FC2ブログ

長崎暮らし 「長崎は今日も晴れだった」 

さすらいの木彫り屋kohadaの備忘録

Entries

#物言う木屑 #いつまでつづくかな




今日も工房へ行ってきました




工房の横から 山の斜面を下りて行く小道があってそそられる

20180609193714c87.jpg



    工房主さんが 蒸籠の一段を使って作られた郵便受けが素敵

    20180609193715987.jpg




さあ、今日もがんばろう



!?


ツッタカタ~ツッタカタ~ツッタカタ~ツッタカタ~

20180609193716dc4.jpg




ツッタカタ~ツッタカタ~ツッタカタタッタッタ~

2018060919371771f.jpg



        (早々に片付けられる)





Instagram (@kohada.ogj)で最近  ちょっとしたシリーズをやり始め

始めたものの もう終わりは見えている

その名も #物言う木屑 #いつまでつづくかな

一挙公開



20180609193836b94.jpg



20180609193837f87.jpg



20180609193839915.jpg
「いただいた課題は「おうち」なんですけど!?」



20180609193840a39.jpg
「うちの2大巨塔 搬入リスト1番2番さん」



20180609193842602.jpg

もうこうなると「物言う」どころかただの「絵」ね



ゆうべなんて ああ、次はどんなネタにしようかと思ったら

なかなか寝つけなかった



暗闇にふと目をやると。。。。。



20180609200304bfc.jpg



「明日工房でどんなネタをやろうか」と考えて眠れない

             カピがいた





*CommentList

作業場見つけた!




遅くなりましたが まずは委託販売先でのイベントについて御礼を


5月23日 新潟市江南区のリーフタイム3周年祭

「ナチュラルタイム」に 足をお運びいただいたみなさま

本当にありがとうございましたm(_ _)m

当日 Facebookの投稿を まるでその場にいるかのように拝見し

同じ気持ちで楽しめたこと いい思い出です(^^)


そして 大分県日田市 Knick-Knacksさまでの

ひと月におよんだ 10thアニバーサリーイベントにて

kohada works の作品を手にとっていただいたみなさま

本当にありがとうございましたm(_ _)m

まだ集計の最中ということで 何がお嫁にいったのか

全部は把握できていないのですが

オーナーさんからは みなさまの反応もうかがっておきたいものです





新潟で裁断し持ってきた材料もいよいよ底をつきました

そんな折 インスタグラムを通じて愛媛県の雑貨店さまから

イベント「小さなおうちのモチーフ展」への出品依頼が舞い込みました

「どうしよう・・・」 「断りたくない」 「でも 作業場もまだわからないし」

少々考えましたが

「いざとなったら鹿児島の主人の実家に糸ノコ持っていって切ればいいっか」

そう思い イベントのお話をお受けしたのです


ちょうどその頃 ネットで貸し工房を1軒見つけて

お電話させていただき現地に赴くことになったのが

お互いの都合で10日後の6月2日土曜日になったものですから

本当に借りられるのか 借りる条件が合うのか合わないのかなどなど

気をもむ毎日が続きました・・・





ようやくおとづれた6月2日 その工房は森に囲まれて建っていました



201806041252400a5.jpg



工房主さま もちろん木工をされる方なのですがお勤めが忙しく

作業するのは夜が多い とのことで

「いつでも好きなときに使っていいし  糸ノコも預かってあげる」

1時間いくらの料金も本当に良心的で 私としては願ったり叶ったり

すぐに話は決まり

その日のうちに4時間ほど 糸ノコ作業させていただきました



20180604125241c15.jpg



重い重い電動糸ノコを マンションから車にのせ運んでくれて

作業の合間にもせっせと木屑を掃除してくれた主人にも感謝です

長崎ではまだ車の運転を(危険を感じて)見合わせている私を

これからは必要に応じて工房まで送迎してくれるのも主人!

そう、そこのあなた! 頼りにできるのはあなたしかいないので

ここに「感謝」「感謝」と書いておかねばなりません 




そんなわけで これからしばらくは7月初旬に開催の

愛媛県砥部町の雑貨店 hanon(葉音)さまイベント

「小さなおうちのモチーフ展」 正式には「おうちモチーフten」だったかしら

そんな 楽しげなイベントに向けての製作に励みます




2018060421015953b.jpg



 
これもすべて 応援してくださっているみなさんの

引き寄せの力のおかげです!

