長崎暮らし 「長崎は今日も晴れだった」 

さすらいの木彫り屋kohadaの備忘録

Entries

行く先々に 教会が





今日までに見た教会は全てが 偶然見つけたものです

そりゃまぁお寺と同じで キリスト教が庶民の暮らしに根付いた長崎では

村ごとに教会があっても不思議ではないわけですが

目の前に現れると 妙に感動します






橋を渡って伊王島へ魚を食べに行き 小さな漁港で偶然見つけました



カトリック馬込(まごめ)教会


20180522112551b87.jpg



教会とはなんと美しいものかと.....  ひざまずきそうになりました


20180522112552c1e.jpg



禁教令下の1871年、馬込に信徒が建てた小聖堂があった。
1884年、馬込の信徒がすべてカトリックとなり、
1890年にマルマン神父の設計のレンガ造教会ができるが、
台風で尖塔が倒れ、1931年、現教会建立。


                             とのことです




いちおう載せときましょうかね

お昼に 日帰り温泉施設「島風の湯」併設の「網元食堂」さんで

長崎県産ヒラメのお造り定食をいただきました  おいしかったです


20180522112554163.jpg

2018052211255518d.jpg

        201805221125574b8.jpg


伊王島 只今リゾート開発真っ只中でしたよ
20180522112558937.jpg






先週末は 長崎市の北部 京泊というところにある直売所

「長崎漁港がんばランド」に 魚を買いに行き せっかくだから

その先の「道の駅夕陽が丘そとめ」までドライブしようかということになり

車を走らせていたら とおおっ!突然目の前の高台に現れました




カトリック黒崎教会  


20180523115152ad7.jpg



1897年にド・ロ神父の指導で敷地が造成され、1899年から建設計画が進行、
1920年に完成した、遠藤周作の小説『沈黙』の舞台ともなった黒崎の地に建つ教会。
聖堂は信徒が奉仕と犠牲の結晶として一つひとつ積み上げたレンガで造られている。
煉瓦造、平屋、桟瓦葺(さんかわらぶき)の簡素な構成が
煉瓦の美しさを際立たせており、深い奥行を持つ内部は
リブ・ヴォールト天井と呼ばれ、ステンドグラスが印象的だ。
付属する鐘楼は隠れキリシタンの帰依を願って設置されたもの。


                                      とのことです



教会の見学のしかたがわからなくてですね

中を覗いていいのかどうかもわからず悩んだあげく

この距離でのみ撮影し 脱兎のごとく引き返しました






「道の駅夕陽が丘そとめ」に到着すると 遠藤周作記念館が隣接されていました

そう、代表作 『沈黙』 の舞台がこの外海(そとめ)だからですね

中学生の時 授業の一環で『沈黙』を読みました

弾圧されたキリシタン 拷問され 殉教した多くの民のうめき声に対し

沈黙したままの神..... 神とは本当に存在するのか.....

中学生にとっては 現実離れした非常に重い題材だったと思います

ああ今 あの『沈黙』の舞台にこうして私がいるんだな.....と

ベンチでアイスクリームを食べながら感慨にふけっていたら んっ?


目に映る風景の中に 白い教会が


201805221126028f5.jpg



道の駅にちゃんと地図や説明を記したパネルがありましたので

訪ねることにしました




カトリック出津(しつ)教会


2018052211260352a.jpg



20180522112604701.jpg



明治15年(1882)、ド・ロ神父の設計施工で建てられた教会
平成23年(2011)に国の重要文化財に指定された。
その後、明治24年(1891)に一部改造、同42年には玄関部を増築し、
現在の教会の形が整えられた。
この玄関部に、祭壇の屋根にある既存の装飾等のほかに
鐘塔を設けるという珍しい外観。
外壁は煉瓦造り、玄関は石作り、内部は木造で、
三廊式の漆喰塗り平天井となっている。
屋根は瓦葺。しかもとても低い。これは、海岸に面した風の強い立地条件を
配慮しての建築なのだそうだ。 鐘楼の鐘は神父がフランスから取り寄せたもので、
朝夕に美しい鐘の音を谷間一帯に響かせている。
さだまさし原作の映画「解夏」の撮影が行われたことで有名になった。


                                        とのことです


さださんの映画も見ていませんから この教会のことを知る由もなく.....

