新潟暮らし 手作り時々雑貨あつめ

タイルクラフトと木彫り ハンドメイド雑貨あつめの備忘録

Entries

浅田真央さんの引退会見




今日は一日 真央ちゃんの想い出に浸りました。

記者会見に現れた白いジャケットの彼女の表情は晴れやかで

なのにそんな彼女とは対象的に 顔を見た途端

私の方が泣けて泣けて・・・

どうして泣けるのか自分でもわかりませんでした。

引退が残念なんて思ってはいません。

むしろ 彼女が「何も思い残すことがない」と言い切って

引退を決めたことに心から喜んでいるくらいです。

この2シーズンは特に辛いことが多くなっていたと思いますが

彼女にとっては ここまでやってきて本当によかったんだと

ここまで挑戦し続けたからこそ何の悔いもないのだと確認できた

まことに清々しい記者会見でした。

「泣かない」と決めていたのでしょうが 最後に涙がありましたね。

そのおかげで私の涙腺も崩壊しました・・・




私は真央ちゃんの 2008-9シーズンのエキシビション用

プログラム 「ポル・ウナ・カベーサ」が1番好きです。

15歳の頃から彼女の演技を見てきて3年が過ぎ

「おお、もうこんな風に 大人の女性の可愛らしさが

表現できるようになったのね」と 「なんてかわいいの~」と

心身ともに成長した真央ちゃんをまぶしげに見ていたことを

覚えています。 今夜は他にもたくさんのプログラムを見ましたが

私は何よりも 真央ちゃんの美しいスパイラルが大好きで

やはり真央ちゃんのスケートが 今でも私の中では1番です。



選手を引退しても 彼女は滑り続けますね。

点数や順位から解き放たれた演技が とても楽しみです。



       感謝を込めて・・・

       浅田真央さんのこれからの人生が

       幸多きものでありますように・・・


     