こはだにまたチャンスをくださって ありがとうございます(^^)






*CommentList

長崎市内観光 その③

              


昨日5月28日 長崎県も梅雨入りしました

平年より8日早く 昨年より23日早いそうです

梅雨明けが7月19日頃だというのですから

聞いていたとおり 長ーい梅雨です



27日日曜日はいいお天気だったので 梅雨前に見ておきたかった

浦上天主堂(カトリック浦上教会)へ 歩いて行ってきました

マンションにいて 毎日正午と夕方6時に聞こえてくるおしゃれな時報は

浦上天主堂の鐘の音です





20180529100437846.jpg




201805291004377ea.jpg




2018052911134415b.jpg


                  建物内も見せていただけます







禁制がとかれたのち 長い年月をかけてようやく1914年に

東洋一のレンガ造りロマネスク様式大聖堂として完成した浦上教会

美しかった教会も1度は原爆により崩壊しました



20180529100442170.jpg




爆風で北側の川底に落ちた鐘楼が そのままの姿で残されています


20180529100444ac9.jpg





現在の建物は 1959年に鉄筋コンクリートで再建され のち

1980年にレンガタイルで改装し 当時の姿に似せて復元されたそうです

教会の手前には 原爆遺構の石像や壁が残されていました




2018052910044174f.jpg




大きな犠牲の上に 今の幸せや自由がある・・・

この写真を見ていると 日本の縮図を見ているように感じます



建設当時 双塔にすえられていた フランス製のアンジェラスの鐘

片方は崩落した鐘楼とともにつぶれてしまいましたが(展示あり)

