新潟暮らし 手作り時々雑貨あつめ

タイルクラフトと木彫り ハンドメイド雑貨あつめの備忘録

Entries

写真立て&ウェルカムボード 完成



少し遡りますが

新潟で縁があって知り合い 母国ブラジルに帰っていったブルーナ

3月に結婚しました。

彼女へのお祝いに作った 写真立て

飾りのパーツが彫り上がったところまでは記事にしましたが


IMG_20170303_152743.jpg


完成したあとの写真は未掲載 ここに記録として残します。



20170824220722987.jpg


ブラジルのリオグランデ・ド・スル州まで

航空便ではなぜか1番安いEMS(国際速達郵便)で送り

10日ほどで無事届きました。

そのうち 赤ちゃんと一緒の写真でも入れてくれれば

「ニッポンのおばちゃん」は嬉しいです。





そしてそして、ウェルカムボードが完成しました。

白く塗るかは 実物を姪が見てからということにして

とりあえず 木彫オイルだけは塗りました。



20170823171149045.jpg


  仕上げ前はこちら 白っぽいです
  20170818110559f31.jpg



 縁の飾り彫りはシンプルに
 20170823172020fa8.jpg





黒をバックに
20170823170221d4f.jpg




異なる材の組み合わせは初めてですが 結果オーライかな?
2017082317022045c.jpg



まぁまぁの出来です。

のちのちインテリアとして使うならば 鏡を入れるのもいいと思います。




人生にはいろいろ 絶対いろいろあるけれど、私のようにしぶとく

自分の幸せとはいったい何なのかを問い続けながら こつこつと

毎日を大切にすごしてほしい   なーんて えらそうに言えませんので

その思いをこの作品に込めました。 





            
*CommentList

初めてのカッティングボード




キノウノソラ アシタノソラの管理者 meeさんから

カッティングボードのオーダーをいただいたのは少し前

私から送った質問攻めのメールにも丁寧に対応してくださって この度

無事に完成 そして納品となりましたので ご紹介したいと思います。




       201708212138096d5.jpg



「焼いたケーキをのせて撮影したり おしゃれ皿として利用する」との

ことでしたので、柄は両面にポイントで入れ 沈め彫りにすることにしました。


         ※いい写真が撮れていませんが


  20170821213803836.jpg


まず片面 今までの木彫作品の写真から 小箱に彫ったことのある

この「鳥と木」の柄を選んでくださって右下に。 真ん中にワンポイントで

ブローチに使っている「こぎん」をご希望いただき 彫らせていただきました。

こうして見ても ワンポイントはきいていますね。





  201708212138044c1.jpg


もう片面は meeさんから送っていただいた画像と手書きの絵を

ほぼほぼデザインそのままで入れさせていただきました。

この柄がまた シナという木の素材、色、カッティングボードの形に

よく合っていて、とてもいいものになったと思います。





形は meeさんが気に入られたカッティングボードの画像を参考に

長さ30センチの材料の板におさまるようにおこしました。

      20170821221544fbd.jpg




鍋敷きしか裁断したことがなかったので師匠に相談したところ

何枚でも同じ形のものができるように 「アクリル板で型を作りなさい」と

言われ、まずは糸ノコでアクリル板を裁断しました。
      
      20170821213806db3.jpg


このアクリル板と材料のシナの板を重ねて トリマーという工具で

裁断しました。




仕上げを木彫オイル(ウレタン樹脂)にするか 食器用オイルを塗った上に

安全・無害のツヤ無し防水材を塗るか ご相談の上後者にしました。

写真は 同じ板の端材を使った防水試験です。


      3度塗って合格
      20170821213808c5c.jpg


防水材を塗ると どんな食材をのせても水洗いができますし

オイルだけのものとはちがって のちのちお手入れがいりません。

うちのカッティングボードのように 思いっきりバケットをギコギコ切り

傷だらけにするような使い方の場合には防水材は意味ないですが

今回はプレートとして使われるので これでよかったと思います。

ツヤ無しなので 見た目もオイル仕上げと遜色ないのですよ。




初めて作るものは特に できが良くはありません。

今回はmeeさんの広いお心のおかげで 不出来なものでも

「手づくりの味」として 受け入れていただきました。