 
*CommentList

かばんの内張り 作り直し



せっかくサクラが咲きだしたのに 今日はまた嵐のような天気の

こちら新潟市です。



いよいよお出かけにもよいシーズンとなってまいりました。

洋服もそうですが 手に持つバッグも春夏仕様にしたいところですね。

もう10年ほど前に買ったものだと思いますが

春夏に活躍していたシルバー色の革のメッシュのバッグ

3年ほど前 内張りの白い布に接着剤の黄色いしみが出てきて

思いきってバリバリとはずしました が、 その後使えない状態で放置・・・


201704111406549f4.jpg


20170411140657218.jpg


ひどい状態・・・ 接着剤が変色したのでしょう。

外側の革がなんともないのにこのままではもったいないので

奮起して 内張りを自分で縫うことにしました。

インディゴブルーのデニムなどに変えようかとも思いましたが

服に合わせるのが難しくなるので やはり元のまま布は白に。



丸い底だけ型紙を  また台所用品で間に合わせました
20170411140657c63.jpg


私の手芸に「しつけ」という文字はないですね このまま縫いました
20170411140700d26.jpg


形が複雑で 底、銅まわり、立ち上がり?の4枚はぎ

元は1つしかなかったポケット 今回はスマホ用と

反対側に小さいのを2つ(布1枚のまんなか仕切り)作りました。


20170411140828ac1.jpg



ミシンは2日と出したくないので 朝から1日かかって作りました。

縫い付けたかったのですが、革って硬いですね~ 針が通らず

結局また 無色透明の多用途の接着剤で貼り付けました。

私の手作りゆえ いつまでもつかはわかりませんが


          また今年から よろしくね。



          20170411140830f39.jpg




*CommentList

日の出温泉きのこの里



昨日 14時35分の飛行機で鹿児島を立ち

東京発 18時12分の上越新幹線MAXときに乗り

20時半頃 新潟の自宅に帰ってきました。

今日はまたお天気に恵まれ気温も20℃ほどになり

大量の洗濯物も1日で片付き パソコンを開くに至りました。


4月2日の桜島と錦江湾  鹿児島市 城山より
20170405160806ece.jpg



記録に残したいことはたくさんあれど ここは1つに絞って

最終日泊まらせていただいたお宿 日の出温泉きのこの里 のことだけ

書きたいと思います。

空港からほど近く 妙見温泉の手前 天降川(あもりがわ)沿いにある

日帰り温泉施設が、それまでカフェだった離れを造り替え

キッチン付き素泊まり専用の宿として 営業を始められました。

こちらのお風呂に20回以上入りに来ている主人にとっては

「心のふるさと」でもある きのこの里。 私もお風呂だけには2度伺っていて

去年お宿に変身した離れを見て 「来年は泊まるぞ」と決めていました。 



   20170405160808fdb.jpg
     左奥に見えている平屋の建物が 宿泊棟の離れです



20170405160809f02.jpg
 日の出温泉きのこの里  入浴料200円 休憩室利用+400円
   炭酸水素塩泉 あつ湯とぬる湯 テラスに水風呂があります
    石鹸やシャンプーなど必要なものは持って行ってください 



    こちらが離れです
    20170405160810c02.jpg



20170405163613d62.jpg



       20170405163614113.jpg



キッチンには 冷蔵庫、電子レンジ、トースター、やかん

土鍋と卓上コンロ、多少の調味料や食器まで備え付けられています。

夜は外食しましたが そのついでにスーパーで買い物して帰り

朝は部屋で食べました。



20170405164333a9c.jpg



キッチンから撮っています
201704051643323f1.jpg



     カフェだった頃から この場所が大好き・・・
     2017040516433557d.jpg




玄関の左がリビングダイニング 右にベットに洗面そして

すっごく杉のいい香りがするきれいなトイレ(アラウーノでした)があります。



      20170405164337968.jpg
        椅子が丸太だったりします




泊まった翌日 日帰り温泉が定休日だったので、朝からチェックアウトするまで

前の晩同様 片方(女風呂でした)を貸し切りの家族風呂として

入りたい放題入らせていただきました。 なんせ泊まっているのは我々だけ。

主人はお風呂に住みついてしまい なかなか部屋に戻ってきませんでした。



     お風呂棟です
     20170405163609a9f.jpg


かけ流しっぱなし
20170405163610be4.jpg




楽しいことに 川に下りると野天湯まであります。

前日オーナーさんが「今朝も僕入りましたよ」とおっしゃっていたので

「これ入らんといて ここのお湯は語れへんで」と 嫌がる主人を

無理やり沈めてやりました(笑)  別に害はないですからね。


   いい写真撮れていますのに お見せできないのが残念です。

              楽しかった~(私だけか?)


201704051711248e8.jpg





こちらに泊まる前の日も 両親連れて天降川沿いのお宿に泊まっていました。

とにかく連日食べ過ぎていたし 青空にも誘われ散歩に出ました。



  20170405171124d27.jpg



       20170405171127f9b.jpg


       201704051711281af.jpg



車からでは見過ごしてしまうものが こうして歩くと目にとまりますね。

途中藪の奥に九州電力の施設を見つけて

昔むかしの建造物であろうその佇まいに 見入ったりもしました。



20170405172731749.jpg



    201704051727338cd.jpg

 いたるところにお湯が流れ出しています。 (良い子は飲んじゃだめよ)