爆風に耐え 残ったもう一方の鐘が今も 時を告げているというのです





お昼の鐘で さっさとご飯を食べはじめ

夕方の鐘で そそくさと晩のおかずを作り始める


・・・いやその前に今一度 鐘の音が聞こえたら

今日その時の自分や家族の無事を

一瞬でも感謝しなあかんのちゃうの?  と

    自分に言い聞かせた そんな浦上天主堂でした






長崎市内観光 その②




梅雨の前に街歩き 続編です


長崎港大波止(おおはと)ターミナルから中島川に沿って歩くとすぐ

復元された出島が見えてきます



2018052616002313b.jpg


有料ですが 1度は見ておきましょうかねってことで


20180526160022d88.jpg


外国の方や小学生 よその自治体の視察団といった体のグループが多かったな

友達が来たら連れて行くか?って言ったら 連れては行かないね



行き当たりばったりひとりランチは 出島のすぐ横 2階にあるカフェ わかば堂さん

201805261600251eb.jpg


        野菜たっぷり味噌とホワイトソースのドリア
      20180526160025381.jpg





出島から南へ 市民病院の裏手がオランダ通り そこからオランダ坂を上がります

このあたりが東山手旧居留地  洋館が点在しています



201805261652200a0.jpg



20180526165221363.jpg


20180526165223287.jpg


20180526165224d65.jpg


201805261656335ba.jpg



現在でも カフェになっていたり、学校法人の所有で同窓会の事務局が

入っていたり、国際交流の場になっていたり さまざまに活用されているようです






下りてきたところに立派な孔子廟があるのですが

こちらは意外と 28年前の記憶が鮮明にあるのでやめとこってことで

外からのみ撮影


孔子廟 中国歴代博物館
20180526170457aeb.jpg




通りすがりにあった教会も撮らせていただきながら

2018052617045266b.jpg






孔子廟から大浦天主堂までは 歩いてすぐです


またここからは坂道です
20180526171428fee.jpg


絵本の美術館だそうな
20180526171429169.jpg




国宝 大浦天主堂   世界遺産登録を目指す構成遺産の1つ
20180526171430c73.jpg


何かの工事中で 正面のマリアさま見えず残念

建築様式も 祭壇も ステンドグラスも 素晴らしかったです

座ってお祈りし テープから流れる説明にしばらく聞き入りました



建物内はもちろん撮影禁止 せめて横から
201805261714341a0.jpg




禁教下の中 外国人のために建てられた大浦天主堂

完成ひと月後 浦上からやってきた十数人の老若男女がプティジャン神父に

信徒であることを告白するいわゆる「信徒発見」の舞台になったことでも有名

・・・・・有名? きっと歴史で勉強したのでしょうね、覚えていないだけで

若い時には覚えられず 今この年だから頭に入る、胸に残ることも多いはず


天主堂の隣に 旧羅典(らてん)神学校があり 資料館になっています

こちらの入り口にも そして 拝観券と一緒にいただく冊子にも

カトリック長崎大司教区 高見大司教様のお話(ご挨拶)が書かれていますが

ぜひ一読されるとよろしいかと存じます  いい言葉がありますので


    「あり余る自由に満たされた現代のわたしたちにとって

          自由の真の意味と意義を考える機会になるでしょう」






グラバー園は 大浦天主堂のすぐお隣  こちらも28年ぶりですね




植栽がきれいです
201805261746450bd.jpg



"動く歩道"を上がるとまず 旧自由亭というカフェがあり

20180526175114233.jpg




グラバーさんのお屋敷へ
20180526174645e9f.jpg



旧グラバー邸   そうそうこんな感じだったかなー
20180526174645762.jpg




旧リンガー邸  いやー覚えてないな.....
2018052617464789a.jpg



20180526175829805.jpg






旧オルト邸  いやーてんで覚えてないな.....
201805261746471f3.jpg



20180526174650feb.jpg





園内けっこう広くて もう1つ"動く歩道"がついていました

それを上がると園の1番上に 移築された旧三菱第2ドックハウスがあります



20180526180142d57.jpg






入ってきた第1ゲートには戻らず このドックハウスの横手 第2ゲートから

出ました  こちらにちょっとした乗り物があるからです それは・・・



にゃんだ?
20180526180714067.jpg

にゃんだ?
2018052618072774c.jpg

にゃんだ?にゃんだ?
201805261807126b3.jpg


          (どの猫もやる気なーし)



それは生活道路の一部となっている  斜行エレベーター
20180526180710b47.jpg



これを使って最上階の5階から1階へ下りました

本当に 驚くほど急な坂に民家が建っているのですよ

これがなきゃ 大人も子供も通勤通学買い物に 大変だわ




あー喉が乾いたってことで

電停の駅の手前にあった果物屋さんでテイクアウトできるカットフルーツを

見つけて迷わず「スイカ1つくださ~い!」

店先に用意してくださっている椅子に座っていただきました



20180526182228a89.jpg


ほとんどが 1パック100円
20180526181724f31.jpg



テレビで言ってましたけど 九州ではスイカの最盛期は梅雨前なんですって

甘くておいしかった~




          あと2箇所ほど見るべきものがあるのですが

              梅雨までに間に合うでしょうか





*CommentList

長崎市内観光 その①




散策するなら梅雨の前の今しかないですね



長崎を一望できる稲佐山の展望台へ行きました

ロープウェイもありますが 車だとうちからすぐなので車で

しかしながら、土日も無料の中腹駐車場から頂上まで 30分弱歩くことに

只今工事中の有料スロープカーは 来年の夏完成予定だとか

中腹~頂上まで 想定では料金500円だそう

頂上駐車場が無料の平日に行くのが 理想的ですけどね



展望台です  中も外もらせん階段で 360度見渡せます
20180526112316cba.jpg



市街地北部
写真真ん中が 平和公園   右に原爆資料館 浦上天主堂
左に県営野球場 市営陸上競技場が 見えています
201805261123047ba.jpg



市街中心部
長崎駅を真ん中にして撮っています
浦上川に架かる旭大橋を挟んで右に 新しい県庁と県警本部
201805261123109a9.jpg



市街地南部
稲佐山の真下が 三菱長崎造船所
長崎港の向こうに  オランダ坂やグラバー園などの旧外国人居留地
孔子廟や 大浦天主堂などがあります
201805261123334f8.jpg



稲佐山展望台からは 北に大村湾  東に雲仙  南に端島(軍艦島)まで

見ることができます



稲佐山を下りて 反対側の鍋冠山(なべかんむりやま)に行きました




長崎港  大型客船が停泊しているときは 断然こちら側がいいですね
201805261125336b1.jpg








街歩きはまず 市役所の南東部 観光通りからいうと北のエリアから




眼鏡橋   日本初の石造りアーチ橋(架橋時の琉球王国天女橋除く)

2018052612161221c.jpg



20180526121614fe1.jpg



何撮ってると思います?
20180526121614304.jpg


こんなん探すの 今 流行りですよね~ やだやだ 
20180526121616570.jpg


眼鏡橋の たしか1本川上の橋の西詰に

「まちぶら案内所 もてなしや」さんがあって お土産もいろいろありますよ

私も絵葉書を買いました







中島川沿いの川端通りから1本東に 中通り商店街があります

こちら「龍馬通り」「龍馬の道」とも呼ばれています

近くに 亀山社中記念館、龍馬のぶーつ、龍馬像などありますからね

私は坂本龍馬にそこまででもないので 行きませんでしたけど.....

