)
「素敵」なんてお言葉いただいて嬉しいかぎりです(^-^)

今週末は新潟県の三条市でクラフトフェアがあります。
去年炎天下の中行きました。今年も200店ほど並びます。
行こうか行くまいか 悩んでいますf(^_^;
  • posted by こはだ 
  • URL 
  • 2017.06/13 22:27分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

わぁ 工人まつり 盛況なんですね!
シャトルバスまで出るとは想像もしていませんでした。
お宝もゲットできてよかったですね(^^♪
いろいろな手作りの品を見ることができるなんて素敵。
織物、染め物、布小物もあるなんて
私も行ってみたくなりましたよ。

それにしても、籠ってどうしてあんなに高額なのでしょうか。
手仕事の困難さは他の品も同じように思うのは素人だからかなぁ。

来年も工人まつりへ行けるといいですね。
やさしいご夫君。
送迎付きなんて嬉しすぎる~(^^♪
  • posted by きこ 
  • URL 
  • 2017.06/16 14:48分 
  • [Edit]
  • [Res]

きこさま 

こんにちは~(^^)

実は今日 葡萄のかごバッグを自分の手で編みたいという友達のつきあいで、とある蔓工房へ 教室の説明をうかがいに行ってきました。

私も 葡萄は高価だな~と思っていましたが
まず、材料の山葡萄自体が減っているんですって。 
その蔓を採る人も 高齢化によって減っているそう。
採ってきた蔓の皮をはぎ、同じ幅(3ミリ・5ミリ・7.5ミリなど)に揃えるのが大変な手間で
その上 その皮のひもを手作業でなめしてはじめて 編める状態になるそうで。
先生から直接お話を聞いてようやく バッグ1つにどれほどの手間と時間がかかっているのかがわかりました。

友達はその先生の教室に通うことになり 材料を用意してもらうため 編むバッグの大きさを決めました。
何ヶ月かはかかるでしょうが、私も完成が楽しみです(^^)

夫君、以前は一緒にイベント会場を歩いてくれましたが、今ではつきあってくれることはありません。
今回のように車を出してくれることは非常にありがたいですし、主人のいない方が 買い物しやすいのは間違いないです(笑)
  • posted by こはだ 
  • URL 
  • 2017.06/16 18:59分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

「てわっさ」福島の方言で手作りの意味ですね。
手作りって温かみがあって良いですよね~!(*´ω`*)
こはださんアチコチ行かれますね!フットワークの良さに感心してしまいます。
骨董屋さんで買った一分銀を数える道具、読めないですが面白いモノを買いましたね!(^.^;

プリティ・カフェ・チューリップさま 

いい言葉ですよね「てわっさ」って。
一緒に行った友達から、新潟では「てもずら」というのだと
教えてもらいました。
福島も手づくりが盛んですね、ぜひ来年も行きたいイベントです。

一分銀を数える道具、当然ですが使い道がなくてですね(笑)
でも、こうして自分の心に刺さった(変な表現)古い道具を買い集めていけば、いずれ自分の家を持てたときにいいディスプレイになるんじゃないかと期待していいるんですよね~(^^)

プリティ・カフェ・チューリップさんこそ、見附に瓢湖にとたくさんのお花を撮ってきておられて 羨ましい限りです(^^)
まさに今花盛りですね! 楽しませていただきました(^^)
  • posted by こはだ 
  • URL 
  • 2017.06/17 20:27分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

こはだ

Author:こはだ
2014年10月
関西から新潟に移り住んだ
40代専業主婦
主人と二人暮し

趣味 : タイルクラフト 木彫
     春から秋は山へ
     冬には温泉へ

新潟の好きな場所
   五頭山麓  三条下田
   古町界隈

カウンター

最新記事