昼過ぎまでゆっくりさせていただいたので 21時間の滞在でした。

素泊まりとは言え、2人分でも1万円でおつりがくるのは 嬉しいです。





鹿児島空港から 霧島連山
20170405175702ea6.jpg



      201704051757020f9.jpg


           晴れると暑いくらいの鹿児島でした。

       
                 また来年4月に・・・





*CommentList

ぽんしゅ館新潟駅店



今日から来週4日まで 主人の郷里 鹿児島に帰ります。

義理の姉の1周忌 そして 両親を連れて霧島温泉に行きます。


新潟空港から鹿児島へは直行便がありません。

新潟から福岡へは飛んでいるのですが 帰省したい時に限って

マイルが使える特典航空券の設定がないのです。

よって、乗車日の5週間前の日の朝5時半に起きて

上越新幹線のトクトクきっぷ(最大35%引き)を事前予約で確保し

新幹線で東京まで行き 羽田からマイルを使って鹿児島に帰っています。


で、ちょっと新潟駅でご紹介したいところが1つ

南口の西通路 新幹線改札口からだと歩いて20秒くらいでしょうか

外からなら ホテルメッツ新潟の3階ロビーからも入れますが

ここにぽんしゅ館というものがあります。

新潟の物産店で 私が実家へ帰るときもこちらでお土産を買ったりします。 


お店の奥には「利き酒番所」というコーナーがありまして

この前の日曜日 主人と歩いて駅近くまでランチに出たついでに

彼はここで1杯・・・正確には5口ですが ひっかけて帰りましたよ。


     201703282028355bb.jpg


20170328202836f20.jpg


HPによると 新潟県内の93の酒蔵のお酒が並んでいます。

カウンターで500円払うとコイン5枚と利き酒用おちょこを渡されます。

あとは 何を飲もうか吟味して おちょこを置いてコインを入れると

ひと口分(ひと口分です)のお酒が自動で出てくる という仕組みです。



20170328202837c23.jpg


20170328202839532.jpg


入れかわりたちかわりお客さんが入ってこられましたが

どうしたことかお若い方ばかり!しかも半分は女性でした。

銘柄選びに皆さん真剣  うちの主人もウロウロしてましたね。


ご遠方の方のみならず、新潟駅をご利用の際はぜひ

        寄って(酔って)みてください。


         おあとがよろしいようで・・・


         では 行ってきまーす。




*CommentList

サービングスプーン&フォーク



最寄りのイオンにある雑貨店でたまたま見つけた

大きなスプーン&フォーク いちおうサラダなどのサービング用って

ことなのでしょうけど、持ちにくいは重たいはで 実用的ではありません。

ただすごくお安かったので「ちょっと飾り彫りでもしてキッチンに吊るか?」と

持って帰ってきたところ 飾り彫りなんかでは気が済まなくなり

おおごとになってしまいました。




2017032915142215c.jpg


長さは26センチあります。

どうせならちゃんと使えるものにしようと思って それなりの形になるまで

削ることにしました。もちろん彫刻刀で、です。まずはフォークから・・・
 

20170329151423c0b.jpg


全体的に薄くしなくては・・・


20170329151424938.jpg


栗をむくように ひと皮むいちゃいました。

タグには「アカシア」って書いてあったのですが

こんなに白いアカシア あるかぁ~???




真横からの図
20170329151426a19.jpg


持ちにくかった太い柄を 薄くしつつカーブもつけました。

1番大きな丸刀16ミリで彫ったので 彫り跡のボコボコもしっかり。

表面を限りなく平らにすることもできますが 「どう見ても手で彫ったね」と

わかるところに値打ちがあるので このままいきまーす。



201703291514304df.jpg


      やっぱり少し飾り彫りも入れたいですね。

         おもしろくなってまいりました。




*CommentList

ノ縞屋さん OPEN



新潟もようやく気温が10℃を超える日が増えてきましたが

明日の天気予報にはまた雪マークが そして気温も7℃

気候がこうも変われば 風邪をひきそうになるのも無理はないです。



新潟市中央区にある セレクトショップ ノ縞屋さん

主に北欧ヴィンテージを取り扱っておられます。

一時お店を休まれて およそ40日かけての仕入れ旅は

エストニアのタリンに始まり フィンランドのトウルクまで

6カ国 11都市に及んだと facebookの投稿に書いてありました。


先週ですが 3月18日土曜日に お店をOPENされたので

初日の午前中に行ってまいりました。



     Soholm ベース  高さ17センチほど

    20170326104350f5f.jpg

1835年から1996年まで デンマークのボーホルム島に存在した

陶器メーカー Soholm(スーホルム) のものだそうです。

別に 「どこそこのものを持ちたい」ということはないし

所詮「北欧ヴィンテージ」などには詳しくもないのです。

「気に入ったら買って それから調べる」そういうタイプですね。



    20170326104353693.jpg

    前回買った Gusutavsberg(グスタフスベリ)のベースと



飾るものに関して 同じカテゴリのものは 1つより2つです。

物によっては 形ちがい色違いで3つ揃えるときもあります。

そうすると ただ自分が落ち着くだけなんですが 大事なことでしょう。





20170326104421540.jpg



          ベースもこうなると あと1つ 欲しいな・・・


(主人に「僕のこと書き忘れてるよ」と言われ書き足しますが)