こちらには 「私も幼い頃から通っています」という地元のボランティアがいらっしゃって

お話をうかがうことができました

「信仰で心は救われても この地区の民の貧しい生活は救われない、と

救助院を開かれ さまざまな授産活動をされました」という

ド・ロ神父様のお話が印象的でした


※救助院とは・・・
      ド・ロ神父が女性の自立支援のための作業場として
      1883(明治16)年に建て、
      織物、縫物、素麺などの食品加工などをおこなった施設




こちら外海(そとめ)にある出津(しつ)教会ともう1つの教会が

2018年ユネスコの世界文化遺産登録を目指している

「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」に入っているときいて

もう1つの教会も訪ねることにしました



その教会は 駐車場から長い石段をあがったところに

ひっそりと建っていました
 

        20180522112606255.jpg





カトリック大野教会



20180522112608d72.jpg



20180522112609ce2.jpg




     屋根瓦に さりげなく十字架が
    2018052211261028b.jpg



    20180522112615645.jpg


禁教期に潜伏キリシタンが自分たち自身で組織的に信仰を続けている中で、
氏子となった神社に密かに自分たちの信仰対象を祀り、
オラショ(祈り)を唱えるなど在来宗教と信仰の場を共有していた集落である。
禁教期の信仰の場であった神社近くに、解禁後、教会堂が建てられた。
禁教期固有の信仰形態とその終焉を示している。


                                とのことです



先ほどのボランティアの方から

「たった26戸のために立てられた教会です」ときいていました

当時のご苦労を思いました.....  山を切り開き 自然石を積み上げる

信仰の力とはすごいものだな と感じます

ちなみにこの壁は 考案された神父様の名をとって 「ド・ロ壁」というそうです




見学はどちらも無料でした  賽銭箱もないし、と思っていましたが

文化財保護に使われるための献金箱がそれぞれ設置されていますので

見学のお礼もできます

私のように最初スマホだけ持ってプラッと見学に行くと

車まで引き返すことになりますね




今回 教会の説明文は こちら
『長崎市公式観光サイト あっと!ながさき』からいただきました
   ↓ 
教会めぐり



偶然見つけた教会  全然知らなかったけど

見てきたから調べる

        こういった作業がこの先も続くのでしょうか

        でしょうね。 これも長崎暮らしの醍醐味かと(^^)