この中通り商店街に 天保元年創業の和菓子屋さんがありまして

最初午後から行った日はすでに売り切れ 2度めは午前中に行ったので

念願のカステラが買えました



岩永梅寿軒
20180526123650baa.jpg



201805261236524bb.jpg






中通り商店街を南下し本古川通りを渡るとそこからはアーケードが広がります

地元の人と観光客が入り乱れ 結構な賑わいです

その一帯を「浜んまち商店街」というそうで デパートの長崎浜屋さんもあります

浜屋さんも上から下まで見て回りましたが えらい人でしたわ




観光通りを東向いて思案橋まで ひと筋上がって右に入るとそこに

「九州最古の喫茶店」と言われている 「ツル茶ん」があります

長崎が発祥のトルコライスや ミルクセーキが有名だそうで

友達からもきていました



ツル茶ん  外観
201805261355288f1.jpg


ひとことにトルコライスと言えども メニューもいろいろ
20180526135530072.jpg


20180526135531f4a.jpg


昔なつかしトルコライス
20180526135532575.jpg


ミルクセーキ ハーフ  これで十分
20180526135534b2c.jpg



冷ご飯を焼き飯にして出すのに外人さんの手前、トルコ国の「ピラウ」

炊き込みサフランピラフに似せて考案された料理が「トルコライス」のはじまり

だとか  ピラフとナポリタンととんかつが一皿で出てきて 満腹です





 

そろそろ食べ物から離れましょう

本古川通りに戻って東を見ると突き当りが

唐寺 黄檗宗 崇福寺(おうばくしゅう そうふくじ)です

1629年 長崎に在留していた福州人たちが造ったというのが始まりだそう

南支建築様式をそのまま輸入し建てられたものは他にないそうで

第一峰門と大雄宝殿は 国宝の指定を受けています



竜宮門のような三門
20180526142407206.jpg



国宝 第一峰門
2018052614240931b.jpg


装飾が見事
20180526142413ce6.jpg




国宝 大雄宝殿
201805261424108c3.jpg




唐寺は 唐船主たちが航海の安全を祈願するため
海の神様 「媽祖(まそ)」をお祀りすることから始まるらしい
一番奥に媽祖堂
20180526142411883.jpg



他に鐘楼など 重要文化財の指定を受けているものがいくつもあります

売店の中国人のおかみさんがすごく気のいい方で お店を始めた23年前から

お寺がどんな改修をしてきたかなど話してくださいました

周辺の地図もくれたりして 非常に助かりました





崇福寺をあとにして 寺町通りを北上します

10を越えるお寺が並んでいますがその中に 興福寺があります

俗に「福州寺」と呼ばれる崇福寺に対し こちらは「南京寺」

拝観料がばかにならないので 三門だけにしました  あしからず



2018052614442916b.jpg






寺町通りを歩いている途中に「亀山社中記念館まで210m」という

案内板を見つけました  矢印を見るとそこには急な坂道

再度申しますが NHKの「龍馬伝」は見ましたが坂本龍馬に

そこまでの(坂を登ってでも見たい)気持ちはないので パスしました




最後に 有名な例祭「長崎くんち」がとりおこなわれる諏訪神社に着きましたが

この日はすでに散々歩き回っていて

300有余段あると聞いてしまった階段を前にして 戦意消失.....