このベースを見て 主人がその値段を なんと 一発で当てたのです。

私もびっくりしましたが 本人が1番びっくりしていました。

「やるやるとは思てたけど、あんたもわかってきたや~ん」と

滅多にないチャンスに 持ち上げられるだけ 持ち上げておきました。




*CommentList

ダーラナホースの鍋しき




やる気スイッチはどうでもいいのですが

だれか 私の鼻水を止めるスイッチを

見つけてくれませんか。

突如昨日から 流れっぱなしです。

ちなみに 今まで花粉症はありません。


ティッシュを詰め込んでブログを書いていることを

お許し下さい。



お嫁にいったダーラナホースの鍋しき お馬さんは1頭でしたが

20170321103753e67.jpg 20170321103755feb.jpg


今回は4頭にしました   (裏は彫っておりません)

201703211030579a7.jpg

1頭だけ向きがちがうのは けっして間違えたのではなく

本人は これで”おしゃれに”したつもりです



その前に彫った なべ型鍋しきと

20170321104109016.jpg



枝に鳥さんと

201703211042314a1.jpg



まとめて木彫オイルを塗りました

20170321103102d12.jpg

鍋しき2つの材はカツラで 鳥さんは朴の木です




鳥さん 今は下手に金具など付けたくないので

とりあえず丸い木の頭の押しピン2つで

壁に掛けております


201703211048037e5.jpg


朴は色合い的に地味だったかな~

今週末 お世話になっている杢工房さんでまた

材料を裁断させてもらうことになっていますが

この枝に鳥 次はカツラで彫ってみます。




*CommentList

聖籠町 ラベイユ&ぽかぽカフェ




2月1日 先週9日 そして昨日と 車で30分ほどの聖籠町へ

ハンドメイドギャラリーのラベイユさんと ぽかぽカフェでのランチ

この組み合わせも 3度めになりました。

常設の陶器や 織物、編み物、布物、アクセサリーに加え

今回 お洋服を作られている作家さんの10周年に

そのお仲間が集まって 企画展をされていました。



20170317103948f46.jpg 20170317103950abb.jpg


20170317103952c30.jpg 2017031710395356a.jpg


20170317103955a92.jpg 20170317104118ac8.jpg


20170317104120a5f.jpg 20170317105140415.jpg


ハンドメイド好きの友達と一緒に行くので当然かもしれませんが

ラベイユさん 居心地が良すぎて 1時間~2時間滞在します。

地元産直のお野菜もたくさん取り扱っておられ 必ず買います。

ゴボウなんて一袋100円




ラベイユから10分足らず 聖籠町立図書館の向いにある ぽかぽカフェ


201703171041219c0.jpg 20170317104227ac8.jpg


ワンプレートに飲み物が付くランチ 毎回ちがうものにしてきました。

きのこおろしハンバーグ
20170317104226fe3.jpg

スパイシーカレー(かなりスパイシー)
20170317110812b0e.jpg

エビグラタン
20170317104123084.jpg



ランチは900円もしくは950円   とてもいい感じのお店ですよ。

しかも 小さな子ども連れのママたちにとてもやさしいお店です。

ハンドメイド好きさんにはこの ラベイユ&ぽかぽカフェのコース

おすすめで~す。





*CommentList

こんな招待ってありなの!?