イベント『ナチュラルタイム』向け作品②




引き続き イベント準備に勤しんでおりますよ

『 タイルのマグネット作りワークショップ 』 の手順をワードで作り

ブリキのボードに見本数個と貼り付けたものを作ったり

こはだからお客様へのご挨拶として

長崎港の風景写真を入れた 絵葉書風のものを作ったり・・・





作品もこれで完成です



ペーパーナプキンホルダー  ハガキやDMを立てたり スマホホルダーとしても


20180516143247b8d.jpg


20180516143247bd2.jpg


これ 職場のデスクでスマホ立てたりしてもらうと

癒やしの1つになるんじゃないかな~ 





モザイクタイルのトレー

リーフタイムのお客様からピンク系のオーダーをいただいたので

ついでに 好きなイエロー系でラージサイズを作りました

すでに グリーンと紫のバッテン柄をご購入くださっていて

2枚めにピンク系をご所望くださいました  ありがとうございます



20180516143318547.jpg







もう1つ どうしても今回送りたかったものがありました

委託販売のお声をかけてくださり 電動糸ノコを譲ってくださり

餞別にカゴまで編んでくれた リーフタイムのオーナーさんへ

感謝の気持ちは 何を贈ってもモノで表すには足りない気がしますが

私には彫ることしかできないので・・・




20180516143248150.jpg


20180516143251886.jpg


彫り上がり
20180516143251851.jpg




20180516143253535.jpg




友達に誘われて 初めてリーフタイムにお茶しに行き

この女の子の (紙が額に入れられた)看板を見たとき

「これ 彫らせてもらえたらなー」と思ったことが

時を経てこんな形で現実になりました

             すべてはご縁ですね





*CommentList

イベント『ナチュラルタイム』向け作品①




ゴールデンウィーク後半は3泊で 鹿児島の主人の実家に帰ってきました

連休明けから気合を入れ直し

新潟市江南区の委託販売先 リーフタイムさまのイベントに向けた作品を

ひたすら彫り彫りしております




「木」 これは私にとっても永遠の課題

木目や色目を活かして切って彫ってあげること これにつきますね



20180511205408813.jpg20180511205409f57.jpg2018051120541097f.jpg





新潟で裁断してきた「おうち」と「木」合計20コ 仕上げました

『 木のある住宅地 』 です



20180511205829b41.jpg



20180511205830ead.jpg


試作したおうちは白く塗りましたが やめました

イベントのタイトルが 『 ナチュラルタイム 』 ですからね

せっかくの木 ナチュラルなままでいきます




201805112058324c3.jpg


おうちは 間取りも豊富(笑)  お気に入りが見つかればいいな~

木と組合せて並び替えて… 遊んでいただけたら嬉しいです(^^)






オイルを塗ったところでまだ組んでいませんが



20180511205834d0f.jpg


こちらは両面柄違いの 「ペーパーナプキンホルダー」になります が、

スマホを立てたり ダイレクトメールや展示会の案内ハガキに

そう、今日届いたよ自動車税の納税通知書 のような

忘れてはいけないものなどをテーブルやカウンターに立てて置いておくのに

便利で しかも かわいいですよね

こちら1点だけしかありませんが お客様の反応が楽しみです 






続きましてこちらは リーフタイムさまのお客様からのオーダーで

「能天気なお花の鍋しき」   つも3枚めですね

作業を段階ごとに 写真に撮ってみました



下書きの線を仕切って(切り込みを入れて) いざ
20180511205835021.jpg


20180511205836f08.jpg


20180511205838efb.jpg


20180511205839142.jpg


20180511205841c9a.jpg


20180511205842442.jpg


20180511205844bd5.jpg



「おっはよ~~」

201805112058455bf.jpg



「ええ天気やな~~」

20180511205847952.jpg



って感じ(^^)



彫り上げたばかりで これからオイルで仕上げます

2トーンの色目も オイルを塗ればはっきりするでしょう

最初にカツラの板を見ていただいて相談し

濃い部分を左に4割ほど入れて裁断しました

大変お待たせしたオーダー主さまに 

喜んでいただけるでしょうか…




*CommentList

美しい街 新天(転)地 長崎





記念すべき 2018年 4月19日

長崎に到着した日 これがまた 最高に天気がよかった


写真は 走っている車の中から撮ったので少々見づらいかも



手前が 長崎県警察本部庁舎 奥が新県庁舎 (潤ってんな長崎~)
そのまた奥に夜景で有名な 稲佐山
2018042717134662a.jpg



ゆめタウン夢彩都(ゆめさいと) 港にあるショッピングモール
20180427171348d62.jpg



JRと並行して中心部を南北にはしる国道202号線
観覧車があるのは茂里町にあるショッピングモール みらい長崎ココウォーク
20180427171349495.jpg



出た路面電車! 長崎電気軌道  運賃安くて便利らしい
201804271713457d5.jpg



茂里町交差点 ほうらごらん 坂の街
20180427171344121.jpg



思案橋交差点  路面電車がこちらにも けっこう支線あるのね
201804271713513fd.jpg





引っ越しの荷受けを翌日に控え この日はホテル泊

ホテル提携のパーキングに車を入れて 車から偶然見かけたあのお店に

そそくさと歩いて行きました



     2018042718114192e.jpg


カステラが私を呼んだのよ  調べたら福砂屋さんの こちらが本店です
20180427181144a10.jpg




     おまけ  世の中にこんな素敵な交番がありますか
     20180427181145787.jpg




こちらが出島跡 主人に興味がなく中は見学せず
20180427181146f95.jpg







港に行きました  これまた偶然にも帆船祭りが開催されていて

夕方にさしかかった出島ワーフ 素敵でした・・・



20180427182339b22.jpg



2018042718234088e.jpg



201804271823424cd.jpg



「イタリア船籍 コスタ・セレーナ号 4800人を乗せてこの日長崎入港」
    (と、ある方のブログに書いてありました)
20180427182343347.jpg