最初の板選びから 形、柄、仕上げと 考えていただくことがたくさん

ありましたが、何よりだったのはその過程を楽しんでいただけたこと・・・



世界でたった1つの meeさんモデルカッティングボード

お手伝いできて 私も楽しかったです。





*CommentList

杉の木のお弁当箱作り




友達に誘ってもらって 昨日 「杉の木でお弁当箱を作る」という

ワークショップに行ってきました。

場所は 新潟市中央区鳥屋野にある

セレクトショップの BOUCLE(ブクレ)さん


    20170821164643567.jpg


2017082116464562d.jpg


主にオーガニックの綿で作られた衣料品を取り扱われている 素敵なお店です。



講師は 新潟は出雲崎の Ojn Handmade Hut の ワダさん

以前出店されていたイベントで 計量スプーンと菜箸を買ったことがあります。


  201708211836315cc.jpg



テーブルの上には 材料と道具がセッティングされていました。

接着剤をつけて細い銅釘をうち サンドペーパーをかけてオイルを塗る

簡単に言えばこんな工程ですが 2時間半かかりました。


20170821164646967.jpg



友達が「仕切りがほしい」と先生に言ってくれたおかげで 仕切りもつきました。

オイルは桐油 初めて使いましたが 粘度が高く琥珀色をしたいいオイルでした。


20170821164648263.jpg



みなさんの作品と
2017082116464993d.jpg




     私のお弁当箱
     201708211646515c7.jpg

        手づくりしたものへの愛着はひとしおですね。



公園に行って 置いてあるテーブルと椅子をお借りして 木彫をする

さわやかな風を受け 鳥のさえずりを聞きながら ひたすら彫る

そしてお昼 お腹が空いたら おもむろにこのお弁当箱を出し

おにぎりをむしゃむしゃ・・・  やりたいけど 勇気がないな・・・  





              201708211646535b3.jpg
 




*CommentList

ウェルカムボード 飾り完成


ウェルカムボードの続きです。


上の飾りパーツを彫っていきます

20170818110547d63.jpg



角の大きなお花がメインなので 高さを残して彫ります
201708181105496fc.jpg



2017081811055073b.jpg




ここから端にむかって彫り下げていきます
20170818110552f7f.jpg



20170818110556fad.jpg




反対側も同様に 端にいくにしたがって薄くしますよ
20170818110553f9f.jpg



2017081811055655c.jpg





ほらよっと  上のパーツはのべ13時間でした
20170818110558103.jpg





20170818110559f31.jpg


あとは額の縁に飾り彫りを入れるかどうか。

飾りのパーツが大きいので 縁飾りを入れるとごちゃごちゃしそうで検討中。


それと実はこれ 額は朴の木 飾りの2つはシナの木なんですよね。

師匠の手持ちの材料で作ってもらったのですが

木工の工房に 木彫用の木材なんぞふんだんにあるはずもなく

ちがう材料になってしまったのです。

同じ種類の木でも その色合いは場所によって全然ちがうので

今回 このままオイルだけの仕上げにして色のちがいを楽しむか

はてまた いつものように白い塗料をスポンジでポンポンのせて

全体を白く塗装するか。

どちらにしてもサンドペーパーをかけてオイルは塗るので

それを見てから 姪と相談します。





*CommentList

ウエディング用のウェルカムボード




あったものがなくなると 当然空間にも心にもポッカリと穴があくわけで・・・


※「森」がお嫁にいったのです
20170812151735c7d.jpg



ところが またその穴を埋めてくれるものが うまいことあるわけで・・・


20170812151738329.jpg


私の大好きな鳥さんの ナプキンホルダー 

ドイツのものです。 こう書けばもうピンとくる人はピンとくるでしょう。

去年お会いしたときに きのこを彫った鍋しきをプレゼントしました。

いくら森のきのこ探索が楽しいとは言え 身内のいない遠い異国で

なにかと奮闘されているその人に エールのようなものを贈りたくて。

大したものでもなかったのに 今年の帰国の際に

わざわざこの 鳥さんナプキンホルダーを送ってきてくれました。


同じ写真ですがもう1度・・・
20170812151738329.jpg


なんだか不思議ですが ぐっとドイツの街になった感じしません?