いいかげんな街歩きですが  次は 旧外国人居留地へと続きます




     20180526154522c01.jpg

                誰になんの遠慮がいるものか
            





行く先々に 教会が





今日までに見た教会は全てが 偶然見つけたものです

そりゃまぁお寺と同じで キリスト教が庶民の暮らしに根付いた長崎では

村ごとに教会があっても不思議ではないわけですが

目の前に現れると 妙に感動します






橋を渡って伊王島へ魚を食べに行き 小さな漁港で偶然見つけました



カトリック馬込(まごめ)教会


20180522112551b87.jpg



教会とはなんと美しいものかと.....  ひざまずきそうになりました


20180522112552c1e.jpg



禁教令下の1871年、馬込に信徒が建てた小聖堂があった。
1884年、馬込の信徒がすべてカトリックとなり、
1890年にマルマン神父の設計のレンガ造教会ができるが、
台風で尖塔が倒れ、1931年、現教会建立。


                             とのことです




いちおう載せときましょうかね

お昼に 日帰り温泉施設「島風の湯」併設の「網元食堂」さんで

長崎県産ヒラメのお造り定食をいただきました  おいしかったです


20180522112554163.jpg

2018052211255518d.jpg

        201805221125574b8.jpg


伊王島 只今リゾート開発真っ只中でしたよ
20180522112558937.jpg






先週末は 長崎市の北部 京泊というところにある直売所

「長崎漁港がんばランド」に 魚を買いに行き せっかくだから

その先の「道の駅夕陽が丘そとめ」までドライブしようかということになり

車を走らせていたら とおおっ!突然目の前の高台に現れました




カトリック黒崎教会  


20180523115152ad7.jpg



1897年にド・ロ神父の指導で敷地が造成され、1899年から建設計画が進行、
1920年に完成した、遠藤周作の小説『沈黙』の舞台ともなった黒崎の地に建つ教会。
聖堂は信徒が奉仕と犠牲の結晶として一つひとつ積み上げたレンガで造られている。
煉瓦造、平屋、桟瓦葺(さんかわらぶき)の簡素な構成が
煉瓦の美しさを際立たせており、深い奥行を持つ内部は
リブ・ヴォールト天井と呼ばれ、ステンドグラスが印象的だ。
付属する鐘楼は隠れキリシタンの帰依を願って設置されたもの。


                                      とのことです



教会の見学のしかたがわからなくてですね

中を覗いていいのかどうかもわからず悩んだあげく

この距離でのみ撮影し 脱兎のごとく引き返しました






「道の駅夕陽が丘そとめ」に到着すると 遠藤周作記念館が隣接されていました

そう、代表作 『沈黙』 の舞台がこの外海(そとめ)だからですね

中学生の時 授業の一環で『沈黙』を読みました

弾圧されたキリシタン 拷問され 殉教した多くの民のうめき声に対し

沈黙したままの神..... 神とは本当に存在するのか.....

中学生にとっては 現実離れした非常に重い題材だったと思います

ああ今 あの『沈黙』の舞台にこうして私がいるんだな.....と

ベンチでアイスクリームを食べながら感慨にふけっていたら んっ?


目に映る風景の中に 白い教会が


201805221126028f5.jpg



道の駅にちゃんと地図や説明を記したパネルがありましたので

訪ねることにしました




カトリック出津(しつ)教会


2018052211260352a.jpg



20180522112604701.jpg



明治15年(1882)、ド・ロ神父の設計施工で建てられた教会
平成23年(2011)に国の重要文化財に指定された。
その後、明治24年(1891)に一部改造、同42年には玄関部を増築し、
現在の教会の形が整えられた。
この玄関部に、祭壇の屋根にある既存の装飾等のほかに
鐘塔を設けるという珍しい外観。
外壁は煉瓦造り、玄関は石作り、内部は木造で、
三廊式の漆喰塗り平天井となっている。
屋根は瓦葺。しかもとても低い。これは、海岸に面した風の強い立地条件を
配慮しての建築なのだそうだ。 鐘楼の鐘は神父がフランスから取り寄せたもので、
朝夕に美しい鐘の音を谷間一帯に響かせている。
さだまさし原作の映画「解夏」の撮影が行われたことで有名になった。


                                        とのことです


さださんの映画も見ていませんから この教会のことを知る由もなく.....