長崎県美術館  運河の上に回廊があります ここのカフェ行ってみたい
20180427182345d25.jpg



稲佐山
20180427182346407.jpg




私の興味はもっぱら 長崎港の対岸にある三菱重工の造船所と

そっち側に停泊している 海上自衛隊の船

うーむ、あっちに行きたい 近くで見たい






長崎初日の晩ごはんはベタに中華街に行って

ネットで見た江山楼さんで ベタに皿うどんとちゃんぽんをいただきました


20180427224444f43.jpg



    20180427224444d8e.jpg


20180427224445cb5.jpg 20180427224446efe.jpg






出島跡横の 十八銀行本店(こちらはわざわざ夜景を撮りに行きました)


20180427224449cd1.jpg







新潟を出て5日め ようやく長崎の我が家に入居

初めて見た部屋からの景色に 気分も上がりました



2018042718564153d.jpg





おまけ   そして毎日1つずつ食べたの図

   ※10コちゃうでぇ~ 5コよ5コ 


20180427181650b41.jpg 201804271816518af.jpg


      時は流れて 福砂屋さんのカステラも今やフォーク付き
      20180427181652f7b.jpg




              ちょっとぉ、ちょっとちょっとぉ

             転勤にしては 新潟に引き続き

            良いところに来たんじゃないっすか~






*CommentList

引っ越し前の思い出 まとめ



  (先週20日金曜日に 無事長崎への引っ越しが済みました

   まだ片づけきれてはいませんが 各方面への住所変更も完了し

          お陰さまでわたくし 元気にしております)





新潟を引き払う日 最後に来てくれた新潟での最初の友達Mさんから

前日から仕込み蒸し上げた笹団子を

「車の中で食べて 常温で3日もつからご実家にも持っていって」と

渡されました

夕方北陸道を走る車の中でおなかがすいて笹団子をいただいたのですが

笹の葉をめくっていたら みんなの顔・・・いろんな思いがこみ上げてきて

ついでに主人が「さようなら越後平野」なんて追い打ちをかけたものですから

もうその後は 涙がポロポロポロポロ流れて止まりませんでした・・・




         20180426115349c5c.jpg






ブログタイトルを変えねばと思いますが その前に

新潟を出てくる前のことを記録に残しておきたいです




kohada cafe・・・我が家に友達が来ると調子にのって

こんな風に書いていましたが もちろんカフェではありません

我が家での最後のお茶会の様子です


20180426100949a10.jpg 2018042610095242b.jpg


「カピを出せ」と言われてしかたなく・・・
201804261009534cb.jpg 2018042610095647e.jpg




こちら 持ち寄りランチ送別会の様子

新潟の笹寿しを作らせてくれたり 米粉でクレープを焼いてくれたりと

心づくしでした・・・  8人でワイワイガヤガヤおいしいひとときでした


201804261009585d7.jpg

20180426100956ce9.jpg 201804261009598d7.jpg

201804261010008f3.jpg 20180426101002a73.jpg





餞別にも 想いがこもったものをたくさんいただきました


新発田チーム+お茶飲み仲間から 阿賀野市にある藤岡染工場さんのもの
20180426100333138.jpg


委託販売先のてんゆう花さんのオーナーからは さすがの1品
20180426100335c2a.jpg


割烹岩松「大人のないしょランチ」仲間のおもろい2人から
2018042610033714d.jpg


作家仲間のきよさんから  このブローチをいただけるとは感無量
201804261003404aa.jpg




相方Mさんから「新潟といえばこれしかないセット」と手づくりエジプト塩
20180426100334205.jpg


    それと、お手製チクチクの額 今キッチンの1番目につくところに
         2018042610033856e.jpg



その他にも 焼き菓子を焼く友達からはお菓子を

ハラダのラスクやら ムーミンのお菓子 などなど

もうお腹の中なのであれですが おやつもいっぱいいただきました




    作家仲間メルコから 手編みの麻バッグ 恐縮するわ 
    2018042610034382b.jpg



委託販売先のリーフタイムのオーナーから お手製エコクラフトのカゴ
20180426100341569.jpg
「中に木彫りの材料入れたりイベントで作品持ち歩いたりできるでしょ」って



