新潟暮らし 手作り時々雑貨あつめ

タイルクラフトと木彫り ハンドメイド雑貨あつめの備忘録

Entries

初めてのカッティングボード




キノウノソラ アシタノソラの管理者 meeさんから

カッティングボードのオーダーをいただいたのは少し前

私から送った質問攻めのメールにも丁寧に対応してくださって この度

無事に完成 そして納品となりましたので ご紹介したいと思います。




       201708212138096d5.jpg



「焼いたケーキをのせて撮影したり おしゃれ皿として利用する」との

ことでしたので、柄は両面にポイントで入れ 沈め彫りにすることにしました。


         ※いい写真が撮れていませんが


  20170821213803836.jpg


まず片面 今までの木彫作品の写真から 小箱に彫ったことのある

この「鳥と木」の柄を選んでくださって右下に。 真ん中にワンポイントで

ブローチに使っている「こぎん」をご希望いただき 彫らせていただきました。

こうして見ても ワンポイントはきいていますね。





  201708212138044c1.jpg


もう片面は meeさんから送っていただいた画像と手書きの絵を

ほぼほぼデザインそのままで入れさせていただきました。

この柄がまた シナという木の素材、色、カッティングボードの形に

よく合っていて、とてもいいものになったと思います。





形は meeさんが気に入られたカッティングボードの画像を参考に

長さ30センチの材料の板におさまるようにおこしました。

      20170821221544fbd.jpg




鍋敷きしか裁断したことがなかったので師匠に相談したところ

何枚でも同じ形のものができるように 「アクリル板で型を作りなさい」と

言われ、まずは糸ノコでアクリル板を裁断しました。
      
      20170821213806db3.jpg


このアクリル板と材料のシナの板を重ねて トリマーという工具で

裁断しました。




仕上げを木彫オイル(ウレタン樹脂)にするか 食器用オイルを塗った上に

安全・無害のツヤ無し防水材を塗るか ご相談の上後者にしました。

写真は 同じ板の端材を使った防水試験です。


      3度塗って合格
      20170821213808c5c.jpg


防水材を塗ると どんな食材をのせても水洗いができますし

オイルだけのものとはちがって のちのちお手入れがいりません。

うちのカッティングボードのように 思いっきりバケットをギコギコ切り

傷だらけにするような使い方の場合には防水材は意味ないですが

今回はプレートとして使われるので これでよかったと思います。

ツヤ無しなので 見た目もオイル仕上げと遜色ないのですよ。




初めて作るものは特に できが良くはありません。

今回はmeeさんの広いお心のおかげで 不出来なものでも

「手づくりの味」として 受け入れていただきました。

最初の板選びから 形、柄、仕上げと 考えていただくことがたくさん

ありましたが、何よりだったのはその過程を楽しんでいただけたこと・・・



世界でたった1つの meeさんモデルカッティングボード

お手伝いできて 私も楽しかったです。





スポンサーサイト

Comment

ありがとうございました^^ 

こはださん、その節はお世話になりました!
イメージ以上のカッティングボードを作っていただけて本当に嬉しいです♪
それにしてもこはださんの仕事の早さと丁寧さには感心しました。
これからも木工作家さんとして、どんどん素敵な作品を作っていくのを楽しみにしています。
カッティングボード、大切に使わせていただきます!
  • posted by mee 
  • URL 
  • 2017.08/23 15:42分 
  • [Edit]
  • [Res]

meeさま 

いえいえ、とんでもないです^^;
こちらこそ、私の実力以上にいいものができたのは
ひとえにmeeさんのセンスのおかげ!ありがとうございました(^^)

柄を考える過程は本当に楽しかったですね。
このような楽しみをたくさんの方に味わってもらえるように
オーダーにしっかり応えられるように 精進いたします。

そして私には、meeさんがこのカッティングボードを
どのように使ってくださるか さらなる楽しみが(^o^) 
  • posted by こはだ 
  • URL 
  • 2017.08/23 16:53分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