こちらには 「私も幼い頃から通っています」という地元のボランティアがいらっしゃって

お話をうかがうことができました

「信仰で心は救われても この地区の民の貧しい生活は救われない、と

救助院を開かれ さまざまな授産活動をされました」という

ド・ロ神父様のお話が印象的でした


※救助院とは・・・
      ド・ロ神父が女性の自立支援のための作業場として
      1883(明治16)年に建て、
      織物、縫物、素麺などの食品加工などをおこなった施設




こちら外海(そとめ)にある出津(しつ)教会ともう1つの教会が

2018年ユネスコの世界文化遺産登録を目指している

「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」に入っているときいて

もう1つの教会も訪ねることにしました



その教会は 駐車場から長い石段をあがったところに

ひっそりと建っていました
 

        20180522112606255.jpg





カトリック大野教会



20180522112608d72.jpg



20180522112609ce2.jpg




     屋根瓦に さりげなく十字架が
    2018052211261028b.jpg



    20180522112615645.jpg


禁教期に潜伏キリシタンが自分たち自身で組織的に信仰を続けている中で、
氏子となった神社に密かに自分たちの信仰対象を祀り、
オラショ(祈り)を唱えるなど在来宗教と信仰の場を共有していた集落である。
禁教期の信仰の場であった神社近くに、解禁後、教会堂が建てられた。
禁教期固有の信仰形態とその終焉を示している。


                                とのことです



先ほどのボランティアの方から

「たった26戸のために立てられた教会です」ときいていました

当時のご苦労を思いました.....  山を切り開き 自然石を積み上げる

信仰の力とはすごいものだな と感じます

ちなみにこの壁は 考案された神父様の名をとって 「ド・ロ壁」というそうです




見学はどちらも無料でした  賽銭箱もないし、と思っていましたが

文化財保護に使われるための献金箱がそれぞれ設置されていますので

見学のお礼もできます

私のように最初スマホだけ持ってプラッと見学に行くと

車まで引き返すことになりますね




今回 教会の説明文は こちら
『長崎市公式観光サイト あっと!ながさき』からいただきました
   ↓ 
教会めぐり



偶然見つけた教会  全然知らなかったけど

見てきたから調べる

        こういった作業がこの先も続くのでしょうか

        でしょうね。 これも長崎暮らしの醍醐味かと(^^)





イベント『ナチュラルタイム』向け作品②




引き続き イベント準備に勤しんでおりますよ

『 タイルのマグネット作りワークショップ 』 の手順をワードで作り

ブリキのボードに見本数個と貼り付けたものを作ったり

こはだからお客様へのご挨拶として

長崎港の風景写真を入れた 絵葉書風のものを作ったり・・・





作品もこれで完成です



ペーパーナプキンホルダー  ハガキやDMを立てたり スマホホルダーとしても


20180516143247b8d.jpg


20180516143247bd2.jpg


これ 職場のデスクでスマホ立てたりしてもらうと

癒やしの1つになるんじゃないかな~ 





モザイクタイルのトレー

リーフタイムのお客様からピンク系のオーダーをいただいたので

ついでに 好きなイエロー系でラージサイズを作りました

すでに グリーンと紫のバッテン柄をご購入くださっていて

2枚めにピンク系をご所望くださいました  ありがとうございます



20180516143318547.jpg







もう1つ どうしても今回送りたかったものがありました

委託販売のお声をかけてくださり 電動糸ノコを譲ってくださり

餞別にカゴまで編んでくれた リーフタイムのオーナーさんへ

感謝の気持ちは 何を贈ってもモノで表すには足りない気がしますが

私には彫ることしかできないので・・・




20180516143248150.jpg


20180516143251886.jpg


彫り上がり
20180516143251851.jpg




20180516143253535.jpg




友達に誘われて 初めてリーフタイムにお茶しに行き

この女の子の (紙が額に入れられた)看板を見たとき

「これ 彫らせてもらえたらなー」と思ったことが

時を経てこんな形で現実になりました

             すべてはご縁ですね





*CommentList

イベント『ナチュラルタイム』向け作品①




ゴールデンウィーク後半は3泊で 鹿児島の主人の実家に帰ってきました

連休明けから気合を入れ直し

新潟市江南区の委託販売先 リーフタイムさまのイベントに向けた作品を

ひたすら彫り彫りしております




「木」 これは私にとっても永遠の課題

木目や色目を活かして切って彫ってあげること これにつきますね



20180511205408813.jpg20180511205409f57.jpg2018051120541097f.jpg





新潟で裁断してきた「おうち」と「木」合計20コ 仕上げました

『 木のある住宅地 』 です



20180511205829b41.jpg



20180511205830ead.jpg


試作したおうちは白く塗りましたが やめました

イベントのタイトルが 『 ナチュラルタイム 』 ですからね

せっかくの木 ナチュラルなままでいきます




201805112058324c3.jpg


おうちは 間取りも豊富(笑)  お気に入りが見つかればいいな~

木と組合せて並び替えて… 遊んでいただけたら嬉しいです(^^)