友達1号Mさんお手製 エコクラフトで石畳編みしたカゴ
20180426100344494.jpg


     ブローチ入れの小引き出しに合わせて編んでくれました
     20180426100346efa.jpg



        長崎でまたひとりぼっちになりましたが

        今日それぞれ写真を撮らせてもらっていて

        みんなからの愛を存分に感じています

        あぁやっぱり私も手づくりを  木彫りを

        簡単には諦められないと思いました・・・





*CommentList

買い納めしたもの




長崎での夢の一戸建ては 夢のままに終わりました

間取りが社内規定にひかかり(先に調べといてくれ) 稟議が通りませんでした

でも、どう見比べても 稟議書で比較した他のマンションに比べれば

家賃は安いし初期費用は抑えられるし 駐車場無料だし床面積は広いしで

会社にも 住む私たちにとっても 幸せな選択だったような気がしますが

会社としては「金目じゃないんだよ」ってことらしく...  ああそうかいなそうかいな


というわけで 「こはだ いよいよ自宅に工房を持つ」という記事は書けなくなり

代わりに(?) ここのところのお買い物をご紹介します





転勤とわかった その週末 訪れた福島市高湯温泉

温泉宿に行く前に寄った 納屋カフェさんで買ったもの

「もう来れないからね 出会ってしまったからね」と 主人とも意気投合



わたしのチョイス
岡山県庄助工業 ラオス松のトレーと 視力検査のとき使うやつ(うそです)
201804111850545a4.jpg
トレーは幅30センチくらい


主人のチョイス  25、6センチのお皿と 菜箸
20180411185055945.jpg


吾妻山が見渡せる丘陵地に建つ納屋カフェさん

雰囲気もいいし、コーヒー・スイーツはもちろん

とてもセンスの良い雑貨を置いていらっしゃいますよ





その後も「新潟で買いそびれているもの...新潟でしか買えないものはないかな~」と

考えました



五泉市の古道具屋 うさぎや+さん

こちらの奥様が手掛けるバッグをおととしだったか初めて見て

欲しかったけど 手が届きそうで届かなくて ずっと思い焦がれてきました

で、冬季休業明けの3月17日OPEN初日に「行くつもりしてる」と言った

相方Mさんと 鼻息荒くなるのを抑えつつ行ってきました


1つめ 表   (小さなものは以前うさぎや+さんで買ったもの)
20180411185057251.jpg

1つめ 裏
201804111850589b2.jpg

2つめ 表
2018041118510064f.jpg

2つめ 裏
20180411185101654.jpg

  ※なんか 写真の画質悪いですが ブログにあげるとこうなるのですよ


「もう買えないから ここでしか買えないから」を連呼し 2つ買いました

奥様は 帆布と裂織を使ってバッグを作っておられます

大好きな古道具に囲まれ これまたドツボなバッグを選ぶ 至福のときでした

ちなみに、相方Mさんが買ったのは SINGERの足踏みミシンの 鉄製の脚

おうちで木の板をのせ 素敵な作業台になっている写真を見せてくれました

うさぎや+さんでは お互いいいお買い物してきたよね~





お次はこちら 南魚沼市にある はやかわアンティーク&クラフツ



今回 真ん中の黒い建具と 右下の糸車を購入
20180411185158d16.jpg
糸車は 赤い古布にくるまれて届きました


以前木彫りのペンダントをディスプレイするため購入した 6本脚の糸車

めったとお目にかかれないので 「在庫残り1つです」と聞いて 追加購入

ついでに「わたしの好きそうなものなーい?」と店主さんに写真を催促し

「今日の買付け 蔵出しほやほやです」の中から 黒い塗りの建具を買いました

この建具がまたお安くて 送料がそのお値段に近いものになりましたが

