FC2ブログ

長崎暮らし 「長崎は今日も晴れだった」 

さすらいの木彫り屋kohadaの備忘録

Entries

佐賀・長崎北部を食べ尽くす旅




父の手術&入院にともない

母の手足となるべく2週間帰省し

この旅行に合わせて長崎に戻ってきました

27日から2泊3日  まるっぽ主人による企画

『 佐賀県・長崎県北部 玄界灘のうまいもんを食べ尽くす旅 』




1日め  下道で佐賀県の唐津を目指します

山や田畑の緑が美しいです



20190430121827b9e.jpg



20190430121829eee.jpg





途中  2日後に陶器市開催を控えた有田焼の産地 有田町へ寄りました

収納場所がなく今は食器が買えない我が家

卸団地の中にあり各社のお店が集まっている「アリタセラ」だけ見てまわり

小皿と のぞきと 主人の会社用マグカップを買ってきました


20190430121831cbc.jpg


20190430121830250.jpg


3割引につき購入
20190430121832fd0.jpg


陶器市期間中は 120万人の人出だそうですが

開催前のこの日は人も少なく ゆっくり見て回れたうえに

特価品もどんどんお店の外に並べられている状態で

食器をいっぱい買える人たちを 羨ましく思いました




有田をあとにし 伊万里市を通り抜け お昼に唐津入りしました



唐津城です
20190430122126b84.jpg



虹の松原で からつバーガーを食べ(写真撮る余裕なし)

インスタ映えの聖地! おしゃれなカフェが集まり 海辺でブランコ

女子旅で沸騰中の 福岡県糸島をぐるっとドライブ

(我々は下車もせず 写真を撮る女子たちを横目に素通り)

虹の松原にあるホテルに戻って この日は早めに休みました




お宿から  唐津湾
201904301221284b2.jpg



虹の松原   三保の松原 気比の松原と並ぶ 日本三大松原の1つ
         ※気比の代わりに 天橋立が含められる場合もある
201904301221299ce.jpg







2日め  朝8時にはお宿を出発し

佐賀県最北部 唐津市 呼子(よぶこ)に向かいました


8時半から並ぶこと30分で駐車場に入ることができ

まずは呼子の朝市で あわびと サザエをいただきました



201904301226062ae.jpg



2019043012260700c.jpg



20190430122609e35.jpg



20190430122610d0f.jpg



20190430122612d0e.jpg



大きさによって値段が変わります  こちらで1700円でした
201904301226130f3.jpg





主人から聞くまで 「呼子」という地名すら知りませんでしたが

「呼子」といえば 「イカ」でけっこう知られているんですね


2019043012260101d.jpg



201904301226022a3.jpg



201904301226047cc.jpg
干物を時短で作る装置






朝市でアワビの焼きの順番を待つのに かなりの時間を費やしてしまいました

昼食に予定していたお店 「河太郎」は 10時40分開店

朝市の場所から15分ほど歩き 10時頃お店に着いて愕然としました

駐車場には 関西や 遠く関東ナンバーの車まであり

すでに100人どころではない人の列

我々の後ろにもみるみるうちに人の列が増えていきました

大きなお店ですが第一陣では座れず、整理券をもらったときには

「1時間待ちです」と。。。

番号呼ばれて席についたのは ちょうど正午でした



呼子のイカ  とくとご覧ください


20190430123232732.jpg



おいしい「イカしゅうまい」もついてますよ
20190430123231e25.jpg



201904301232319eb.jpg



20190430123234d88.jpg



2019043012323501f.jpg



201904301232366ca.jpg


お刺身にした身以外の残りをどう調理するか

焼き、天ぷら、煮付け、残りもお刺身 の中から選べます

うちは 一人前を焼きで 一人前を天ぷらでいただきました

どれもたいへんおいしかったです




デザートに 特産の甘夏で作ったゼリーもいただきました
201904301511171f0.jpg




席取りに苦労はしても また食べに行きたい呼子のイカです

次回は 普通の土日に来るとしましょうか (それでも並ぶのは必至)