オイルを塗ったところでまだ組んでいませんが



20180511205834d0f.jpg


こちらは両面柄違いの 「ペーパーナプキンホルダー」になります が、

スマホを立てたり ダイレクトメールや展示会の案内ハガキに

そう、今日届いたよ自動車税の納税通知書 のような

忘れてはいけないものなどをテーブルやカウンターに立てて置いておくのに

便利で しかも かわいいですよね

こちら1点だけしかありませんが お客様の反応が楽しみです 






続きましてこちらは リーフタイムさまのお客様からのオーダーで

「能天気なお花の鍋しき」   つも3枚めですね

作業を段階ごとに 写真に撮ってみました



下書きの線を仕切って(切り込みを入れて) いざ
20180511205835021.jpg


20180511205836f08.jpg


20180511205838efb.jpg


20180511205839142.jpg


20180511205841c9a.jpg


20180511205842442.jpg


20180511205844bd5.jpg



「おっはよ~~」

201805112058455bf.jpg



「ええ天気やな~~」

20180511205847952.jpg



って感じ(^^)



彫り上げたばかりで これからオイルで仕上げます

2トーンの色目も オイルを塗ればはっきりするでしょう

最初にカツラの板を見ていただいて相談し

濃い部分を左に4割ほど入れて裁断しました

大変お待たせしたオーダー主さまに 

喜んでいただけるでしょうか…




*CommentList

美しい街 新天(転)地 長崎





記念すべき 2018年 4月19日

長崎に到着した日 これがまた 最高に天気がよかった


写真は 走っている車の中から撮ったので少々見づらいかも



手前が 長崎県警察本部庁舎 奥が新県庁舎 (潤ってんな長崎~)
そのまた奥に夜景で有名な 稲佐山
2018042717134662a.jpg



ゆめタウン夢彩都(ゆめさいと) 港にあるショッピングモール
20180427171348d62.jpg



JRと並行して中心部を南北にはしる国道202号線
観覧車があるのは茂里町にあるショッピングモール みらい長崎ココウォーク
20180427171349495.jpg



出た路面電車! 長崎電気軌道  運賃安くて便利らしい
201804271713457d5.jpg



茂里町交差点 ほうらごらん 坂の街
20180427171344121.jpg



思案橋交差点  路面電車がこちらにも けっこう支線あるのね
201804271713513fd.jpg





引っ越しの荷受けを翌日に控え この日はホテル泊

ホテル提携のパーキングに車を入れて 車から偶然見かけたあのお店に

そそくさと歩いて行きました



     2018042718114192e.jpg


カステラが私を呼んだのよ  調べたら福砂屋さんの こちらが本店です
20180427181144a10.jpg




     おまけ  世の中にこんな素敵な交番がありますか
     20180427181145787.jpg




こちらが出島跡 主人に興味がなく中は見学せず
20180427181146f95.jpg







港に行きました  これまた偶然にも帆船祭りが開催されていて

夕方にさしかかった出島ワーフ 素敵でした・・・



20180427182339b22.jpg



2018042718234088e.jpg



201804271823424cd.jpg



「イタリア船籍 コスタ・セレーナ号 4800人を乗せてこの日長崎入港」
    (と、ある方のブログに書いてありました)
20180427182343347.jpg



長崎県美術館  運河の上に回廊があります ここのカフェ行ってみたい
20180427182345d25.jpg



稲佐山
20180427182346407.jpg




私の興味はもっぱら 長崎港の対岸にある三菱重工の造船所と

そっち側に停泊している 海上自衛隊の船

うーむ、あっちに行きたい 近くで見たい






長崎初日の晩ごはんはベタに中華街に行って

ネットで見た江山楼さんで ベタに皿うどんとちゃんぽんをいただきました


20180427224444f43.jpg



    20180427224444d8e.jpg


20180427224445cb5.jpg 20180427224446efe.jpg






出島跡横の 十八銀行本店(こちらはわざわざ夜景を撮りに行きました)