高速で1時間半の道のりを行くことを思えば 送料など比べようもありません

こちらのお店は去年2度伺い 小引き出し、桐の火鉢などもいただいています





インスタグラムでフォローしている 北区木崎のアトリエそらいろさん

ブローチを委託販売していただいている 同じく北区木崎のてんゆう花さんの

オーナーに紹介していただき 営業日ではないにもかかわらず

お店を見させていただきました   そこで出会えたものがこちら



わぉ! インスタばえ~
2018041118510327f.jpg


こちらは 新潟の作家 nijiiro works さんのブローチです

こちらでも「長崎じゃ買えないから~」を連呼して 2つ買いました

nijiiroさんとも インスタグラムではお互いフォローし合っていましたが

実は 作品を手にとったのは初めて

亀田縞をはじめ 伝統的な布にビーズを刺して

こんなにも素敵なブローチを作っておられます

今年も昨年同様 イベント『ブローチ×ブローチ&』開催を予定していたのですが

「絶対スカウトする」と心に決めていた作家さんでした

作品をお迎えできたこと 本当によかった~~と思いました 




ま、これくらいでかんべんしといたろか、ってことで

お買い物は終了~



物が増えるたび載せてきた 雑貨屋さん 古道具屋さん イベントなどなど

新潟を知っていただく意味で このブログが少しでもお役に立てれば

私は幸せです 




 
*CommentList

納品続いてます




できた子たち 見てやってください



リーフタイムさまへ納品したもの


ブローチ
20180325212044c04.jpg


新作 その日にお嫁入り 
20180325212045bf9.jpg


こちらはお客様から「白い鳥がほしい」とのご希望で
2018032521204766f.jpg


「あら3時おやつにしなきゃ時計」も小芝居の甲斐あってお嫁入り
20180325212048360.jpg


お迎えを待つ「能天気なお花の鍋敷き」と
カッティングボード型のプレート
20180325212050be0.jpg





お次は てんゆう花さまへ

只今28日まで 『森の手仕事展』開催中


2018032521290983f.jpg


ブローチ  右手はボタン
2018032521291192b.jpg





4月7日に春OPENの SHOP nori-noriさまへも搬入してきました


ブローチたち
20180325212141837.jpg



OPEN企画として 店主さんから作家に1つの課題がでました

「作家の特性をいかしたトートバッグを作りなさい」

無地のトートバッグを渡されて あとは好きなように、と

わぁ~おもしろそう  すぐに頭に浮かんだことを そのまま実行

私は布絵具で白樺の森を描き 「3羽のはばたくトリ」の

ブローチを付けました

どの作家のものも 1800円で販売です

他の作家さんたちの作品がとても楽しみ



20180325212142518.jpg


20180325212144cf8.jpg






スイーツデコや 食品サンプルでご活躍されている

メコしろSweetsさまからのオーダー

キャラクター メコちゃんとしろちゃんのプレート

イベントで使われる什器に取り付ける予定だそう

持てる技?を駆使し こちらも完成!納品しました

とてもよろこんでいただけて ホッとしています



2018032521291331d.jpg


20180325212914253.jpg


20180325212916cbb.jpg







*CommentList

こはだです... 長崎に転勤になったとです




わたしたち夫婦が 長崎への転勤を知ったその週末の3月10日

福島市 高湯温泉 安達屋旅館さんに泊まりました

去年のうちに予約はしてあり楽しみであったことに変わりはありませんが

「これで東北の温泉めぐりも最後になるのか」と.....