ありがとうpilさん。 ポッカリとあいた穴が愛情で満たされておりますよ(^^)




さてと、木彫は姪っ子からの依頼により 結婚披露パーティー用の

ウェルカムボードにかかっております。 中身はA4サイズです。


 20170812150417d70.jpg


額の上に 上下2枚の飾り彫りを貼り付けてボリュームを出そうと思います。

まずは小さめな下のパーツから

ブーケであることを意識しつつ 高さを残す部分から彫っていきます。

自分が彫りやすいように描いた絵なので そんなに時間はかからないはずです。


1番上になる花から彫ります
20170812150422a3f.jpg


バラは 彫るところを鉛筆で塗りながら慎重に
20170812150423765.jpg


ほらよっと
2017081215042551f.jpg


中心部分は高さを残し ここから先は1段下げます
20170812150426980.jpg


セオリー通り 上になるものから彫っていきました
20170812150428fe3.jpg


反対側も同じように 端にいくにしたがって彫り下げます
20170812150429969.jpg


あらよっと 彫り上がり  予定通り のべ10時間でした
201708121504310fb.jpg



二十歳そこそこの姪

そんな年頃の子にですよ、伯母が

「木彫でウエルカムボード彫ったげよか~?」と言っても

普通 「ええわ。もっとかわいいのいくらでもあるし」ってなるでしょう?そう考えたら

「おばくん、むか~し言ってたみたいに、

ウエルカムボードをぜひ彫ってほしいんよ」(原文通り)と言ってくれた

我が姪は なんてかわいいのでしょうか。



今まで散々投資してきた甲斐があったというものです。




*CommentList

隠れ家カフェに タイルと木彫



今日のブローチお披露目会は カフェのオーナーさんがお友達を

誘ってくれて、ティータイムを兼ねた楽しいものとなりました。



20170810220855e34.jpg


手づくりのケーキに オリジナルのハーブティー

一緒に行った友達が差し入れてくれた あずきのスイーツも手づくり

愛情いっぱい感じながら ゆっくりいただきました。




今回はそのカフェオーナーさんの大人買いをご紹介


20170810220857497.jpg


タイルのトレーは去年facebookに投稿した写真で見てくれたそうで

先日一緒にランチに行ったときに「あれ見たい」と言われて持参したもの。

紺と茶色をお買い上げいただきました。 作った甲斐がありました。


    201708102208585cd.jpg



木彫の「森」は 彫っている段階で 右端の木の枝が欠けて(接着済み)

売り物にならないから我が家のものになっていました。

ガーランドはイベント用に作ったもので 今回は賑やかしに持っていっただけ。

そのようにちゃんと説明はしたのですが オーナーさんたっての希望で

両方嫁がせることになりました。

木彫は 新しく建てられた ログハウスに飾ってもらえることになります。


     20170810220926b3c.jpg


     20170810220859e6a.jpg


     201708102209014ba.jpg
          いずれは棚の上に置くのだそう



その人は ハーブにしろカフェにしろ 自分の夢を なんというか

自然に 穏やかに でも着実に実現されていて とても豊かな人なんですよね。

今はログハウスを 涼しくなる秋からどんなふうに使おうかと

頭いっぱいに胸いっぱいに妄想されている様子。 

今日そのログハウスを見てしまった私たちですら 妄想が止まりません。

そんな みんなが集うであろうログハウスに うちの木彫を置いてもらえる・・・

とても光栄だし それに すごく似合っていて嬉しかったのです。




ブローチではひともんちゃくありました。 だって、人がセット売りにしていた

帽子とかごバッグを「かごバッグだけ欲しい 帽子はいらない」なんて言うから。

「夏の限定セット」もどこへやら(笑) 結局バラしました。


   201708102300218e0.jpg


カフェのイメージキャラクターの女の子が持っているかごに

双葉が描かれていて、それをモチーフに双葉のブローチを1つだけ作りました。

オーナーさん さすが、1番に気がついてくれて 即決でした。

年がいもなく 2人でハイタッチ!!