タイトルだけ読めば 「はっは~ん 今日はホワイトデー

ご主人に招待されて・・・」と思われがちかも知れませんが

     それは全くちがいます。

友達がラジオ番組の企画に応募して「当たったー!行ける?」と

誘ってくれた「ご招待」の食事会に 行ってきたのです。



2017031415503504e.jpg



焼肉のたれでおなじみのエバラと イタリアンレストランのコラボメニュー

3品目のロールキャベツには「エバラプチッと鍋ちゃんこ」が

5品目の生ソーセージのスパゲティには「エバラ回鍋肉のたれ」が

使われています。


     20170314154443262.jpg


「エバラの商品を使ったお料理の試食会」くらいに思って行ったのですが

席に置かれた献立を見て 他のお料理も出てくるコース仕立てに

なっていることを知り ちょっと興奮しました。



プロシェット・エ・メローネ
20170314154445020.jpg



ずわい蟹のトマトファルシ  ※「ファルシ」とは「詰め物」の意だそう
20170314154450ccf.jpg 2017031415445081e.jpg



「エバラプチッと鍋ちゃんこ」使用
ロールキャベツの煮込み ホワイトチーズ掛け
やさしい味に仕上がっていました

20170314154451f74.jpg

珍しいラクレットチーズが上からとろっと
新潟で初めて知った野菜 冬菜(とうな)ペーストがスープに



真鯛のソテー 白いんげん豆のソース
20170314154813104.jpg



「エバラ回鍋肉のたれ」使用
生ソーセージときのこの回鍋肉トマトスパゲティ
甘めのソースも 後味はピリ辛 
 
20170314154816aca.jpg 



自家製アップルパイ バニラアイス添え & コーヒー
20170314154817df3.jpg
「本日に限り 3つ入り10袋限定で販売」 買ってしまいました・・・



参加者は24名ほど。 ラジオで放送されるインタビューも免れ

12時から1時間半の 贅沢なランチタイムでした。

会場となったのは 新潟市民芸術文化会館3階の

イタリアンレストラン リバージュ

信濃川が見渡せるガラス張りのお店 来月には

お花見(サクラ)にうってつけの場所になりそうです。


強運の友達に感謝

シェフのおもてなしにも感謝

そして エバラさんの大盤振る舞いにも感謝です。

超簡単なアンケートと引き換えに お土産までいただきました。

20170314155032c6f.jpg

           ※ごちそうになった分 宣伝しておきます



こんな「ご招待」も 世の中にあったのですね。



ランチがタダなのに 駐車場代払うのもなんだかな~とは

誰しも思うもの。

ありがたいことに たまたま今日は主人が事務所におりまして

送り迎えを強制的に快く引き受けてくれました。


これ以上望むものは 何もございません。




*CommentList

うさぎや+さん OPEN



友達を誘って車で30分ほどの五泉市へ

冬季休業を終え 先週末にOPENした

暮らしの道具と民芸 うさぎや+(たす)さんへ行ってきました。

OPENとは言っても 通常営業日は毎週土曜日と時々日曜日

ただし今回は 春のオープニング企画「ハリノヲト こぎん展」のため

土曜日から今日までの3日間 営業されていました。

うさぎや+さんのハガキには 心惹かれます。



20170313175743116.jpg



      201703131757416fb.jpg




栃木県の若手作家 植木友子さんの「こぎん」や

店主さまお手製の裂き織り+帆布と刺し子の素敵なバッグも

ありましたが 買ってきたものはこちら


20170313175744708.jpg


札には「インド刺し子 布」とありました。

赤もかわいいのですが ちょいと裏返してぷっくりさせて

小さなかばんに見えるようにしました。


20170313175746264.jpg 持ち手を含めて20センチ



201703131757475cf.jpg



左から2番めの小さなバケツ型のものが うさぎや+店主さんが

裂き織りと 刺し子を入れた帆布で 作られたものです。

去年新潟市内で行われたハンドメイドイベント

「チルチンびとマーケット」で買いました。 当時の記事はこちら→

このアイアンフックが 小さなかばん掛け と化しております。




うさぎや+さんには カゴ ガラス 家具 等々 いろいろあります。

どれもお値打ち価格だと思いますが、今回選んできたのがこちら

高さ6センチほどの 細かい気泡いっぱいのグラスです。



201703131759128e9.jpg



木のトレーも 「チルチンびとマーケット」に出店されていた

うさぎや+さんで買いました。 福島の木工作家さんのものです。



20170313175911c49.jpg


うちのおちょこは ちょっと小さいなぁ~と思っていたのですよ。

次回からお酒はこれでいただこうかしら。





*CommentList

ご案内

プロフィール

こはだ

Author:こはだ
2014年10月
関西から新潟に移り住んだ
40代専業主婦
主人と二人暮し

趣味 : タイルクラフト 木彫
     春から秋は山へ
     冬には温泉へ

新潟の好きな場所
   五頭山麓  三条下田
   古町界隈

カウンター

最新記事