ちなみに

正午にお店に着いた人たちはお店から「3時間半待ちです」と言われていたので

食べたい時間を考慮してやってくる必要がありますね







この日のお宿に向かうため 橋を渡り 伊万里湾口にある 鷹島(たかしま)へ

橋のこっちは佐賀県ですが 橋のあっちは 長崎県

佐賀県側からしか行けないのに 長崎県松浦市の 鷹島です


島に入ったところにある道の駅では フグさんたちから熱烈歓迎を受けました



20190430152257849.jpg




鷹島でのお目当ては お宿でたらふくいただく トラフグです


お宿の前の暗闇に佇む 男前の主人
20190430152257e93.jpg



20190430160819286.jpg



玄関先にあるいけすの上を渡ってお宿に入ります
20190430152259a1c.jpg



20190430160820dd5.jpg






鷹島のトラフグ とくとご覧ください


201904301534562e2.jpg



20190430153457d2f.jpg



この 「呉(ご)豆腐の揚げ出し」もとってもおいしかったです
20190430153458232.jpg

ご豆腐は 豆乳と葛粉と片栗粉を練って作る佐賀、長崎の郷土料理です



20190430153500a5a.jpg



私は 薬味をこの割合で 3枚ずついっときました
20190430153502722.jpg



2019043015350312b.jpg



20190430153504642.jpg


雑炊が食べたいがために 鍋を平らげる


20190430153506bbb.jpg


雑炊は 夜に食べられなければ 朝ごはんに作ってもらえます



お風呂を先にすませていたこともありますが お酒も手伝ってか

食事の後 3時間ほど爆睡してしまいました

1日で 熱望していたイカとフグを食べた主人も

夜にはビールにはじまり 地酒だの獺祭(だっさい)だのとたっぷりお酒を飲んで

同じように爆睡し 至福のときを味わっていました






小さなお宿ですが 私好みのしつらえだったのも嬉しかったです


201904301606156d8.jpg



20190430155743205.jpg



20190430155744217.jpg



20190430155745ff4.jpg



2019043015574838f.jpg



20190430155749208.jpg



2019043015575074e.jpg



2019043015575138b.jpg



翌日の宴が準備されていたお座敷をのぞき見
201904301557538c5.jpg



おいしい食事 どうもごちそうさまでした







3日め 長崎の平戸へ寄ります


平戸大橋
201904301652541ce.jpg





平戸にも素敵な教会があります

あいにくの雨でしたが せっかくなので 平戸ザビエル記念教会へ行きました


201904301652545ac.jpg



20190430165256aa8.jpg



ゴッシック様式
20190430165258586.jpg


何かの儀式が執り行われていて この日内部の見学はできませんでした




観光案内の看板に 「教会とお寺が見えるスポット」が載っていたので

教会裏の細道を 海に向かっておりていきました  振り返ると


201904301717563a8.jpg



201904301717574b9.jpg



教会もお寺も立派です





平戸へ寄ったのは このお菓子をいただくためでした

我が家での合言葉

「カスドースを食べずして 長崎のカステラを語るな」

その 「カスドース」です


201904301725308e2.jpg



いただいたお店は 九州最古の菓子舗
創業文亀二年(1502年) 平戸藩松浦家御用達菓子司
蔦屋さんです

2019043017253198e.jpg

 

現在も松浦家で原本が保管されている「百菓之図」

天保十二年 当時の平戸で 銘菓として知られていた百種類の菓子を

極彩色の絵図で紹介するこの書物に

蔦屋の「カスドース」や「牛蒡餅」がいまと変わらぬ姿でのっています

カスドースとは

ひと晩寝かせたカステラに卵黄を絡め 沸騰した糖蜜にくぐらせ

最後に砂糖をまぶしたもの

製造過程を映像で見た限りでは とても甘くて食べられないかと思いましたが

以外や以外 そんなに甘ったるくはありませんでした





長崎の北部は 「アジがおいしい」と評判です

カスドースをいただき さて、最後はアジフライで締めようと

アジフライで売出し中の松浦市にある 市場の食堂に電話したところ

「もう本日のアジは売り切れました」

GW。。。やはりイカと同様 行くなら午前中でしたね

仕方がないので 平戸で「アジフライ」と検索して見つけた

「一ふじ食堂」さんで アジフライ定食をいただきました



20190430174625a81.jpg


ふっくらと肉厚でおいしかったです!

ますますアジフライファンになりました







帰り道 特に予定はなく 雨も強くなったので屋内で楽しもうと

佐世保にある「九十九島水族館 海きらら」へ行きました

水族館に行くといつも 写真がどっと増える割にほとんど残さないので

今回は写真は封印。。。 でも、大好きなこの子達だけ撮りました



ハコフグさんです
20190430175842c42.jpg



冷めた目に釘付け
20190430175842d5a.jpg



正面がかわいいのです
20190430175844a29.jpg







佐賀・長崎北部を食べ尽くす旅

今回は お宿の予約も行程もすべて主人が手配し考えてくれて

おいしいもの 知らなかった景色を満喫しました




九州も広いです  あちらこちらに「いいところ」はありますね

わざわざ飛行機や新幹線に乗って

遠方から観光に出向くにはちょっと不便 だけど 「いいところ」といえる場所を

長崎にいる間に 回っておきたいです




        波佐見焼の器でコーヒー  長崎の作家さんの器でカスドース
        2019043018160388e.jpg





スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

こはだ

Author:こはだ
2014年10月
関西から主人の赴任先新潟へ
2018年4月
転勤に伴い今度は長崎へ
主人と二人暮し
本当はネコと暮らしたい

2017年より木彫作家として活動
他に自己流のタイルクラフトも
屋号 kohada worksで
インスタもやってます
@kohada.ogj
#kohadaworks

最新記事