それにふさわしい白濁のお湯 癒やしの湯宿

その写真とともに  転勤が決まってからのことを綴ります



吾妻山   左手の吾妻小富士には 浄土平から登ったことあります
20180318162702857.jpg




去年の夏の終わり頃から

「ブログを見て来ました」というお客様がイベントにおみえになるようになって

「こんなんでも続けてみるもんやな~」と 自分でも感心していました



ロビーです  到着後 こちらでお抹茶をいただきました
20180318162704862.jpg




確認したわけではないですが

このブログを長く読んでくださっている方たちには

新潟での暮らしぶりはもちろん 私の新潟への思いは

誰よりもわかってもらっていたことと思います

人にも環境にも恵まれ 作家活動もまさに「これから」のときでした



ロビーの奥  暖炉とロッキングチェア
201803181627059d3.jpg




3月7日 新潟市江南区にある 雑貨SHOP nori-noriさんの店主さんから

正式に委託販売のお話をいただきました

初対面でしたが ランチをしながら春のOPENに向けて盛り上がり

委託販売はもちろん 4月からは週1くらいで私がお店番をすることにもなり

それはそれは 楽しい気分になったものです



チェックインして 早速 貸切風呂へ  こちら入り口
2018031816270896a.jpg




それだけではなかったのです  その翌日

去年ご縁ができ 私も1度伺って大好きになった雑貨屋さんから

「4月末のうちのイベントで 木彫りのワークショップをやってほしくて」と

ご連絡をいただき  これまた大乗り気で 即お受けいたしました


その夜のことでしたね   長崎への転勤を告げられたのは




貸切風呂  泉質=酸性-含硫黄-カルシウム・アルミニウム-硫酸塩温泉
201803181627081b9.jpg


      201803181627093bf.jpg


201803181627117e4.jpg


20180318162712b95.jpg




「えー?ちょーまじー? えーうっそぉー えーまじー?」

を 繰り返すこと5回ほど

そして とにかく寝てみました  よく眠れたとは言えませんでしたが

翌日の朝 主人に訊いたんですよね

「あんた ゆうべ 長崎に転勤やて言うた?」


・・・・・寝ても覚めても その事実に変わりはありませんでした




夕食は 地の食材を囲炉裏端で  
2018031816300176c.jpg


2018031816300227e.jpg




1番しんどいのは 決まったことを断らねばならぬこと

おととい決まったnori-noriさんの店番

前日決まった4月のワークショップ

そして すでにミーティングまでやっていた

5月のリーフタイムさん周年祭ワークショップ.....

自分の都合だけで決まっていたことを断ることが大嫌い.....

     もう 病みそうでした




デザートは場所をかえ ロビーの囲炉裏端で供されました
20180318163005172.jpg


ロビーでは種類豊富な飲み物が自由にいただけます
20180318163004b7c.jpg
だんな 満を持して登場




ただその後も 委託先に納品するものをひたすら彫り続けています

リーフタイムさんは今までどおり 今後は郵送で

nori-noriさんも予定通り 4月7日のOPENに向けて

大分のknick-knacksさんも もちろん5月の10周年祭に向けて

お約束どおり納品させていただくことになっております




夜明けです   夜明けとともにまた貸切風呂へ
20180318163007862.jpg


201803181630089e3.jpg




いちはやく委託販売を請け負ってくださっていた

北区のてんゆう花さんにも長崎転勤のことをお伝えしたところ

元々 県外の作家さんの出品が多いてんゆう花さんにとっては

県外の作家が一人増えるだけのことのようで

「22日来てくれるなら 12月の企画展のことお話したいわ」とのお返事



そうか、そうだな  作品を置いていただける場所がある限り

あきらめずになんとか木彫りを続けねば と.....

そう思ったのでした




     1品ずつ心のこもった朝ごはん  いっぱい食べて元気になろう
      20180318163011cfa.jpg




私は新潟で 奇跡的な出会いに恵まれました

自らは電動工具の1つも持たずに作品を作っています

杢工房さんのご厚意で いつでも好きなだけ なんの費用もかけずに

板を切らせてもらってきました

引越しまでの残された時間で どれだけの数切れるかわかりませんが

新潟で切った材料がなくなれば kohada works は休業

今のままでは当然そうなるわけです




暖炉で食後のコーヒーを飲みつつ考えにふけるの図
20180318163011421.jpg




この2週間 長崎市の賃貸物件を見てきました

今までどおり製作を続けるための早道は

一戸建てを借り 電動工具を買って 自宅に置く これしかありません




お宿の前   源泉でしょうか 湧いています
20180318163013c18.jpg
私の頭の中にも 何かが湧いてきました(うまいこと言うね)




4月1日から3泊で主人が長崎入りし

内覧を予約している物件を1つ1つ見てくれます

ほとんどマンションですよ そりゃぁ.....

通勤は原付バイクにするそうで

条件としては 会社まで10分程度の範囲

会社のおかげで家賃の自己負担は少ないけれど

平米数で計算されるから 床面積の広い一戸建てはばかにはできない

もろもろ考えて 選んだ一戸建てはただ1つ!


ああ、神様  木彫りの神様(きいたことない)

主人が1番に見に行ってくれるその一戸建て

                 どうか却下されませんように.....