20180427224449cd1.jpg







新潟を出て5日め ようやく長崎の我が家に入居

初めて見た部屋からの景色に 気分も上がりました



2018042718564153d.jpg





おまけ   そして毎日1つずつ食べたの図

   ※10コちゃうでぇ~ 5コよ5コ 


20180427181650b41.jpg 201804271816518af.jpg


      時は流れて 福砂屋さんのカステラも今やフォーク付き
      20180427181652f7b.jpg




              ちょっとぉ、ちょっとちょっとぉ

             転勤にしては 新潟に引き続き

            良いところに来たんじゃないっすか~






*CommentList

引っ越し前の思い出 まとめ



  (先週20日金曜日に 無事長崎への引っ越しが済みました

   まだ片づけきれてはいませんが 各方面への住所変更も完了し

          お陰さまでわたくし 元気にしております)





新潟を引き払う日 最後に来てくれた新潟での最初の友達Mさんから

前日から仕込み蒸し上げた笹団子を

「車の中で食べて 常温で3日もつからご実家にも持っていって」と

渡されました

夕方北陸道を走る車の中でおなかがすいて笹団子をいただいたのですが

笹の葉をめくっていたら みんなの顔・・・いろんな思いがこみ上げてきて

ついでに主人が「さようなら越後平野」なんて追い打ちをかけたものですから

もうその後は 涙がポロポロポロポロ流れて止まりませんでした・・・




         20180426115349c5c.jpg






ブログタイトルを変えねばと思いますが その前に

新潟を出てくる前のことを記録に残しておきたいです




kohada cafe・・・我が家に友達が来ると調子にのって

こんな風に書いていましたが もちろんカフェではありません

我が家での最後のお茶会の様子です


20180426100949a10.jpg 2018042610095242b.jpg


「カピを出せ」と言われてしかたなく・・・
201804261009534cb.jpg 2018042610095647e.jpg




こちら 持ち寄りランチ送別会の様子

新潟の笹寿しを作らせてくれたり 米粉でクレープを焼いてくれたりと

心づくしでした・・・  8人でワイワイガヤガヤおいしいひとときでした


201804261009585d7.jpg

20180426100956ce9.jpg 201804261009598d7.jpg

201804261010008f3.jpg 20180426101002a73.jpg





餞別にも 想いがこもったものをたくさんいただきました


新発田チーム+お茶飲み仲間から 阿賀野市にある藤岡染工場さんのもの
20180426100333138.jpg


委託販売先のてんゆう花さんのオーナーからは さすがの1品
20180426100335c2a.jpg


割烹岩松「大人のないしょランチ」仲間のおもろい2人から
2018042610033714d.jpg


作家仲間のきよさんから  このブローチをいただけるとは感無量
201804261003404aa.jpg




相方Mさんから「新潟といえばこれしかないセット」と手づくりエジプト塩
20180426100334205.jpg


    それと、お手製チクチクの額 今キッチンの1番目につくところに
         2018042610033856e.jpg



その他にも 焼き菓子を焼く友達からはお菓子を

ハラダのラスクやら ムーミンのお菓子 などなど

もうお腹の中なのであれですが おやつもいっぱいいただきました




    作家仲間メルコから 手編みの麻バッグ 恐縮するわ 
    2018042610034382b.jpg



委託販売先のリーフタイムのオーナーから お手製エコクラフトのカゴ
20180426100341569.jpg
「中に木彫りの材料入れたりイベントで作品持ち歩いたりできるでしょ」って



友達1号Mさんお手製 エコクラフトで石畳編みしたカゴ
20180426100344494.jpg


     ブローチ入れの小引き出しに合わせて編んでくれました
     20180426100346efa.jpg



        長崎でまたひとりぼっちになりましたが

        今日それぞれ写真を撮らせてもらっていて

        みんなからの愛を存分に感じています

        あぁやっぱり私も手づくりを  木彫りを

        簡単には諦められないと思いました・・・





*CommentList

ご案内

プロフィール

こはだ

Author:こはだ
2014年10月
関西から主人の赴任先新潟へ
2018年4月
転勤に伴い今度は長崎へ
主人と二人暮し
本当はネコと暮らしたい

2017年より木彫作家として活動
他に自己流のタイルクラフトも
屋号 kohada worksで
インスタもやってます
@kohada.ogj
#kohadaworks

最新記事