なんて素敵なカッティングボード!
そして、見覚えのある「鳥と木」の柄・・(*^^*)
私もあの柄に一目惚れしたんだよなぁ・・としみじみ思いだしました。
そして、「こぎん」の柄もまたブローチで選んだよなーと思い至り、その好みの一致に興奮し(笑)、meeさんのところにとんで初コメントまでさせていただいちゃいました。こはださんがつなぐ新たな御縁です。(あ、私の勝手な思いですが)

それにしても、相変わらず丁寧で素晴らしい手仕事ですね。meeさんと細かくやりとりし、良いものを作ろうとするこはださんがありありと目に浮かびます。
作家 Kohadaはどんどん進化しますね。
これからも目が離せません!色々楽しみにしています!!
  • posted by めうまろん 
  • URL 
  • 2017.08/23 21:52分 
  • [Edit]
  • [Res]

カッティングボード 

とっても素敵です!
まずボードが、曲線の優しい形で、ポイント高し!^^
彫りの柄ととっても相性が良くて、お互いを引き立ててる感じがします。
さすが、お見事です!
meeさんのイメージを、こはださんが形に。
お二人の合作ともいえる、ほんとに素敵な作品ですね。


  • posted by pil 
  • URL 
  • 2017.08/24 00:22分 
  • [Edit]
  • [Res]

めうまろんさま 

meeさんと繋がってもらえてよかったです(^^)
あちらでのめうまろんさんのコメントも読ませていただきましたが、とても嬉しかったですよ!
「鳥と木」を選ばれた時「めうまろんさんと好みが同じだ~」とは思いましたが、その後の「こぎん」には「え?そこも?」と驚きました(^^)
あの「鳥と木」がまたこんなふうに活かされて よかったです。

私は自信がないので 申し訳ないほど「これはどうしましょ?」「こんな感じでいいですか?」と逐一確認させてもらいました。
「おまかせ」だったら死んでますね(笑)ほんと自信なくて。

沈め彫りはご存知のように 彫る量は全く少ないのですが、一発勝負なんですよね。
アウトラインを1箇所でも「あっ!」と逸脱した時点で終わりなので 緊張はします。
実は今回 同じカッティングボードを2枚裁断して 両方に「鳥と木」を彫り、オイルを塗って杢目や色合いがわかった時点で どちらの板にするかを選んでいただいたのですが、私にとっては同じものが2枚あるというのが 保険だったわけです^^;

「良いものを作りたい」という気持ち 伝わったとしたら最高に幸せです(^^) ありがとうございます(^^)ぱにゃにゃん!! 
  • posted by こはだ 
  • URL 
  • 2017.08/24 20:44分 
  • [Edit]
  • [Res]

pilさま 

meeさんのところのコメントも読ませてもらったのですが
pilさんも「鳥と木」を覚えてくれてたみたいで 嬉しかったです(^^)

カッティングボードの曲線・・・実は 持ちてのつけ根付近が左右同じではなくて なんだかいびつなんですよね^^;
で、それはトリマーで裁断した時に型と板がずれたからだと思っていたら、なんと、ブログにあげた写真を見て アクリルの型自体がいびつだったことを発見しました(T_T) つまりは 方眼紙に書いた最初の絵が すでに左右非対称だったんですよね・・・
もうほんといやだわ自分が(T_T)

オーダーはまさに「合作」ですね。せっかくいいアイデアをもらっても 私が形にできなければ台無し・・・
最後まで「気に入ってもらえるのかな・・・」という不安はつきまといますが、納品してOKを頂いた時の歓びはひとしおでした(^^)
  • posted by こはだ 
  • URL 
  • 2017.08/24 20:58分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

こはだ

Author:こはだ
2014年10月
関西から新潟に移り住んだ
40代専業主婦
主人と二人暮し

趣味 : タイルクラフト 木彫
     春から秋は山へ
     冬には温泉へ

新潟の好きな場所
   五頭山麓  三条下田
   古町界隈

カウンター

最新記事