高湯温泉 安達屋旅館
2018031816301558a.jpg




ま、結果が出るまでにはまだしばらく日にちがあるので

この次からは 出来上がった作品などを

UPしていきたいと思います





*CommentList

能天気なお花の鍋敷き&何でも立てちゃってホルダー




Facebookに 「リーフタイムさんに納品いたします」と投稿したら

オーナーさんに連絡があり すでに「お取り置き」の身となった

能天気なお花の鍋敷き



201803061006365c7.jpg


投稿を見て もうおひと方「同じものが欲しい」とご注文があったので

もう1枚。。。そしてやはり 委託販売用にもう1枚 は 彫ることになる

あくまで能天気な お花の鍋敷きです


2018030610063842c.jpg





相方Mさんに去年から頼まれていた

ペーパーナプキンホルダー

めっちゃかわいいのができまして

商品化させてもらうことにしたので

アイデア料分 ちょっとだけお値引き



201803061006405ef.jpg


20180306100642ff9.jpg


片面ずつ デザインちがい

スマホ立てておいてもかわいいし

忘れたくない展示会の案内ハガキなども 何でも

立てられるものは立てちゃってと思います

デザインいろいろ変えて 商品化していきたいです





カッティングボード型プレートの裏面

初めてこんな 「彫りあと勝負」 なものにしました

一面に丸柄の下書きをしておいたのに

彫りだしてみたら まるでちがうこんな感じのものになり

自分でも 自分がわからないときありますわ

仕上げは 食品衛生法適合のウレタンにします



201803061006448fa.jpg





昨日 師匠の工房でたくさん切ってきました

これらは 木彫りワークショップで彫ってもらうものの試作

来週 モニターさんがうちに来て 彫ってくれます

とりあえず 「木1本」 と 「おうち」 は

ワークショップの定番にできると思います


20180306100642cf2.jpg







201803061057267d0.jpg


ブローチもペンダントも 素材はたくさん切ってきました

ちょうちょは 形を変えて新登場

そして春に向け ブツブツのお花もたくさん彫ります。。。




*CommentList

kohada works 始動




今年の kohada works 予定も少しずつ決まってきました


✚ 委託販売につきましては 昨年に引き続き

   ≪ 新潟市北区木崎  てんゆう花さま ≫

   ≪ 新潟市江南区二本木  リーフタイムさま ≫

     もう1軒 新潟市内の雑貨屋さんより
     委託販売の打診をいただいているので
     決まったらお知らせいたします^_^


  kohada ついに県外進出!
  インスタグラムをご覧になり 10周年イベントのためにと
  お声がかかりました!

   ≪ 大分県日田市  knick-knacks(ニックナックス)さま ≫

      5月のイベント期間中に 出品させていただきます     
     


委託販売のありがたさをしみじみと感じている今日このごろです

   20180302165903223.jpg

      彫り上がったばかりの お花型鍋敷き

      リーフタイムさんに納品いたします


20180302165905ecb.jpg 20180302165906819.jpg

      カッティングボード 残りの片面も彫って

      こちらも リーフタイムさんに納品いたします



201803021659116b9.jpg


      昨日1日 ブローチやペンダントの下書きをしていました

      来週 師匠の工房にこもって 裁断してきます

      また 彫り彫り週間?月間だわね、が始まるわけです
     




✚ イベント

   ≪ リーフタイム3周年祭 "ナチュラルタイム" ≫

      新潟市江南区二本木 リーフタイム
     
      5月23日 水曜日  10:00~16:00

      ログハウスにて 木彫りとタイルのワークショップを開きます

       木彫りは 木のおうち or 木1本
      
       タイルは マグネット 箸置き 小箱 など 考えています


20180302165913f0d.jpg



   ≪ 木工3人展と てもづらいろいろ(仮称) ≫

      新潟市江南区松山  小さな美術館 季(とき)   

      11月3日 土曜日 ~ 10日 土曜日 まで

        昨年10月の展示会があまりに楽しかったので

        今年もやらせていただきます        




木彫りのワークショップに向けて もうお一人モニターをお願いし

ご希望で 洋ナシのトレーと おうちを2つ彫っていただきます


201803021659085f8.jpg

このおうちを 5月の"ナチュラルタイム"ワークショップの素材にします





オーダーもいただいています

デコスイーツや食品サンプルをお作りになる作家さんのお店の

マスコットキャラクターですね  上手に彫れるかしら・・・


     20180302165909b1b.jpg



        昨日の暴風雨はすごかった

        早く春にならないかなーと思うのは 皆 同じでしょうね・・・

 


*CommentList

ご案内

プロフィール

こはだ

Author:こはだ
2014年10月
関西から主人の赴任先新潟へ
2018年4月
転勤に伴い今度は長崎へ
主人と二人暮し
本当はネコと暮らしたい

2017年より木彫作家として活動
他に自己流のタイルクラフトも
屋号 kohada worksで
インスタもやってます
@kohada.ogj
#kohadaworks

最新記事