私の愛情も通じたようで よかったです。


              20170810233946f13.jpg






      ・・・友達に対して 「愛情」という言葉を使うことを

      新潟に来て学びました。 とてもいい学びです。

               I Love Niigata!




*CommentList

ガラスタイル入りトレー



木彫のブローチを作りはじめてからてんやわんやしていたら

タイルの作品を作るのが 8月にして今年初めてとなりました。


ガラスタイル入りのカフェトレー  ガラスのタイルは2柄あり

モザイクタイルの色を4色で展開しているので 合計8パターンあります。

木曜日に ブローチのお披露目会のため伺うカフェのオーナーさんが

「見てみたい」というので 手元にある黒、茶をのぞき 足りない緑、紺を

今回急いで作ります。


木製のトレーにコルクシートを貼って タイルとガラスを接着剤でとめます
20170808111456df6.jpg
マスキングテープでの養生は必須


軽量粘土で目地を埋めていきます  左官仕事です
20170808111458291.jpg
1枚につき だいたい1時間半かけて平らに滑らかに仕上げます


ひと晩乾かしました  粘土の目減りもなく きれいにはれています
201708081115004c0.jpg
タイル1枚1枚を水で濡らした綿棒できれいにお掃除


防水材を塗ります  3度塗るとツヤッツヤに

20170808222157b5a.jpg


20170808222159e0c.jpg




9月30日 去年同様 NST(新潟総合テレビ)でのハンドメイドイベント

「ドワドゥフェ」に出店することが決まっていますが

その時には タイルの作品も多少は持って行きたいと思っています。

手元にほとんど残っていないので こちらも頑張って製作しなければ・・・





*CommentList

ブローチ6期生と新作



ブローチの「鳥さん」を買っていただいた方から

「おそろいのペンダントがほしい」とご注文がありました。

便乗して 自分のものも作りました。


左がお客様用 右が私の(このトリのシルエットを名刺にも使っています)
20170804160446ccb.jpg


      20170804160447609.jpg お客様用

      20170804160449ddb.jpg 私の

厚さは10ミリ程度です。

しばらく付けて歩いて 好評であれば 定番商品に加えようと思います。



ヘアゴム  2つ増やせただけ。 どのデザインをヘアゴムにしたらいいのか

一人で考えていても決まりません・・・またみんなにきかねば。

    20170804160451aea.jpg



こちらは行き先の決まっている マニアックなブローチ

    青海波 と 笹団子 
    20170804160452dd6.jpg




ブローチ6期生集合~  がんばりました28コ

20170804162140255.jpg



今回のいち押しは 「帽子とかごバッグ」のセット この夏2組限定

3組作るつもりでしたが かごバッグの1つの持ち手がパキッと折れて・・・

20170804162142c7a.jpg

洋ナシもいいでしょ。 これも「洋ナシ作ったら?」とアイデアもらって。

言ってくれたの 誰やったかな・・・



2017080416214463a.jpg

私と同じような鳥好きの友達と出かけたときに

「私こんな形も好きー」「こんな鳥も好きー」とわりと自由に言ってくれて

はい、鳥さん2種 増やしました。


来週木曜日 お友達のカフェでのお披露目会 楽しみです。




ちょっとここからは 特定の方向けの写真です。

両方とも 材はホオです
201708041621466da.jpg

全部カツラです
20170804162148753.jpg

左端がホオ あとの2つはカツラです
201708041621452e1.jpg




ブローチ製作はいったん終了。 来週はなんと!タイルですタイル!

もうすっかりお忘れでしょうけど ご要望があってタイルもやりますよ~

その後は いよいよ姪のウエルカムボードにかかります(*^^*)





*CommentList

ブローチ5期生と新作



次の予定は8月10日 仲良しのカフェオーナーさんが

「ブローチ持ってきて」と言ってくれて

そちらのカフェに数人寄っていただいての お茶&お披露目会です。

持っていくなら常に60コ以上のブローチを揃えておきたいと思っていて

減ったら彫る 減ったら彫るを繰り返し

今日完成したのは 5期生の子たちです。



201707271800151be.jpg



上段はいずれも試作 ヘアゴムと アロマオイル対応ブローチ
下段2つは帯留め
20170727180016604.jpg

帯留めと言えば・・・ 

「南魚沼大人の遠足」で訪れ お友達になっていただいた

本塩沢やまだ織の 専務千晴さん

帯留めをご提案くださって サンプルをいくつか送ったのですが

全部会社で買い取ってくださいました。

そして、告知する時間もありませんでしたが

テレビ朝日で7月12日に放送された「羽鳥慎一モーニングショー」の

宇賀アナウンサーのコーナー「継ぐ女神」に

我らの千晴さんが取り上げられ 紹介さたんですよ!!

素晴らしかったです。 塩沢の伝統の技も 千晴さんのお人柄も・・・




小さな小さな額
20170727180018b28.jpg 20170727180019ffd.jpg




さて どうしたいのでしょうか
201707271800212c5.jpg


まだこのあと穴を開けてひもを通しますが

お好きなアロマオイルを塗って完成  部屋の芳香に バッグチャームに 
2017072718010786f.jpg


5期生を足しても 60コにはまだ足りませんでした。

新作もいくつか書いたので 来週また彫り彫りします。




20170727184558996.jpg





                   枕元に小さな額「木」 私の癒やし
                   2017072718011026c.jpg






*CommentList

2つのハーブ園



書きたいことはたくさんあるのに

今は駆け足で書き残すしかしようがありません。



先週 阿賀町にある 芦沢ハーバルパークへ行ってきました。

新潟市の自宅からは 車で60分のちょうどよいドライブです。


201707212254555c7.jpg 20170721225457f09.jpg


201707212254596f7.jpg 20170721225500376.jpg


20170721225501f83.jpg 20170721225503991.jpg
友達主宰のアロマ茶会で作った虫よけスプレー


20170721225504db8.jpg 20170721225730a37.jpg


管理者さんが 暑い中作業されていました。

実はご厚意で ミントを数本 根こそぎいただいたのです。

主人が「これミントでしょ!これでモヒート作りた~い」と叫んだからです。

芦沢ハーバルパークは入場無料ですが 園内に募金箱があります。

お礼ができたので こちらとしても救われました。

ラベンダーのジェラートは売り切れでしたが このベリーのジェラート

最高においしかったです。

何時間でもぼーっとできそうな場所・・・  暑くさえなければ・・・




自然発生した エアロビ遠足部

先月は南魚沼へ行きましたが その遠足部の活動で

昨日は 新潟市西区にある ハーブランドシーズンに伺いました。

午前中ハーブソルトを作って ランチを食べて そして

午後3時から リンパマッサージ&エアロビクス! そんな盛り沢山な

1日でした。  ハーブランドシーズンは 佐潟のほとりにあります。

去年のハーブランドシーズン


2017072122573186a.jpg 20170721225733813.jpg


201707212257342e8.jpg 2017072123225126a.jpg


20170721225737bd1.jpg 20170721225739ea6.jpg
7名がそれぞれにオリジナルのハーブソルトを作りました  右が私の♡


20170721225741df7.jpg 2017072122574288c.jpg
ランチ♡ この日はガパオライス    ここでできたスイカに メンバー特製あずき♡


今夜 ハーブ塩で 鶏もも肉を焼きました  抜群です!
2017072123290901d.jpg



この日も 木彫のブローチをつけてきてくれました

20170721225925ade.jpg

201707212259279ea.jpg 20170721225929bb9.jpg



この日の朝 今回の企画者でもあるメンバーのひとりが

「需要があるかもしれないから ブローチ持ってきて」と 連絡をくれたので

いつものように 小引き出しに入れて持っていきました。


201707212259308b0.jpg

20170721225931943.jpg

20170721225933fbc.jpg


↑お嫁にいった子たちです。 お買い上げいただきありがとうございました。

「エアロビ遠足部」のはずですが 「営業部」もあるみたい(^^)





*CommentList

ご案内

プロフィール

こはだ

Author:こはだ
2014年10月
関西から新潟に移り住んだ
40代専業主婦
主人と二人暮し

趣味 : タイルクラフト 木彫
     春から秋は山へ
     冬には温泉へ

新潟の好きな場所
   五頭山麓  三条下田
   古町界隈

カウンター

最新記事